パーマが掛からなかったのは、私の髪質が悪いから?

140125-MO037-medium_1430793911
photo credit: pudgeefeet via photopin cc

どうして私の髪質が悪者にされなければいけないの…。

ココしばらくは時間がなかったため、ずっとカットのみで済ませていました。

毛質がスットントンの真っ直ぐなため、ストレートヘアが私のトレードマークにもなっていた程。

ただ、髪型がマンネリ気味になっていたのと「毛先に動きとカール感」が欲しくて、約3年ぶりにパーマをリクエストした、浜松市南区在住のS・Tさま。

しかし、約3年ぶりに掛けたパーマは時間ばかりが掛かった上、毛先のカールが真っ直ぐに近い状態で、リクエストしたパーマには程遠い状態。

たしかに私も自宅で色々な整髪料を使っていましたが、それだけならまだしも、最後の最後に言われたひと言に唖然としてしまいました。

S・Tさまの今日の髪質はハリ・コシが不足していて、パーマが定着しにくい状態だったせいか、ご希望より少し伸びたようなカールになってしまいました。

リクエスト通りもしくは近い髪型に仕上がっていれば許せますが、カールではなくストレートに近く全然程遠い状態。

今回のケースはどう考えても、「施術をしてくれた美容師さんの責任ではないのでしょうか?」との相談をいただきました。

 

パーマの掛かりや定着に影響を与える要素

一般的にパーマの掛かりや定着に影響を与える要素としては、

・髪内部のタンパク質の状態
・ハリ・コシの強度
・キューティクルの損傷度
・髪の太さ
・ヘアカラーの有無と回数
・パーマの有無と回数
・縮毛矯正歴
・使用しているセット剤の種類と有無
・使用しているシャンプー・トリートメントの有無

などが関わってきます。

 

失敗を認めたがらないプライド

美容師さんは、上記のような髪質や状態の情報を元に使用する薬液の強さを決めていきます。

予め得た髪の情報や、来店時の髪の状態を把握した上で、パーマの薬液の選定や施術に入るわけですから、もし希望とは違うパーマの掛かり具合や髪型の仕上がりになっていたとしたら、それはもう美容師さんの責任といえるでしょう。

「今回パーマの掛かり具合が悪く希望の髪型に仕上がらなかったのは私の施術ミスです。誠に申し訳ございません。」と素直に謝ることが出来ていれば、クレームとなってしまうことがなかったハズ。

しかしながら、プライドだけは人一倍高く、素直にミスを認めて謝らない美容師さんがとても多いことに驚かされます。

そして、挙句の果てには、今回のお悩み相談を頂いたS・Tさまのケースのように「パーマが掛からなかったのはお客様の髪質が悪いから」といった責任転嫁によって、精神的に傷ついてパーマがトラウマになってしまうケースが相次いでいます。

美容師には、お客様から頂いた対価以上のものをお返しする義務があるのです。

パーマが掛からなかったのは、決して「あなたの髪質が悪いからではありません」ので安心して下さい!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

パーマの掛かりと薬の服用について学んだこと

パーマ液の強さや前処理を工夫しても毎回パーマの掛かりが悪いケースがあったのです!

140125-MO037-medium_1430793911
photo credit: pudgeefeet via photopin cc

施術前の問診で予め顧客様から「パーマの掛かりが悪い」事はお聞きしていましたので、お肌に負担がかからないように色々工夫を加えながらパーマの施術を行い、長時間掛かってやっとパーマは掛かったのですが、その後一周間もしないうちに取れてしまったのです。

 

毛髪の成長と薬の服用履歴

その日一回だけでしたらそれほど問題視しなかったと思うのですが、毎回パーマが掛かるまでに長時間を要しても定着が悪くすぐに取れてしまうことから、髪質が原因かと思いました。

しかし、15年来アドバイスや勉強会を開催いただいている小島化学株式会社の社長様に相談すると、以外な答えが返ってきました。

髪質ではそこまでのケースはあり得ませんから、次回その顧客様が来店されたら「お薬の服用歴を訪ねてみてください」と言われ、抗ガン剤、ホルモン治療薬、血圧を下げるお薬、…等を服用していたら「パーマやヘアカラーに影響があります」とアドバイス頂きました。まさか、薬の成分が髪にも影響を与えるとは考えも及ばなかったのは、言うまでもありません。

そこで、高血圧治療薬を調べたら、毛髪のホルモンバランスの指令を司っている自律神経等に影響があることがわかりました。

高血圧治療薬
高血圧の最終的な治療目的は脳卒中や心不全などの二次的疾患を予防し、生命予後を改善することにある。高血圧の発症には食生活や喫煙などの生活習慣が大きく関与することから、基本的にはこれらを改善することによる治療(非薬物療法)が試みられるが、目標値が達成不可能である場合には薬物治療が行われることになる。血圧のコントロールは自律神経系やレニン-アンジオテンシン系(RA系)をはじめとした液性因子などによって行われており、現在発売されている降圧薬は主にこれらの機構をターゲットとしている。

薬に含まれる様々な成分は胃腸で消化され、血液に乗って身体の各器官へと運ばれることによって効き目を発揮しています。その際、髪の栄養分や不要となった老廃物等と一緒に、最終処分場である毛根へも少なからず運ばれていることが考えられます。

そして、毛根から取り込まれた薬の残留成分や老廃物等は、髪の成長とともに髪の中に異質物として定着し、シャンプーを繰り返しても残留し続けるのです。

この老廃物となった薬の成分が、パーマ液やヘアカラー剤の化学反応に何らかの影響を与えて作用しにくくしていると考えられます。ですから、パーマやヘアカラーの薬剤をきちんと作用させるには、シャンプーやトリートメントをいくら繰り返してもダメで、「パーマやヘアカラーの施術前に金属類の残留物や老廃物を髪の中から取り除く手当を要するサロンでのみ」施術が可能となり、パーマの掛かりやヘアカラーの色持ちが改善されるのです。

パーマの掛かりやヘアカラーの色持ちは、薬の服用履歴によって変わります♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より