【頭皮のトラブル】頭皮湿疹とはどういう症状なのでしょうか?

140124-QA024-medium_217033824-360x2551
photo credit: おとなキレイ向上委員会

赤味と湿疹のみのタイプ、フケや痒みを伴ったタイプの2通りあります。

先月4月9日にエントリーした『「頭皮が赤い」と、なぜ髪にはよくないの?』では、頭皮が赤い状態の考えられる要因についてご紹介させていただきました。

今回はその続編とも言える「頭皮湿疹」について、顧客様より頂いたご質問に回答させていただきたいと思います。

 

頭皮湿疹の原因と主な症状

頭皮湿疹は、男性に比べ女性は比較的かからないと言われてまいりましたが、近年の整髪料類の過剰使用や環境破壊による免疫力や抵抗力の低下によって、若い方から大人の女性の方まで、幅広い年代の方が自覚なしに頭皮湿疹を発症している傾向にあります。

今回は、赤味と湿疹のみのタイプ、フケや痒みを伴ったタイプの、2通りについてお届けしたいと思います。

 

赤味と湿疹のみのタイプ

140503-QA035-kansougata
photo credit: おとなキレイ向上委員会

まず始めに、赤味と湿疹のみの症状タイプ。以前でしたら太陽から降り注いでいる「強力な紫外線」が原因で赤味と湿疹が引き起こされているケースが殆んどでしたが、近年増加傾向にあるのが、整髪料類に配合されている「防腐剤や保存料」の刺激に反応してしまうタイプです。

あなたが今お使いの整髪料類に「イソチアゾリノン」「メチルイソチアゾリノン」「メチルクロロイソチアゾリノン」が配合されていたら要注意。元々は工業用殺菌剤として使用されていた肌への刺激と毒性が強い防腐剤で痒みが伴わないことで気づきにくく発見もしにくいため、今スグにでも他の整髪料に変えることをオススメします。(ナゼに認可されたのか摩訶不思議です。f^_^;)

 

赤味と湿疹にフケや痒みを伴ったタイプ

140503-QA035-shirougata
photo credit: おとなキレイ向上委員会

1990年代後半までは「赤味と湿疹にフケや痒みを伴った乾燥タイプ」が多かったのですが、ノンシリコン系の整髪料が流行りだした2010年以降は「毛穴からの皮脂の分泌が過剰気味となって、赤味と湿疹にフケや痒みを伴った脂漏性タイプの肌荒れを引き起こしている。

整髪料に配合されている濃密な油脂成分、すすぎ(ゆすぎ)不足、力を入れたゴシゴシ洗い、人間関係等の強いストレス、睡眠不足、夜型の生活習慣、食べ物の好き嫌いが多い、等による皮脂の分泌過剰が原因とされています。

早期発見早期手当てが、頭皮湿疹の症状を長引かせない唯一の方法です。

頭皮が赤くなっていないか?フケ・かゆみ・ベタつき等の刺激を感じていないか?を毎日手鏡でチェックしてみましょう!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

ヘアカラーをした後1ヶ月も経たないうちに頭皮が赤くなり、大量の抜け毛とフケ、頭皮のベタつきとかゆみに悩まされています?

皮膚科で診察していただいたら「脂漏性皮膚炎」と診断されました。

131026-CO035-medium_6449407009
photo credit: D. Garding via photopin cc

処方された塗り薬を使い、植物由来のシャンプーを使っているのですが、症状は一向に改善する気配がありません。それどころか、前髪や頭頂部の髪が細くなってしまいました。

頭皮の赤味・ベタつき・かゆみ・抜け毛・フケ…等の症状を解消する手当はあるのでしょうか?

 

脂漏性皮膚炎による頭皮の赤味・ベタつき・かゆみ・抜け毛・フケ…等の症状を解消する手当て

今回ご相談がありました「頭皮のベタつき」については、昨年の10月にこちらのエントリー「秋〜冬の乾燥する時期に「頭皮のベタつき」を感じ始めたあなたへ」でもご紹介させていただきました。

秋〜冬の乾燥する時期に「頭皮のベタつき」を感じ始めたあなたへ | おとなキレイ向上委員会

空気が乾燥する寒い時期には、マラセチアというカビの一種である真菌が要因で起こる「脂漏性皮膚炎」による頭皮のべたつきやフケ症状が増加します。

以前は40才以上の中高年の男性に多くみられた「脂漏性皮膚炎」ですが、食生活の欧米化とストレス社会の影響からか近年は、年代や性別に関係なく起こっておりますから注意が必要です。

 

真菌による脂漏性皮膚炎で見られる主な症状

カビの一種である「マラセチア」という真菌が大きな原因となって起こる脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌の盛んな顔や頭皮などに炎症が起きる病気で、頭皮の赤味・ベタつき・かゆみ・抜け毛・フケ…等の症状がみられます。

このマラセチアは、毛穴の中にある皮脂腺から出る皮脂の中に生息しており、皮脂が増えるとマラセチアも増加して頭皮に刺激を与えるようになって赤みを帯びてベタつき、通常3日に1回だった皮膚の角化変性が乱れて毎日起こるようになり、剥がれた角質が大量のフケとなってしまうのです。

