CO021 細毛や髪ダメージの増加と食事と生活環境の変化

 
130802-CO021-00-medium_4166220739
photo credit: jenny downing via photopin cc

私が生まれた昭和30年代後半と比べ、高度経済成長期を経て約半世紀で食事を始めとする生活環境は劇的に変わりました。

130802-CO021-01-5.54.00
photo credit: 農林水産省

1人暮らしが増え、インスタント食品が普及し始めると外食やお弁当の持ち帰りも多くなり、コンビニやスーパーなどが24時間休みなく営業をしているなど、生活スタイルも昼型から夜型に様変わり、食べたい物は何時でも何処でも手軽に手に入るようになりました。

130802-CO021-02-5.54.57
photo credit: 農林水産省

米・野菜・果実などの多様な副食から構成され、栄養バランスの点で理想な食生活と評されていた昭和55年を境に、便利で豊かな習慣の行き過ぎで歪みが生まれ、米の消費量が減って動物性タンパクや油脂の消費量が増えた結果、肥満や生活習慣病につながりやすいものになっており、アトピーや鬱といった心身の疾病も増加傾向にあります。

130802-CO021-03-5.55.36
photo credit: 農林水産省

もちろん、私たちの毛髪も例外ではありません。日本人といえば「太い・硬い・多い」真っ直ぐな髪といわれていたものですが、食生活と同様に簡単便利なお手入れを実現可能にした整髪料類の普及とともに髪は少しずつ痩せ細り、ハリコシの低下・うねり・パサつき・抜け毛・切れ毛・頭皮のベタつきや炎症といったダメージの増加と低年齢化が目立ち始めています。

髪や頭皮のダメージを解消しツヤのある髪を育てるためには、

■ 皮脂とミネラルバランスを整えるヘアケアを実践しながら、髪を加工して固める様な整髪料の使用を止める、外からの手当て

■ 塩分・糖分・油脂分を控えた栄養に偏りが無い献立、食事の時間を決めて早寝早起き、散歩などの軽い運動を行なう、内面からの手当て

外側からの手当てと内側からの手当ての、どちらかが掛けても効果が薄れてしまうため、両面から実践して頂く事が重要です。

あなたの食事と生活習慣は髪や頭皮のダメージを悪化させていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

参考文献〜食料の未来をたしかなものに

農林水産省/特集1 食料の未来をたしかなものに(3)-1/2-

 

SMR005-13-07 ブログ開設7ヶ月目にして初!7月の人気アクセスランキング・トップ5の発表と、2013年第27〜30週のまとめ

さぁ、2013年1月にこのブログを開設以来、初の月間アクセスランキングの発表です♪

130801-SMR005-13-07-medium_6813523710
photo credit: Presidio of Monterey: DLIFLC & USAG via photopin cc

いやぁ、この結果を目の当たりにして吃驚です。ブログのオープニングの挨拶の次に書いた“稚拙なエントリーが第1位に輝いた”のですから…。今こうして読み返してみると、恥ずかしいやら嬉しいやら複雑な心境です。

 

7月の人気アクセスランキング・トップ5と2013年第27〜30週のまとめ

2013年7月度に於ける人気アクセスランキング・トップ5に輝いたのは、こちらのエントリーです!

第1位:あなたの大切な髪をゴワゴワ・バサバサ髪に変えてしまう原因をご存知ですか?(2,403 views)
第2位:敏感肌の紫外線対策 – 肌荒れリスクが軽減する日焼け止め製品の選び方とは?(934 views)
第3位:ブラシはどんなタイプを選べば良いの?【ブラッシング実用編】(598 views)
第4位:天然由来の植物性オイルを付けているのに、髪のパサつきが改善しない?(385 views)
第5位:【髪のダイエット】髪のパサパサ・ゴワゴワを感じ始めたら髪肥満の初期症状です!(287 views)

 

