髪が広がる悩みは、優れたカット技術で解消されると思っていませんか?

140710-CO092-medium_13619221255
photo credit: Cristiana Gasparotto via photopin cc

カット技術で頭を小さく見せることは出来ますが、髪の広がりは解消されません!

カットが上手い美容師さんが仕上げれば、横に広がって大きく見えてしまう頭をコンパクトに見せたり、美しい毛流れや根元の立ち上がりを付けることは可能です。

しかしながら「髪の広がり」は、カット技術だけでは解消できないのです。

 

髪が広がる原因とカット技術の役割

『カットの上手な美容師さんをお友達に紹介して頂いて、希望の髪型になるようにカットをしていただくのですが、最初の1週間はイイ感じにまとまっているのですが、2週間目くらいからだんだん広がりが気になりだしてきます。』

サロンにご来店になる顧客様からこのようなお話をお聞きします。カットが上手な美容師さんに頼めば「髪が広がる悩みも解消してくれるのでは?」と心の中では期待していただけにガッカリしてしまった…と。

これはカット技術に自信を持っている美容師さんほど、「優れたカット技術がアレば大抵の髪の悩みは解決できる」といった間違いを犯しやすいのです。

カット技術は、頭や顔形を考慮し、欲しい所は残し要らない所は削ったりしながら容姿にベストマッチするシルエットに整えるように形づけをしていく技術。

大きく見えてしまう頭をコンパクトに見せたり、美しい毛流れや根元の立ち上がりを付けることは可能ですが、広がりを解消するのはまったく別の手当てになります。

 

髪が広がってしまう原因

まずは、なぜ髪が広がってしまうのか?原因を知り、髪のコンディションを整える手当てを行えば確実に解消できるのです。

■(1)毛量を減らしすぎて軽くなり過ぎ、落ち着く重さが失われてしまった
■(2)潤いの元であるミネラル分(水分)が、強力な紫外線・粗悪なパーマやヘアカラーによって奪われた
■(3)潤いを支えている皮脂(スクワレン)が、強力な紫外線酸化や間違ったシャンプー法によって蒸発

これら上記の3つが、髪が広がってしまう原因となります。

 

髪のコンディションを整える手当て

髪は、重さ・ミネラル・皮脂の3つのバランスが崩れて乾燥したコンディションになってしまうと、広がりが起こり始めます。

下記に示したような、髪のコンディションを整える手当てを行うことで、乾燥した髪を潤いのあるコンディションへと変えていくのです。

(1)毛量を減らしすぎて軽くなり過ぎた箇所に適度な重さを与えていく手当て
(2)ハリ・コシの元となる、失われた16種類のミネラル分の補給
(3)16種類のミネラル分を維持して潤いを保つために必要な皮脂の還元

髪のコンディションを整える手当ては、髪型を整えるカット技術よりも大切です!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

【シャンプーの泡立ちと髪痩せ】シャンプー剤の泡立ちが良ければ汚れ落ち効果はアップしますが、髪は痩せてしまう

140521-CO083-medium_4898790746
photo credit: Pimthida via photopin cc

洗浄成分は汚れだけでなく「ハリ・コシ・潤い維持に最も大切なモノ」を奪ってしまう!

ご自宅でのシャンプーの仕方について伺ってみると「いっぱい泡が立たなければ洗った気がしない!」とお答えになる方が、まだまだ多数いらっしゃいます。確かに、10代から20代の新陳代謝が活発な方達にしてみれば、洗っても洗っても地肌や髪が直ぐにべたついてきて脂汚れによる頭皮臭も気になるところではあります。

しかしながら30代以降の方達が、10代から20代の方達と同様にシャンプー剤をたくさん使ってモコモコの泡で洗髪するシャンプー法を繰り返した場合、「ハリ・コシ・潤いに最も大切なモノ」を奪われるばかりでなく、髪が痩せてしまう二次被害の恐れもあるのです。

 

シャンプーの泡立ちと髪痩せ

まだまだ世間的には、シャンプー剤の洗浄成分は主に毛穴の脂汚れを落としている、シャンプー後の手触りが悪いのは髪が傷んでいる証、といった間違ったシャンプー知識を教えられている方が多いようです。

シャンプー剤には汚れを落とすための洗浄成分の他にも、水分と油分を混ぜあわせる乳化剤や界面活性剤が配合されています。これらの乳化剤や界面活性剤が洗浄成分とともに髪の内部に入ってしまうと、ハリ・コシ・潤い維持に最も大切な「皮脂」と「ミネラル」を奪ってしまいます。

もしシャンプー剤や泡を、頭皮だけでなく髪の毛の方にもつけているとしたら、洗浄成分・乳化剤・界面活性剤によって髪内部の「皮脂」と「ミネラル」が奪われ続けてしまい、ハリ・コシ・潤いの維持機能が失われてしまった髪は、どんどん痩せ細っていきます。

50代以降の新陳代謝が衰え始めたあなたにとって、「頭頂部がぺしゃんこ」「乾燥してパサパサな髪」「髪年齢が高いツヤのない髪」といった3重苦による見た目年齢アップは是が非でも避けたいところ。

まだまだ手遅れではありません。『ハリ・コシ・潤いに最も大切な「皮脂」と「ミネラル」』をキープして髪痩せを未然に防ぎ、健康な髪を育てるためにも、、、

頭皮と毛穴専用のバランスケアをプラスすることをお勧めします♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

髪・肌・身体の中枢を支えるミネラル

“殻”や“タンパク合成”を影から支えています!