 

脂漏性皮膚炎の症状解消における注意点

マラセチアの増加する原因としては、年末年始のお酒の席での塩分脂分が効いた偏った食事や、不規則な食生活・睡眠不足・過度のストレスなどによる、皮脂の分泌過剰や免疫力の低下が挙げられます。

頭皮のベタつきや脂漏性皮膚炎のご家庭での対策は、下記の手当てを根気良く続けることが早期改善への近道です。

(1)ぬるま湯でゆすぎ(すすぎ)をしっかり行う
(2)真菌を殺菌できるシャンプーやソープで毎日洗髪
(3)爪を立てたり強い力でゴシゴシ洗わない
(4)脂っこい物、ファーストフード、スナック菓子の摂取は極力少なく
(5)できるだけ決まった時間に食事を摂る
(6)軽い運動をして気分転換を図る
(7)就寝は夜の0時を過ぎないように

マラセチア等の真菌類は、症状が改善したと思っても毛穴の奥に潜んでいる場合がありますから、赤味が自然に引いて来るまで3ヶ月から6ヶ月間はお手入れを継続することをお勧めいたします。そして、痛みが感じられる場合は、ヘアカラーは控えたほうが良いでしょう。

あなたは、真菌類を殺菌して頭から爪先まで洗える薬用ソープをご存知ですか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

「フケ」の増加に頭の「かゆみ」が加わったら分泌異常やバランスの乱れが考えられます

軽く考えていると将来髪が細くなり始める可能性が高まります!

見た目は急には変わりませんが、毛穴の中では髪実に衰えは始まっており、少しずつ頭頂部のボリュームが失われていくのです。

 

フケとかゆみの症状は抜け毛や細毛の危険性を知らせるサイン

「急にフケが増えた」「頭皮がかゆくなってきた」症状は、その多くが抜け毛や細毛の前触れと考えられます。

何故なら、フケは頭皮の皮下組織で生まれた新しい皮膚細胞が一番表面の角質層に押し上げられ、古い皮膚細胞が徐々に角質化して剥がれ落ちたものです。

健康な状態ですと、この新しい皮膚細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでのサイクルは大体28日間なのですが、ホルモンの分泌異常や栄養バランスの乱れなどにより短い間隔でドンドン角質化が進んで剥がれ落ちてしまうため、フケ(角質)が増加してしまうのです。

そして、フケが頭皮や毛穴を覆うようになると新陳代謝がうまく行われなくなり、皮脂の分泌バランスが乱れて乾燥したりベタついたりして痒みが出てくるのです。

140121-KB041-hair-futosa-chigai
【太さが変わってきた毛髪】
photo credit: おとなキレイ向上委員会

髪を「植物」に例えるなら、頭皮や毛穴は毛髪を育てる大地に当ります。新陳代謝や皮脂の分泌が乱れた状態では、健康な髪を生えさせることも育てることも出来なくなってしまいます。

その「大地」が植物を育てるのにふさわしい正常な状態にお手入れされていなければ、その「植物」は十分に成長できず太くハリのある健康な毛髪は生えてきません。

また、フケが毛穴から分泌される皮脂などと一緒になって、毛髪が生えて来る際の出口である毛穴を塞いでしまうと毛穴が狭くなって太い毛髪が育たなくなり、いつの間にか1本1本がやせ衰えて細く軟らかくハリのない猫毛や、うぶ毛のように極端に細く短い毛になってしまいます。

あなたの毛穴から生えている毛髪は太い毛と細い毛が混じっていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

髪と頭皮の潤いに欠かせない!皮脂にはどんな働きや役割があるのですか?

髪や頭皮のトラブルは皮脂の摂り過ぎが多い!

あなたはご家庭で、髪や頭皮を清潔に保とうとシャンプー剤をたくさん使い、力を入れてゴシゴシ洗うことで「汚れや皮脂をしっかり落とす」お手入れを繰り返していませんか?

これではいくらシャンプー剤にこだわったとしても、かゆみやフケのトラブルに悩まされます。

 

髪と頭皮の潤いに欠かせない皮脂の働きと役割

空気が乾燥する冬になると、大気中の水蒸気が減り新陳代謝も悪くなるため、頭皮がかゆくなったりフケが出やすくなったりします。頭皮も顔と同様に身体の皮膚の一部ですから基本的なお手入れ法は、頭皮ケアも肌のお手入れ法と同じです。

140117-QA023-hifu-kozo2014
photo credit: おとなキレイ向上委員会

私たち人間の皮脂は、皮膚の毛穴の中にある皮脂腺から分泌されている良質な“あぶら”で、

(1)皮膚や毛髪に潤いを与えている
(2)外部からの物理的・化学的刺激から守っている(バリア機能)
(3)細菌(ウィルス)の侵入を防いでいる

上記のような3つの働きがあります。

そして、髪の卵を製造するための栄養源として使用されたり、毛髪やお肌に極薄い皮脂膜を張ることで、水分量を最適な状態に保って乾燥から防ぐ役割も担っています。

 

