髪が自分の力で美しい髪に変わっていく!大人の美髪

髪の毛にとって「栄養補給」や「ダメージ補修」は本当に必要なのでしょうか?

私たち人間の髪は、口から摂取した食べ物を咀嚼したり胃腸で消化吸収された栄養分によって作られています。

ですから、年齢を重ねて40代や50代になってもツヤツヤな髪をキープしたりハリ・コシある髪を育てるためには、食べ物の好き嫌いはできる限りなくし「タンパク質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」「脂質」の栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう!と言ったアドバイスを受けてきました。

にも関わらず、髪の毛にとっては全くの異質物であるトリートメントで、中心的な栄養素である「タンパク質の補給しましょう!」とか「傷んでいる所のダメージ補修をしましょう!」というのは可怪しいと思うのは私だけでしょうか?

自然の循環システムとトリートメント

私たち人間は大気中の「空気」を吸って約60兆個に及ぶ体中の細胞を育てるエネルギーとして使った後は、「二酸化炭素」を吐き出します。

そして私たちが口から吐いた「二酸化炭素」は、植物が太陽光線と一緒に取り込んで光合成によって成長するときのエネルギーに変えて、葉っぱから「酸素」を出してくれます。

このように地球上の生物は、お互いに足りないものを補完しあって循環させることによって生命を維持しているのです。

これは、私たちの髪の毛でも例外ではありません。

あなたは、人間の髪の毛は「トリートメントによって健康を維持している」と思っているかもしれません。(約9割の方が同様の意見かと思います)

私も美容界に入りたての頃はそう信じて、疑うことはありませんでした。

しかしながら、どんなに品種改良をされた新しいタイプのトリートメントや整髪料類を使っても一時的に手触りが良くなるだけで、一向に枝毛などのダメージは改善してきません。(まさか、トリートメント自体に非があるとは思いもよりません)

広がった髪のボリュームを抑えたり、髪型がうまくまとまらない時に使用する、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ヘアワックス、等も例外ではありません。

髪にとって「栄養補給」や「補修補正」は本当に必要なのだろうか?と、どんどん疑いが深まって行ったことがつい昨日のことのように思い出されます。

その後、理想とするプロダクツに運命的な出会いを果たし、医療系の毛髪化学や皮膚科学を講義を受ける中、

髪は、三大栄養素である「空気」「ミネラル」「皮脂」の自然エネルギーを循環させて健康を維持していることを学び、

如何にトリートメントを始めとする整髪料類が、自然の摂理(ヘアサイクル)から外れているか、自然の循環には必要のないものかを知ることが出来たおかげで、

これらのトリートメントを始めとする整髪料類に頼ることなく、オトナの女性が内側から醸しだす「大人の魅力」と「大人の美髪」を引き出すサポートが可能となったのです。

あなたはトリートメントや整髪料類の使い過ぎで髪を痛めていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

コストゼロ!大人綺麗を叶える「美力」を目覚めさせる7つのエイジング習慣

140217-SMR038-medium_8600286149
photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

あなたは普段の生活の中で、「面倒臭い!」を多用していませんか?

あなたも含めた私たち大人は、何をするにもツイ無意識の内に「あぁ面倒臭い!」と発してしまう心当たりはないでしょうか?

この消極的で後ろ向きな言葉は、私たちの心のハリや体の緊張感を奪ってしまうだけでなく、

知らず知らずのうちに大人キレイを叶えてくれる「美力」を体の奥底に封印してしまいます。

 

内面に眠っている「美力」を目覚めさせる7つのエイジング習慣

本日のエントリーでは、消極的で後ろ向きな言葉や習慣によって封印された、あなたの内面に眠っている「美力」を目覚めさせるための、

40歳からの大人綺麗を叶えたい方には絶対お薦めの、コストゼロで出来る「7つのエイジング習慣」をご紹介したいと思います。

■(1)もう歳だから、面倒臭い、は使用中止
■(2)朝一番の太陽光を取り入れよう
■(3)部屋の空気、淀んでいませんか
■(4)浅く早い口呼吸から深くゆっくりの鼻呼吸へ
■(5)ありがとう等の感謝の言葉を口にしよう
■(6)キレイなものをキレイと言える素直な心を持とう
■(7)よく噛んで食べることで若返りの酵素が出るのです

 

(1)もう歳だから、面倒臭い、は使用中止

30歳を過ぎた頃から口癖のようにツイツイ無意識の内に口から出てしまう、「もう歳だから」と「面倒臭い」

この消極的で後ろ向きな姿勢を表す代表格でもある2つの言葉は、使用する回数が多ければ多いほど、あなたの心のハリや体の緊張感をどんどん奪って老化させてしまいますから、今スグ使用を止めましょう。