131212-7R-05-01-medium_3214546528
photo credit: Curious Expeditions via photopin cc

美人髪を育てる7つのレシピ【ミネラルバランス編】本日は第2回目。

前回は毛髪の“ツヤ”と“潤い”に欠かせないミネラルはどんな物なの?というエントリーで、ミネラルの由来や種類について、お送りいたしました。

今回は、「髪・肌・身体の中枢を支えるミネラル」についてお届けいたします。

 

目次/美人髪を育てる7つのレシピ【ミネラルバランス編】

(1)毛髪の“ツヤ”と“潤い”に欠かせないミネラルはどんな物なの?(ミネラルの由来や種類)
(2)髪・肌・身体の中枢を支えるミネラル(人間細胞の中心金属イオン)

 

髪・肌・身体の中枢を支えるミネラル

毛髪というと、主成分である「タンパク質」が一番大切に思われがちですが、ツヤと潤いを影から支えている「ミネラル」も無くてはならない存在です。

 

カルシウム

カルシウム(Ca)は、卵で例えるなら“殻”に当たる部分で、「骨・歯・神経・筋肉といった人間の生命を司る中枢部の働きを調節」しています。

もし、体内のカルシウム(Ca)が不足気味になった場合、骨粗しょう症、不眠、過敏、頻脈、といった症状や病気を引き起こしてしまいます。

カルシウム(Ca)を多く含む食材:カブ、キャベツ、トマト、人参、大豆、ゴマ、バナナ、ぶどう、みかん、イワシ、カレイ、シラス、黒砂糖、ハチミツ、ココア、チョコレート、ヨーグルト、豆腐、海藻類

 

マグネシウム

マグネシウム(Mg)は、卵で例えるなら黄身または遺伝因子(ミトコンドリア)を包み込んでいる皮膜を安定させており、タンパクの合成や鎮静作用など、細胞を生むエネルギー源の役割を兼ね備えています。

もし、体内のマグネシウム(Mg)が不足気味になった場合、精神の不安定、心臓発作、などの症状を引き起こしてしまいます。

マグネシウム(Mg)を多く含む食材:大根、ほうれん草、セロリ、レタス、玄米、胚芽、牛乳、チーズ、海藻類

 

体の中枢を支えるミネラルのまとめ

• カルシウム(Ca)は、骨・歯・神経・筋肉の働きを調節
• 体内のカルシウム(Ca)が不足すると、骨粗しょう症、不眠、過敏、頻脈などを引き起こす
• マグネシウム(Mg)は、タンパクの合成や鎮静作用
• 体内のマグネシウム(Mg)が不足すると、精神の不安定、心臓発作などの症状を引き起こす

適度な日光浴(紫外線から合成するプロビタミンD)もカルシウムの安定供給には必要です♪

次回は「動植物の生体生理に重要なミネラル」について、お届けする予定です。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

関連書籍のご紹介

 

毛髪の“ツヤ”と“潤い”に欠かせないミネラルはどんな物なの?

髪がパサついているあなたに必要なのは「ミネラル」です!

131210-7R-05-00-medium_2875665576
photo credit: Sean Rogers1 via photopin cc

美人髪を育てる7つのレシピ【ミネラルバランス編】本日より第1回目がスタート。

第1回目の今回は、「ミネラルの由来や種類」についてお届けいたします。

 

毛髪の“ツヤ”と“潤い”に欠かせないミネラルについて

これは既にご存じの方も多いかと思いますが、私たちが健康な毛髪を育て維持していくためには「19種類のアミノ酸」と「16種類のミネラル」が必要なのです。中でも「16種類のミネラル分」は、毛髪の艶と潤いには欠かすことの出来ない成分で、オイル分よりも重要になってきます。

ミネラルの重要性についてはメディアを通して多くの情報を目にいたしますが、ミネラル自体はどんなものなのかはあまり語られていないようでしたので、少し調べてみました。

ミネラル (mineral) という言葉は、mine (鉱山・鉱石など) に由来しています。地球上に存在する118種類の元素のうち一般的な有機物に含まれる4元素、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、酸素(O)のように、糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられているものを除いた114種類の元素をミネラルと呼び、栄養学では無機質とほぼ同意で使われています。

ミネラルは生体組織の構成や、生理機能の維持・調節に必要な微量栄養素です。人間の体では作ることができないため、食物などから摂取する必要がありますが、それぞれのバランスが大切です。多すぎても少なすぎても病気の原因となり、健康の保持・増進には好ましくありません。

日本では13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン)が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められています。

参考文献:ミネラル(Wikipedia)、ミネラルについて(国立健康・栄養研究所)

 

必須ミネラルの種類

私たち人間の体内に存在するミネラルの中で、栄養素として欠かせないことが確定しているものを必須ミネラルといい、現在16種類。この必須ミネラルのうち、1日の摂取量が概ね100mg以上のものを主要ミネラル(マクロ元素)、100 mg未満のものを微量元素と分類することもあります。

■ 主要ミネラル

ナトリウム・マグネシウム・リン・硫黄・塩素・カリウム・カルシウム

■ 微量元素

クロム・マンガン・鉄・コバルト・銅・亜鉛・セレン・モリブデン・ヨウ素

必須ミネラルの種類は上記の通りで、今後の研究で必須性が証明されて増えていく可能性があります。

 

ミネラルのまとめ

• ミネラル (mineral) という言葉は、mine(鉱山・鉱石など)より由来
• 現在では、114種類の元素をミネラルと呼ばれている
• 16種類のミネラル分は、毛髪の艶と潤いには欠かすことの出来ない成分
• ミネラル分は、オイル分よりも重要
• ミネラル分の摂取はそれぞれのバランスが大切で、多すぎても少なすぎても病気の原因となる

あなたの毛髪はミネラル分で潤っている?、保湿成分で枯れている?

次回は「ミネラル個々の働き」について、お届けする予定です。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より