冬場に多い「かゆみ」や「フケ」のお悩み相談

もしあなたが、シャンプー後の「かゆみ」や「フケ」でお悩みでしたら、間違ったシャンプー法による「頭皮の乾燥」や「頭皮の傷つき」が原因かもしれません。

頭皮を清潔に保とうと、汚れや皮脂をしっかりとる洗浄力の強いシャンプーで、爪を立ててゴシゴシと洗ってしまうと、必要な皮脂まで取り過ぎてしまいます。

その結果、頭皮のバリア機能が低下して「かゆみ(炎症)」が起きたり、ヘアサイクルが乱れて角質剥離が早まり「フケ(角質)」がたくさん出てしまうのです。

 

皮脂の働きと役割のまとめ

髪と頭皮の潤いに欠かせない皮脂の働きと役割の、重要な部分をまとめてみました。

■ 皮脂の働き
(1)皮膚や毛髪に潤いを与えている
(2)外部からの物理的・化学的刺激から守っている(バリア機能)
(3)細菌(ウィルス)の侵入を防いでいる

■ 皮脂の役割
(1)髪の卵を製造するための栄養源として使用
(2)毛髪やお肌に極薄い皮脂膜を張って最適な水分量を保ち乾燥を防ぐ

TVCMのようなシャンプー法では髪ダメージが悪化します♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

正しい毛髪の知識を多くの方に知って頂きたく電子書籍を出版しました!

正しいシャンプー法はこちらの電子書籍を参考にしてください。

 

KB021 放置すると髪老化へと進行する「4つの危険なシグナル」

「髪が痩せた」「薄くなった」など自覚症状を感じてから慌ててお手入れを始めては手遅れのケースも…。

130819-KB021-medium_9338904181
photo credit: . SantiMB . via photopin cc
 

髪老化へと進行する「4つの危険なシグナル」

あなたの体質や症状に合っていない間違ったお手入れは、かえって抜け毛や細毛・薄毛を進行させてしまい逆効果。しかし、殆どの場合必ず何らかの前兆、つまり危険信号が現れているはずです。

その時を見逃さずに早目に適切なケアを行う、原因に合ったお手入れをする事によって無駄な時間やお金をかけることなく、ハリとツヤのある健康な髪を育てることができるのです。

 

1.抜け毛が増えた

まだ、たくさんの寿命を残していて成長期にある髪や、新生毛として新しく生えてきたばかりの髪が、何らかの異常によって抜けていることが考えられます。

毛髪が生えてから寿命が来て抜けるまでの「ヘアサイクル(発毛周期)」が乱れてしまっているため、放置したまま適切なお手入れをしないとほとんどの場合、薄毛へと進行してしまいます。

 

2.フケの量が増えた、頭皮がかゆくなってきた

フケは、頭皮の真皮層で生まれる新しい皮膚細胞に押し上げられた古い表皮(皮膚細胞)が角質化して剥がれ落ちたものです。通常は、この細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでのサイクルは28日間なのですが、ホルモンの分泌異常や栄養バランスの乱れなどにより短い間隔になってしまいフケが増加します。

もし大量のフケが、毛穴から分泌される皮脂などと一緒になって、髪が生えてくる出口である毛穴を塞いでしまうと、毛穴が狭くなり太い髪が育たなくなります。そして、いつの間にか1本1本の髪がやせ衰え、細く軟らかくハリのない猫毛やうぶ毛のように細く短い毛になってしまうのです。

 

3.頭皮がベタつくようになった

頭皮がベタつくようになってきたのは、皮脂腺から分泌されている過剰な皮脂が要因です。但し、いくら洗浄力の強いシャンプー剤をタップリ使って洗っても落とし切れず、ベタつきが悪化してしまいますから、皮脂分を浮かせる専用のケアが必要と言えます。

過剰に分泌された皮脂をそのまま放置していると毛根にまで作用して、成長期にある毛髪を本来の時期より早く休止期にしてしまい、本来の寿命より早く抜け落ちてしまいます。

 

4.髪が細く、ハリがなくなってきた

油脂分が大量に含まれている整髪料類を長期間にわたって使用し続けた結果、髪内部のタンパク質を覆った油脂分や老廃物が紫外線酸化で侵され、弾力や毛髪の引き締め力(自然治癒力)が失われて、次第に痩せ細ったうねりやすい髪質へと変わってしまいます。

また、男性3年~5年・女性4年~6年という髪としての本来の寿命を迎える事なく早く抜けていってしまうため、髪の製造工場(毛根)での製造が追いつかずに猫毛やうぶ毛のような細く短い弾力のない毛髪しか造れなくなってしまうのです。

 

上記の様な症状が現れてきた時は、あわてて自己流の手当てで対処するのではなく、現在の髪の状態とそこに至るまでのプロセスを、髪のプロにきちんと診断して頂くことが大切です。

髪は毎日抜け、毎日生えています。一日でも早くあなたの症状や体質に合った正しいお手入れを実践してください。

あなたは自己流の手当てで髪老化を進行させていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より