おとなキレイサポーターKAZUのモノローグ

■ オープン20周年に向けた“おとなキレイ”を叶えるための「髪・肌・心の健康を第一に考え、美しい髪を育む施術・知識・プロダクツ」に対する“熱い想い”は、永遠に変わりません!
オープン20周年に向けた“おとなキレイ”への変わらぬ想い

■ 愛情や癒しは、手当て(施術)を通して伝わっていると考えられ、施術を受けると疲れる美容院、癒される美容院を生んでいる。
施術を受けると疲れる美容院、癒される美容院

■ 最近、就寝の時間が少し遅く不規則気味だったせいか、血液中に老廃物が溜まって質が低下し、血の巡りが悪くなってしまっているのかも?そこで、気になる足のむくみ解消にデトックス敢行を決意。
気になる足のむくみ解消にデトックスを敢行

 

お悩み相談Q&A集

■ 毎日ノンシリコンタイプのシャンプー剤で髪を洗い、トリートメントで栄養も補給して髪を労っているのに、朝起きると、毛先が絡まってブラシも通らず手触りもゴワゴワバサバサで、襟足の髪が“モコッ”と広がってしまうのは何故でしょうか?の質問に対する回答をさせていただきました。
襟足の髪が絡まってしまい、なかなか解けずに広がってしまうのですが?

■ イヤな臭いを香料で打ち消すのではなく、元から消臭しなければ解消しないをテーマに、薬剤の臭いと香料は同居している、パーマやヘアカラー直後よりご自宅でのシャンプー後の方が臭うのはナゼ?についての質問にお答えします。
パーマやヘアカラー時の鼻にツンとくる臭い、何とかなりませんか?

■ 染まりにくく色落ちが早い髪質が育つ原因と適切な改善策をテーマに、染まりにくい、色落ちが早い髪質に変わってしまう原因や栄養補給や補修ケアから異物を除去するクリニックケアについて
ヘアカラーの色が入りにくく、染まったと思っても1週間程で色が落ちてしまうのは何故でしょうか?

 

健康美容コラム集

■ ヘアカラーの持続力や髪の潤いを奪う危険がたくさん潜んでいるビーチリゾートでのカラーの色落ちの対処法や髪の日焼け対策についてお考えですか?
ヘアカラーの色落ちとビーチリゾート

■ トリートメントの手触りの良さが継続するのはホンのひと時で、実は繰り返すごとに物理的ダメージに侵され続けて毛髪にとって最も大切なモノを失い、髪ダメージが悪化していくことをご存知でしょうか?
トリートメントの“手触りの良さ”と引き換えに失った、毛髪にとって“最も大切なモノ”

■ 抜け毛が増えてしまう源因と改善への取り組み方をテーマに、「抜け毛の増加に繋がる要因」や「抜け毛が増えたと感じた時に先ず最初に行う事」について。
抜け毛と育毛剤 – 抜け毛の増加に対する将来の不安と育毛剤の乱用

■ 皮膚に住みついている善玉菌と悪玉菌をテーマに、頭皮のかゆみとフケの本当の原因や皮脂やフケに繁殖する悪玉菌について
頭皮のかゆみ・フケ対策 – 夏場に起こる頭皮のかゆみとフケの本当の原因をご存知ですか?

■ なぜ秋口に抜け毛が増えるのか?その原因と対策をテーマに、抜け毛が増えやすいタイプに多くみられる生活習慣や7月〜8月に行なうべき秋の抜け毛の予防対策について
始めるなら今スグ!秋口に増える抜け毛の原因と夏場の予防対策

■ 肌がまだらになる「白斑」の被害が出た問題を検証しながら、肌にシミが出来る理由とその働き、外部からの刺激に対する抵抗力の低下、ブランドイメージや有効成分にばかり注目するのではなく、人間の肌に備わっている機能をキチンと理解した上で本当に必要とする成分なのか否か?を見極める判断力について
美白へのレジスタンス – 美白ケアで“肌本来の保護機能”を無理やり変えようとした綻び

 

美人髪を育てる7つのレシピ集

■ ゆすぎ(すすぎ)時のシャワーの当て方と手順をテーマに、シャワー・頭・指の三角関係、汚れの残りやすい場所とは?、最適なフィニッシュ(終わる)ポイントとは?
頭皮の炎症やカユミ(髪老化の初期症状)を予防する、ゆすぎ(すすぎ)時の正しいシャワーの当て方とは?

