87%が嘘でしょと嘆いた!育毛剤をつけただけではツヤ髪は育たない?

130811-7R-03-05-00-DSCF0378

ハリとツヤのある髪を育てようと、毎日育毛剤をつけていました!

『40歳を過ぎたあたりから急に髪が痩せて細くなってきたので、20代の頃のような髪にハリとツヤを取り戻したくて、毎日育毛剤をタップリつけてからドライヤーで乾かしていました。』浜松市中区在住のT・Sさん。

T・Sさんの他にも、サロンに初めてお越しいただいた100人の方に育毛剤についてお聞きしたところ、実に87人の方が「育毛剤をつければ髪のハリとツヤが甦ると思っていた」とお答えいただいております。

 

育毛剤をつけただけではツヤ髪は育たない

これだけ盛んにテレビコマーシャルが行われ、新聞の紙面や折込広告などで毎日のように目にしていれば、どうしても育毛剤の効果に期待をしてしまうのも止む終えません。

その反面、プロである美容師や美容家の方々が正しい育毛のメカニズムをきちんと理解してお客様にアドバイスをしていないのでは?という疑問も無きにしもあらず。

 

育毛剤を使用する前に行う手当て

このエントリーのタイトルにもあります通り、ただ闇雲に育毛剤を振り掛けても殆ど効果は発揮されず、無駄金をドブに捨てているのと同じこと。

育毛剤の持っている力を100%引き出すためにはまず初めに、シャンプーだけでは落とすことが出来ない!頭皮や毛穴を覆っている皮脂や老廃物をお掃除する専用の手当てで、環境を整えなくてはなりません。

そして、この頭皮と毛穴専用の手当てで「育毛剤が浸透していくための通り道」を確保する必要があるのです。

これからは、その日の汚れはその日の内に!を合言葉に、皮脂を取り過ぎない頭皮と毛穴専用の手当てで、ハリとツヤのある美しい髪を育てていきましょう♪

あなたの通われているサロンでは「育毛剤の力を100%引き出すための手当て」を教えてくれましたか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

【細毛対策】毛穴の間隔が広いとはどのような状態なのでしょうか?

つむじ周りの毛の量が何となく少なく感じられる。

140423-QA034-keana
photo credit: おとなキレイ向上委員会

以前に比べて毛の生え方の密集具合が減って、シャンプーする時、引っかかる感じがせずに指が“するっ”と通ってしまう。この様な症状を感じ始めたら、毛穴の間隔が広くなっているかもしれません。

 

毛穴の間隔が広がってしまう7つの要因

毛穴の間隔が広がってしまうのは、皮脂の過剰分泌、油脂成分の詰まり、毛細血管の縮み、サプリメントの過剰摂取、栄養バランスの偏り、代謝不良、ホルモンバランスの乱れ・異常、等の要因が考えられ、すぐに症状が悪化してしまうのではなく半年から1年の時間を掛けて、少しずつ毛穴が塞がれてしまうことで起こります。

 

皮脂の過剰分泌

普段の食事で、脂っこい揚げ物やお肉の脂身、マグロのトロ、塩分の効いた食事などをたくさん摂っている食習慣を続けていると、毛穴の中の皮脂腺からの皮脂の分泌が過剰気味になってきます。

 

油脂成分の詰まり

整髪料等に配合されている天然の植物由来の濃密な油脂成分が、皮脂に混ざりこんで毛穴を詰まらせるケースもあります。

 

毛細血管の縮み

喫煙による一酸化炭素中毒症状で、毛細血管が“キューッ”と縮んで、血液の流れが滞ることで髪の製造工場への栄養分の配給が少なくなってしまい、切れたり抜けやすい栄養失調の毛が育ってしまいます。

 

サプリメントの過剰摂取

サプリメントの中でも、ビタミン類(皮膚はビタミンAから)を過剰に摂取していると身体に対して毒になってしまうので、できるだけ野菜や果物から摂るようにするのがベターです。

 

栄養バランスの偏り

タンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラル、を多すぎたり少なすぎたりしないように、バランスよく摂取することが大切です。栄養の偏りは、うねりや切れやすい等、髪質を悪くしてしまいます。

 

代謝不良

身体の新陳代謝が悪くなってしまうと老廃物が溜まりやすくなり、栄養が髪の製造工場まで届きにくくなってしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れ・異常

女性ホルモン、男性ホルモンの分泌が乱れたり、甲状腺ホルモンの異常で、抜け毛症状が進行して、毛穴が塞がってしまう。

最近髪が細くなってきたせいか、分け目やつむじ周りも気になります。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

参照サイト

毛量が減ってきたと感じ始めたときの毛穴事情〜美人髪を育てる7つのレシピ【毛穴ケア編】 | おとなキレイ向上委員会

 

頭皮や毛穴のコンディションは全て同じではなく、場所によってベタついたり乾燥気味だったりするのは何故?

お湯の温度や力加減が少し違うだけでコンディションは変わってしまうのです!

140201-KB043

【頭皮の状態】
photo credit: おとなキレイ向上委員会

私たち人間の頭皮や毛穴は健康な状態の他に大きく分けると、油分の分泌が多い「ベタつきタイプ」、油分の分泌が少なく水分が蒸発しやすい「乾燥タイプ」に分けられますが、頭全体が全て同じコンディションにあるという訳ではなく、場所によって様々な違いがあるのです。

 

頭皮や毛穴が場所によって様々な違いを生む要因

現在の美容の常識と言われているものの中には、ゆすぎ(すすぎ)の仕方やシャンプー法を1つとっても、お湯の温度・お流しの仕方や力加減・使用する指の部位・シャンプー剤を付ける量…等、さまざまな常識が存在します。

そして、これらのほんのチョットした相違が、頭皮や毛穴のコンディションの違いを生む要因となるのです。中でもとりわけ影響が大きい「お湯の温度」「力加減」「シャンプー剤の使用量」の3つの要因について記しておきます。

 

シャンプーやゆすぎ(すすぎ)に使用するお湯の温度

頭皮や毛穴を痛めず、適度に汚れを落としてくれるお湯の温度は「36〜38度」となります。

よく熱いお湯で洗うのが好きという方がおりますが、温度が高いほど汚れは落ちるのですが油切れを起こしやすいため硬くゴワゴワになったり、皮脂が過剰気味になってベタベタなコンディションになってしまいます。

また、毛の厚みがあったりシャワーの当て方が悪かったりすると、お湯がキチンと当たる所と少ししか当たらない所で汚れの落ち具合が変わり、コンディションにも差が出てしまいます。

 

シャンプーやゆすぎ(すすぎ)時の力加減

毛穴に指の腹がキチンと当たって適度な刺激を与えると汚れは綺麗に落ちますが、洗い終わった後にヒリヒリ感が残る程の強い力で洗うと、強すぎる刺激が自律神経や皮脂腺の働きを狂わせてