O-157を始めとする食中毒や食あたりを未然に防ぐ!我が家で実践している「お酢」の活用法

140517-KB057-large_3891463336
photo credit: ghbrett via photopin cc

これから暑い季節、生モノを口にするには危険が伴います!

5月も第3週目に入り、真夏日を記録する地域もあるなど、本格的な暑さが近づきつつあります。これから暑い日が続くと、どうしても口の中がサッパリする冷たい食材を使ったメニューが多くなりがち。なかでも刺し身やサラダなどの生モノを食べる時は、食中毒や食あたりに対する注意が必要になります。

 

O-157を始めとする食中毒や食あたりを未然に防ぐ、我が家で実践しているお酢の活用法

あなたは食中毒というと、飲食店での食事時に多く起こっているとお考えでではありませんか?

実は毎日食べている家庭の食事でも発生しています。私は胃腸が丈夫だから、このくらいのほんのチョットだったら大丈夫だろう、などと食中毒を甘く見ている人に限って後で痛い目に遭うのです。

 

食中毒を未然に防ぐ、「お酢」と「加熱」のダブル殺菌・消毒

私は2010年12月に「ノロウイルス」に掛かって、回復するまでの2週間ほど、下痢と便秘の苦しみを味わいました。それ以来、家庭での生モノの食事には人一倍気をつけるようになり、食中毒を未然に防ぐ「お酢」と「加熱」のダブル殺菌・消毒を実践するようになりました。

140517-KB057-medium_346942254
photo credit: JaulaDeArdilla via photopin cc

活用法は至って簡単です。

(1)お鍋に水を入れ、沸騰するまで沸かす。

(2)沸騰したら、お湯の中に「大さじ1杯のお酢」を入れる

(3)食べやすい大きさに切った生野菜を、オスを入れたお湯の中に20〜30秒ほどくぐらせる。

以上の3工程で終わりです。お酢には「殺菌・消毒」の効用があります。沸騰したお湯の中にくぐらせる「熱湯消毒」と組み合わせることで、悪玉菌をより確実に殺すことができます。

生野菜だけでなく、お刺身やお肉にも応用できますので是非、あなたのご家庭でもやってみてください。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

食中毒に関するお役立ちサイト

O-157やノロウイルス等の食中毒に関するお役立ち情報が掲載されているサイトをご紹介いたします。

家庭での食中毒予防

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

 

環境破壊と安全対策 – 内容成分へのこだわりだけでは、安全対策とは言えません

品質維持のための試行も安全対策のヒトツです!

140426-MO050-medium_8499908923
photo credit: Who killed Gregory?? via photopin cc

安全対策や品質維持といえば、あなたが普段口にする食品関係では相当厳しくなっているはずです。ところが、2014年1月、私の地元浜松で起こった大規模なノロウイルス感染「給食パン原因と断定=工場でノロウイルス検出-業者に営業禁止命令・浜松食中毒」のエントリーからもお分かりのように、まだまだ「考え方が甘いメーカーサイドが如何に多いか」ということが理解いただけるかと思います。

確かに、安全性に対するニーズや評価が全国的に高まりを見せてはいます。しかしその裏で、「商品が売れさえすれば良い」という姿勢で販売促進やコマーシャルを行っている美容メーカーはとても多く、安全対策を徹底して行っているメーカーはまだまだ極少数なのです。

 

内容成分へのこだわりと品質維持

商品を大量に作成して、全国的に流通させようと考えた場合、どうしても必要不可欠になるのが「品質の安定性」です。

いかに長時間安定した品質を保っていられるか?を実現させるために、「安定剤、保存料、防腐剤、香料、指定成分…等」に於いては様々な議論が巻き起こっていますが、いくら内容成分にこだわっていても、外部からの力によって品質が変えられてしまうケースも考えられます。

その代表例は、このエントリーの冒頭でご紹介した「ノロウイルス」や「O-157」を始めとする病原菌によるもの。白斑問題の原因となった「強力な紫外線」及び「空気(酸素)」による酸化と劣化です。

私たちの想像以上に生活環境の悪化が進行していると感じられる出来事が立て続けに起こりました。2013年より法律が改定され、紫外線からの予防効果のアップした日焼け止め製品や、PM2.5・窒素酸化物・硫黄酸化物・チリ・ホコリ等で汚染された空気で、花粉症の患者数が増加。

いくら内容成分にこだわっていても、外部からに力によって品質が変わらないように、保存しておくパッケージにも同じくらい「品質を維持するためのこだわり」を施して欲しいものです。自宅でいざ使おうと思って蓋を開けたら、商品が腐っていた?なんてシャレになりませんからネ。

140426-MO050-Roll134350
photo credit: おとなキレイ向上委員会

追伸:紫外線の降射量の増加をふまえて、、、

紫外線の透過率をよりゼロに近づけるために、パッケージの色を濃紺へとチェンジしました♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

インフルエンザ・ノロウイルスが広がる3つの感染ルートと5つの予防対策

140130-KB042-medium_4314530838
photo credit: Arlington County via photopin cc

インフルエンザやノロウイルスの2月の感染拡大を前に、もう1度しっかり復習しておきたいと思います。

 

インフルエンザ・ノロウイルスの感染から守るために出来る事

昔から「備えあれば憂いなし」と言われているように、安全で安心な生活を送っていただくためには、どの様な対策や備えが必要なのか?

小さいお子様がいるご家庭や、お年寄りの方と同居なさっているご家庭では、「ウイルス」のことを知りしっかりと対策をしておくことが何よりも重要です。

 

感染が広がる3つのルート

【飛沫(ひまつ)感染】:クシャミ、ゲップ、咳、などによって大気中に飛散したウイルスから感染

【空気感染】:個室内や病院内での、会話中、あくび、ため息、などで空気中に漂うウイルスから感染

【接触感染】:握手、ドアノブ、つり革、便座、接吻、などでウイルスを保持している人や物への接触から感染

これらの感染ルートから、口内粘膜・鼻の粘膜・目の粘膜を介して移ったウイルスが体内へと侵入し、約1週間ほどの潜伏期間を経て症状が表面化するのです。

 

感染を予防する5つの対策

1)手洗いは細めに、指の間や爪の間までしっかりと
2)マスクは出来る限り着用しましょう
3)人の密集する所は避けたり、長時間いないようにしましょう
4)2〜3時間に1回は換気をして新鮮な空気に入れ替えましょう
5)湿度50%を目安に加湿器で空気を乾燥させないように調節

これらの予防対策をしっかり行っていれば、薬に頼らなくても健康を維持できる確率は上がります。

そして、予防接種を受けていても安心せず、予防対策はしっかり行いましょう♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

薬に頼らない健康習慣づくりに役立つ書籍

私も社会人になってから、薬に頼らないで健康を維持する習慣作りに取り組んでおります。

 

ノロウイルスやインフルエンザの感染が増加傾向にある、2014年第3週のまとめ

私の住んでいる浜松で千人を超える欠席者を出した大規模な感染が起こったことに驚きを隠せません。

今回、浜松で起こった大規模なウィルス感染を教訓に、私たち国民の一人ひとりが「ウイルス感染の予防対策」に対する意識を高めていかない限り、同じような過ちを繰り返してしまう恐れがあります。

140120-SMR033-medium_5433841565
photo credit: riz94107 via photopin cc
 

ノロウイルスやインフルエンザの感染が増加傾向にある、2014年第3週のまとめ記事

「マスクの着用・手洗い・うがい」は、最低限行うべきウイルス感染の予防対策になります。但し、ノロウイルスに関してはアルコール消毒だけでは菌が死滅しないため、殺菌できる消毒薬を用意する必要があります。私のサロンでは5年ほど前より、手指だけでなく頭・顔・身体も安心して洗える薬用殺菌ソープ「マルククリーン」の提供を行っております。

それでは、今週アップしたエントリー記事を一気読みしましょう♪

 

健康美容コラム

■ 間違いだらけのシャンプー法である、「強すぎる洗浄剤が必要な油まで奪ってしまう」「強い力でゴシゴシ擦る刺激が頭皮と髪に炎症を起こす」「本来必要としないリンス・トリートメント等の異質物」が、痩せ細った髪へと悪化させてしまいます。
髪ダメージを悪化させる一番の原因

■ 見た目が“老ける”白髪染め、見た目が“若返る”白髪染め、パーソナルカラーに合わせた色選びが基本になります。
【ヘアカラーの色選び】見た目が“老ける”白髪染め、見た目が“若返る”白髪染め

 

プライベート・エピソード

■ 私の成人式から30年、式典で魅せる髪型・着物・帯結びの移りゆく美意識の変化について想うこと。
成人式の移りゆく美意識について想うこと

 

健康美容的思考

■ デトックスで心のストレス開放と髪の抜け毛対策では、嫌なことは言霊としてゴミに封印しストレス開放、年末年始で溜まった老廃物のデトックスで抜け毛対策について
デトックスで心のストレス開放と髪の抜け毛対策

 

髪・肌・身体のQ&A

■ 髪と頭皮の潤いに欠かせない皮脂の働きと役割、冬場に多い「かゆみ」や「フケ」のお悩み相談について
髪と頭皮の潤いに欠かせない!皮脂にはどんな働きや役割があるのですか?