■ ゆすぎ(すすぎ)後のひと手間で決まる!傷みと乾きをテーマに、「とかす、ネジる、絞り切る」「たかがタオル、されどタオル」「包み込んで押さえる!」髪を傷めない後処理ほうとは?
ゆすぎ(すすぎ)後の処理で決まる!髪が早く乾くお手入れ法とは?

■ 現状維持志向型ケアと未来志向型ケアの違いについて解説しています。
10年後のおとなキレイを育てる“未来志向型”ケア〜美人髪を育てる7つのレシピ【毛穴ケア編】

■ 育毛剤の力を100%発揮させるためにやらなければいけない事をテーマに、抜け毛・細毛になる毛穴と健康な毛穴の違いについて
抜け毛・細毛になる毛穴と健康な毛穴の違いをご存知ですか?【毛穴ケア編】

 

気になるニューストピックス

■ 美白製品で肌がまだらに白くなった症状というニュースを拝見して、シミを化粧品で改善しようとするよりも、内側から本来の防御機能を高めることの重要性について
「美白製品で肌がまだらに白くなった症状」について考えてみました

■ アトピー性皮膚炎:肌のカビ+汗=かゆみ 広島大大学院グループが発表- 毎日jp(毎日新聞)の記事について、身体の自然治癒力やお肌の抵抗力の低下とカビの繁殖の関係性や洗浄・保湿の考え方。
いくら洗浄成分や保湿成分に拘ってもアトピー性の皮膚の炎症やカユミは治まらない?

■ 髪・肌・身体の健康に欠かす事のできない海からの滋養分である海産物や、汚染された海水は自然を循環して私たちの身体へと入ってくる現実を目の前にしたらどうしたらいいのか?
美しい髪や肌・健康な身体を育む基礎となる自然の恵みを破壊される悲しみ

 

健康美容的思考

■ 熱中症予防と身体の潤い対策に不可欠な水分補給ですが、すんなり習慣を手に入れた訳ではなく“ゴクッゴクッ”と喉を鳴らしながら飲むイメージを捨て、三日坊主を克服するために行なった習慣づくりへの意識づけ、について
熱中症と水分補給 – 熱中症予防と身体の潤い対策に不可欠な水分補給を叶えた、たった2つの習慣

■ 髪を痛めない手間と時間と愛情が髪のツヤを育み見た目年齢の若さを叶えるをテーマに、使い始めてスグに手触りやツヤが回復する簡単便利な整髪料類は持続期間が短い事や、20年間実践し結果を出し続けている10年後の美人髪を叶えるお手入れ法について
美人髪白書 – 手触りと香りの良さがウリの流行りの手入れではなく、手間隙や時間が掛かる「美人髪を育む手当て」を大切にしている理由

■ クレームは“苦情”や“嫌がらせ”とは違い、信頼への裏返しをテーマに、近年話題になっている美容製品を使用した際のアレルギーやクレームに関する問題や商品の安全性について
天然由来成分高配合であっても100%安全なモノは無い – クレームから学ぶ“安心安全”への道標

■ もし、胃腸の健康を示すバロメーターであるお腹の音が、一日で一回も鳴り響いてないようでしたら「食物の摂り過ぎ」よる疲労状態にあり、食後に身体のだるさを感じているのであれば「過食」が影響を及ぼしているのは明らかです。
細毛と食事 – 食物の食べ過ぎは髪のハリとツヤが失われて毛が細くなる?