 

(2)朝一番の太陽光を取り入れよう

私たち人間の体のリズムは、日の出とともに始まり、日の入りとともに休息を迎えます。そして、夜中の22時〜2時の間には身体中の老朽化を迎えた細胞が、元気の良い新品の細胞に交換されています。

朝の目覚めや気持ちの切り替えは自律神経が行っており、日の出日の入りに於いて昼間用の交感神経と夜中用の副交感神経の切り替えを行っています。ですから、朝一番の太陽光を部屋の中いっぱいに取り入れることで、夜型から朝型に神経のスイッチがスムーズに切り替わるのです。

 

(3)部屋の空気、淀んでいませんか

部屋の中の空気が淀んで汚くなってくると、植物の枯れるのが早くなります。

そして、酸素の供給が減った脳みそは判断する力(認知力)が鈍くなるだけでなく、あなたの心も淀んでマイナスに向かう思考に追いやられてしまいます。

 

(4)浅く早い口呼吸から深くゆっくりの鼻呼吸へ

1回に空気を取り入れる量が少なく回数ばかりが多い浅い口呼吸では、全身に酸素の供給が行き渡りにくいだけでなく、

有害物質を遮断するフィルターがなくダイレクトに体内へ届いてしまうため、喉の粘膜や肺を傷めてしまいます。

たかが口呼吸を鼻呼吸に変えただけで健康になれるの?と疑問を抱いてしまう気持ちはわかります。

鼻呼吸を行うと、全身にしっかり酸素が供給されて体中に力が漲るようになり、元気いっぱいの細胞が生まれるようになるのです。

 

(5)ありがとう等の感謝の言葉を口にしよう

ありがとうの感謝の言葉を効かせたお水や植物は良い波動が伝わり、味が美味しくなると言われていて、人間関係も良好にしてくれます。

反対に、憎しみや恨む言葉を聞かせていると波動が乱れて、味が不味くなり、人間関係もギスギスしてしまうようです。

人間の体は約80%の水分で作られていることから言葉ひとつで、言霊が波動となって全身に伝わって、プラスにもマイナスにも傾いてしまうのです。

 

(6)キレイなものをキレイと言える素直な心を持とう

あなたの家庭や職場では、お花や観葉植物は置いてありますか?まだのようでしたら、たとえ花1輪でも置くようにすると、機械に囲まれた無機質な空間が華やかになりますからお勧めです。

お花や観葉植物は、置いてある空間の空気の浄化をしてくれるだけでなく、気の流れを整えてくれて運気を良くしてくれます。

色・形・匂い、によって五感が刺激され、キレイなものをキレイと言える情緒豊かな感情を育ててくれます。この感情を持ち合わせている人は、チョットした変化にも敏感なためすぐに分かります。

 

(7)よく噛んで食べることで若返りの酵素が出るのです

平成生まれの現代人は、噛む回数が減ったためアゴへの刺激がすくなくなり、シュッと細くなったスマートなアゴ先へと骨格が変化しているようです。

もう一つの大きな特徴は、丼ものやファーストフードなど、あまり噛まなくても良い食事が多いため胃腸に負担が掛かり、消化吸収が上手く行われないばかりか、コレステロールや血糖値が高くなってしまうのです。

食事の時間は最低でも15分は掛けるようにし、噛む回数を増やすことで細胞の若返りや消化吸収を促す酵素「アミラーゼ」「オキシターゼ」「パロチン」が分泌され、胃腸の働きも正常になり負担も軽減されます。

どうしても15分の食事の時間が確保できない方は、食後に無糖のチューイングガムを20分ほど噛む習慣をつけることで、同様の効果を得ることができます。

これら7つのエイジング習慣をコツコツと実践し始めて、3ヶ月ほど経過する頃から

徐々に「美力」が目覚め始め、見た目年齢が若返ってくるでしょう!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

目指したのは自然の循環の中で育つ「大人の美髪」です

140530-KB059-medium_5286315422
photo credit: orestART via photopin cc

髪にとって「栄養補給」や「補修補正」は本当に必要なの?

