アンチエイジングに最適な旬なイチゴで、風邪・肌のくすみ・シミの予防を

140107-PHY012-IMG_3864
photo credit: おとなキレイ向上委員会

先日、浜松のスーパーで偶然発見したイチゴの新品種「きらぴ香」を早速購入&試食してみました♪

 

アンチエイジングに最適な旬なイチゴの高栄養価で、風邪・肌のくすみ・シミの予防を

これから春にかけて旬を迎えるイチゴの中でも、昨年の暮から出荷がスタートしたばかりの静岡県産の新品種の「きらぴ香」。(シニア野菜ソムリエの「野菜・果物の知識講座」で名前をチラリと聞いていて大助かり(*^^*))

まだまだ出荷量が非常に少なく、店頭に並んでもすぐに売れてしまうためとっても希少品のようですから、偶然といえど「きらぴ香」をGETできた私は超ラッキー♪ イチゴはとにかく痛みが早いので早速、その日のうちに家族みんなで試食会。

近年流行っている「甘み」を全面に押し出した大粒のイチゴとは一線を画し、粒の大きさは中くらいで、甘みと酸味のバランスが程よく、しっかりとした歯ごたえが特徴的で、一昔前の私が幼少の頃に食べたイチゴに近い香りと風味が絶妙でした!

 

大きめサイズのもの5〜6粒で1日のビタミン量が賄える

みかんの約2倍のビタミンCの含有量で、果物の中でもトップクラスを誇り、大きめサイズのもの5〜6粒で1日のビタミン量が賄えます。

この豊富なビタミンCで、風邪や病原菌などから守る抵抗力を強化してくれたり、皮膚の血管や粘膜を強くして健康なコラーゲン生成を促しメラニン色素を抑制する働きで、お肌のクスミやシミを予防してくれます。

 

植物繊維のペクチンが動脈硬化を予防しカリウムが血圧を安定

その他にも、イチゴには糖質や食物繊維の「ペクチン」がタップリ。血液中のコレステロール値を下げる作用があるので、中高年の方が気にしている「動脈硬化」の予防にも役立ってくれます。

イチゴのすっぱさ(酸味)は、クエン酸やリンゴ酸ですから、疲労物質の分解を促進して疲れを早く癒してくれる他に、ミネラル成分のカリウムも豊富ですから、高血圧の方の血圧を安定させる働きも持ち合わせています。

これだけの働きがあの小さな粒の中にギュッと詰まっているわけですから、アンチエイジング食材としては最適と言えるのではないでしょうか♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

美肌を作る王様であり、果物の中で私が一番好きな「イチゴ」の季節がやってきた

「章姫」「紅ほっぺ」の濃蜜な甘さにKO!

131214-MO031-medium_165712282
photo credit: shashchatter via photopin cc

12月も中旬に差し掛かり、グッと冷え込みが厳しくなって来ました。

そんな冬本番を迎える季節に美味しさのピークを迎える「イチゴ」、私の一番好きな果物であり美肌を作る王様やスイーツとして女性にも大人気。

最近食欲が無いな?というあなたは、食前に2〜3個頬張れば豊富なブドウ糖と果糖、クエン酸、リンゴ酸といった有機成分が胃液の分泌を活性して食欲を増進してくれます。

肌のクスミが気になるあなたは、果物の中で最も豊富なビタミンCがあり、多くの鉄分も備えていることから、血流を改善して血色の良い美しい肌作りの味方になってくれます。

血液中のコレステロールを下げて善玉コレステロールを増やしてくれる植物繊維の「ペクチン」、頭痛や神経痛の痛みを和らげる「メチルサリチル酸」。

その他にも、解熱・利尿・去痰(きょたん)の効能から風邪や気管支炎にも有効、幹細胞の働きを活性化、漢方でも浄血・強壮作用があるとされています。

冬の定番スィーツとして、ロールケーキやいちご大福はコーヒーやお茶のお供には欠かせません。

これから本格的な到来を迎えるインフルエンザを始めとするウイルス性の病気に備え、、、

毎日3〜5個ほど食して「免疫力や抵抗力をアップ」させておきましょう♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

免疫力・自然治癒力を高める参考書籍