 

おとなキレイ体験談

■ パサつき・広がり髪のダイエットとヘッドスパの2回目を体験くださった顧客様の体験談
トリートメントを2種類とコーティングまでしても良くならなかったパサつき髪がサラサラに!?

■ 「すぐにペシャんとなってしまう頭頂部の髪にボリュームと流れを付けたい!」お悩みをご相談いただいた浜松市中区在住のK・S様に、パーマの体験談をインタビューさせて頂きました。
パーマの施術で肩こりや身体の疲れの不満を感じず、リラックスしてスッキリ帰れたのが嬉しかったです♪

 

こうやって1ヶ月間に書いたエントリーの数々を振り返ってみると、どれも思い入れがあって涙腺がウルウルしてしまいます。(笑)

お忙しい中ご訪問いただいたあなたは、どのエントリーが印象に残りましたか?

さて、8月度のランキングがどの様に変動するのか非常に楽しみであります!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

KB016 髪のダイエットと断食 – 常識や習慣をリセットすると髪や身体に本当に必要なものが何かを感じられる

えっ!髪型をキープする整髪料を止めたら“髪がバサバサ”になって、まとまらなくなりませんか?

130801-KB016-medium_5929769873
photo credit: SalFalko via photopin cc

毎朝、整髪料を使って気に入った髪型に整えている習慣を繰り返し、髪をダメージから守るためには“整髪料は必須”と言う常識をお持ちのあなたからしたら、ある日突然「今お使いの整髪料は髪を傷めますから使用を止めてください」と言われたら“そんな非常識な、嘘でしょ?”と思うかもしれませんが、髪には美容の常識では語られていない自然治癒力があり、ヘアサイクルに必要なものを補ってあげるだけで髪は自分の力でまとまる様になるのです。

 

常識から距離を置きリセットすることで本当に必要なモノが感じられる

130801-KB016-DSCF0382
photo credit: おとなキレイ.com

常識と言うのは、ある一定数の方の指示を集めることができればそれが当たり前となってしまうほど結構アバウトなものです。昨今の健康情報番組などで紹介される健康法などがいい例で、人の意見にばかり注視していると、著名な有名人がひと度Aと言う健康法が●●に効果があったと言えばドーット傾き、Bと言う健康法が●●に効くと言われればまたまたドーッと流された結果、上書きを繰り返す新しい常識に振り回され続けてしまいます。

何が言いたいのかと申しますと、たとえ多くの方に指示されている常識といえど、あなたの悩みや不満に思っている事が心から納得のいくレベルに改善されたかどうか?をご自分自身に問い掛けてみて欲しいのです。もしかしたら、非常識として敬遠していた中にあなたの悩みや不満の解決策が埋もれているかもしれません。常識や非常識という枠をいったん全てリセットしてクリア(無の状態)にしてみるのです。

私も18年前に、美容界に於ける常識や非常識を頭の中から追い出してクリアな状態にした事で、リンス・トリートメントなどの整髪料を全く使うことなく「髪が自分の力で美しさを取り戻す結果の伴う手当て」に出逢い、身体に関しても食事の質や量を見直す軽い断食を行なったことで些細な体調の変化も感じやすくなり、現在に至っています。

断食というと、イスラムの“ラマダン”が有名で、ダイエットと同様にとても辛いものと考えられていますが、そこまでストイックに行なう必要もなく、たとえ月に1日でもいいので自分にできる範囲で全てをクリアにする習慣を作ることです。断食の経験がある方は体感しているかと思いますが、人間がある一定期間、情報や物をシャットアウトすると「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」といった五感が研ぎ澄まされ、、その時々で本当に必要なモノにのみ身体が反応して教えてくれるといいます。

この情報洪水や飽食の世間から距離を置くというのはなかなか難しいと感じるかもしれませんが、ダイエットや断食などによる髪・身体・思考の解毒を定期的に行なってクリア(無の状態)にすることで、今のあなたに本当に必要なモノか否かが感じられる様になってくるのです。

あなたは常識という言葉の呪縛に囚われていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より