元気な髪を育てるために、好き嫌いはできる限りなくし「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」のバランスの取れた食事を心掛けましょう!と声掛けはしてみるものの、

見た目にスグに変化を感じ取れるような簡単にできる手当てであったり、抜け毛や切れ毛が急激に増えたような痛い思いをしない限り、

体の中から変えていくような地道なお手入れはダイエットと同様に、実践し始めてもなかなか長く続けるところまではいかないのが現実です。

 

自然の循環システムとトリートメント

私たち人間は大気中の「空気」を吸って細胞を育てるエネルギーに変え、「二酸化炭素」を吐き出します。

そして、私たちが口から吐いた「二酸化炭素」を、植物が成長するときのエネルギーに変えています。

このように地球上の生物は、お互いに足りないものを保管しあって循環させることによって生命を維持しているのです。

これは、私たちの髪の毛でも例外ではありません。

あなたは、人間の髪の毛は「トリートメントによって健康を維持している」と思っているかもしれません。(約9割の方が同様の意見かと思います)

私も美容界に入りたての頃はそう信じて、疑うことはありませんでした。

しかしながら、どんなに品種改良をされた新しいタイプのトリートメントや整髪料類を使っても一時的に手触りが良くなるだけで、一向に枝毛などのダメージは改善してきません。(まさか、トリートメント自体に非があるとは思いもよりません)

広がった髪のボリュームを抑えたり、髪型がうまくまとまらない時に使用する、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ヘアワックス、等も例外ではありません。

髪にとって「栄養補給」や「補修補正」は本当に必要なのだろうか?と、どんどん疑いが深まって行ったことがつい昨日のことのように思い出されます。

その後、理想とするプロダクツに運命的な出会いを果たし、医療系の毛髪化学や皮膚科学を講義を受ける中、

髪は、三大栄養素である「空気」「ミネラル」「皮脂」の自然エネルギーを循環させて健康を維持していることを学び、

如何にトリートメントを始めとする整髪料類が、自然の摂理(ヘアサイクル)から外れているか、自然の循環には必要のないものかを知ることが出来たおかげで、

これらのトリートメントを始めとする整髪料類に頼ることなく、オトナの女性が内側から醸しだす「大人の魅力」と「大人の美髪」を引き出すサポートが可能となったのです。

あなたは髪を痛めるトリートメントや整髪料類に頼っていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

「黒髪」に佇む大人キレイの魅力「茶髪」に感じる優しさ明るさ

「黒髪」にすれば誰でも清楚になれる訳ではありません!?

140318-CSR008-medium_4334456172
photo credit: Brandon Christopher Warren via photopin cc

私は1980年代のバブル期に青春時代(20代)を過ごしていますから、当時の身に付けるファッション・部屋を飾り付けるインテリア・食べるもの…等に対する、凄まじいまでの消費意欲は今では考えも及びませんし信じてもらえないことも多いような気がしています。

 

「黒髪」はお肌の透明感と瞳の力強さのバランス調整が必要

最近は経済が回復傾向にあると盛んにニュースなどで語られていますが、洋服(ファッション)や髪色が「黒色」の力強さに傾きかけていることからも、信ぴょう性があるのでは?と思われます。

バブル期の1980年代は力強いビジネスマン像が好まれ、若い女性にも黒髪、太い眉がはやった。だが「90年代に景気が悪化すると女性らしさが重視されるようになり、優しく見える明るい髪の色が広がった」。

1980年代のバブル期のファッションで代表的なものといえば、BIGI・NICOLE・MELROSEなどのDCブランド(デザイナーズキャラクターブランド)いわゆる若手からベテランまでの新進気鋭のデザイナーや色々なジャンルの有名キャラクター達がデザインしたブランドの数々。

中でも、頭の天辺からつま先まで黒ずくめのファッションが大流行し、至る所を見渡しても黒一色に映る所から「カラス族」などと呼ばれてもいました。当時の私は、人と同じことが大嫌いでもあり、パステル調の淡い色使いのファッションを好んでいましたから、黒色の洋服は冠婚葬祭以外殆ど着ませんでした。

 

白く透明感のあるお肌

つきたてのお餅のような、白くて柔らかい透き通ったような透明感があるお肌は、「黒髪」が備える凛とした力強さにも引けを取りません。

反対に、黄色みがかったオフホワイトが似合う自然な色合いのお肌は、残念ながら「黒髪」の力強さには負けてしまいます。アゴ先から耳下にかけてのアゴのラインに、黒色の強さに負けて影ができてしまいます。

 

黒目が大きくパッチリとした力強い瞳

パッチリ見開いた、黒目の大きい瞳や眼差しは、「黒髪」の力強さにもベストマッチして、清楚なイメージも印象づけます。

瞳の色が濃い茶色や明るい茶色を示していたら、「黒髪」ではなく「濃い茶色」「自然な茶色」で優しさとナチュラルさを。

「黒色」が流行りだからといって、皆が皆「黒髪」が似合うわけではありません。あなただけが持つ個性を知り磨きを掛けていくことが、大人キレイを輝かせる唯一の方法ではないかと私は思います。

大人キレイの魅力は流行に左右されない凛とした力強さによって育まれる♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

本日のエントリーの参照サイト

黒髪回帰:ナチュラル志向 AKB48の影響も黒髪回帰:ナチュラル志向 AKB48の影響も