 

今週の気になったニュース

■ 給食パン原因と断定=工場でノロウイルス検出-業者に営業禁止命令・浜松食中毒、ノロウイルスの予防には特別な手当てや対策はない、ノロウイルスやインフルエンザを殺菌消毒するソープによる予防対策について
給食パン原因と断定=工場でノロウイルス検出-業者に営業禁止命令・浜松食中毒

病気に掛かってからどうしよう?ではなく、病気に掛からない為には何をすべきか?が大切です

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

給食パン原因と断定=工場でノロウイルス検出-業者に営業禁止命令・浜松食中毒

まさか地元浜松でこんなに大規模なノロウイルスの感染が発生するなんて…?

140118-NT024-medium_6333145117
photo credit: Brad Day via photopin cc

全国区のニュースで取り上げられた反響の大きさから、昨日は某テレビ局の方から「美容院で行っているノロウイルスの対策」について、電話で問い合わせを受けました。

 

ノロウイルスの予防には特別な手当てや対策はありません

【給食パン原因と断定=工場でノロウイルス検出-業者に営業禁止命令・浜松食中毒】
 浜松市の多数の小学校で児童が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え一斉に欠席した問題で、市は17日、給食用食パンを製造した業者の工場からノロウイルスが検出され、食パンが原因の食中毒と断定したと発表した。市はパンを製造した業者に、同日から当面の間、営業禁止を命じた。
 営業禁止とされたのは、給食パンや菓子を製造、販売している「宝福」(同市東区)。
 市や市教育委員会などによると、16日夜に食品衛生法に基づき同社工場の製造施設を拭き取り調査。女性従業員用トイレのドアノブを拭き取った検体から17日、ノロウイルスが検出された。また、13日製造の食パンを14日の給食で食べた生徒9人と教員8人からも、ノロウイルスが検出された。
 17日までの2日間で、17の小学校で計1060人が欠席し、休校、学級閉鎖となっている。宝福のパンは、この17校全てに納入されていた。従業員で体調を崩した人は報告されていないという。
 宝福によると、食パンを加熱製造した後の切り分け、包装などの作業でウイルスが付いた可能性がある。原因食品が製造された13日には、加熱後の各工程に計23人が関わったが、これまでに検査を終えた9人からウイルスは検出されていない。
 この工場では給食用パン以外に菓子パンなど30~40品目を製造しており、出荷済みの製品を18日以降に自主回収する。記者会見した太田雅之社長は「心からおわび申し上げる」と謝罪した。時事通信(2014/01/18-00:58)

このニュースのように殺菌消毒を徹底して行っていない所がまだまだ多いと思いますし、1度に千人規模の欠席者を出して学級閉鎖に追い込まれてしまう事態は過去に例が殆ど無いため、反響が大きかったように感じます。

そんな中ネット検索で、偶然に当ブログの記事を見た某テレビ局の方から「美容院でのノロウイルスの対策」について記事にされているのはあまり例がなかったことから、「なにか特別な手当てを実施しているようでしたら取材させて欲しい」とのお電話を頂きましたが、予防対策に特別な手当てはしていないことから丁重にお断りを申し上げました。

 

ノロウイルスやインフルエンザを殺菌消毒するソープによる予防対策

2013年12月にこちらのエントリー「寒い冬でも生モノに要注意!2年連続で冬の感染症に掛かった苦〜い記憶」に書かせていただきましたが、私はノロウイルスでの辛い体験を経験してから、予防対策に力を入れるようになりました。

そして、美容院は接客サービス業ということもあり人の出入りが頻繁にあるため、至る所で接触感染や飛沫感染が起こり得ることから殺菌消毒の必要性を感じ、15年来のお付き合いのある小島化学株式会社様より「トリクロサンを主成分としたノロウイルスやインフルエンザを殺菌消毒するソープ:マルククリーン」の提供を受けています。

毎朝この殺菌洗浄ソープを使い、お客様が触れる出入口のドアノブを始め、セットイス・手鏡・トイレ・ブラシ類・加湿器を利用した大気中の空気…等の殺菌消毒を行って、ウイルスの感染から守っています。

この他にも、手洗い・うがいは徹底して行っております。とにかく、毎日きちんと殺菌消毒を行う以外に防ぐ術はなく、特別な手当てはないのです。

私一人くらい予防対策をやらなくても大丈夫だろう!という甘い考えが大量の感染を生み多くの人達に迷惑を掛けるのです!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

ノロウイルスに関するQ&Aサイト

ノロウイルスに関するQ&A|厚生労働省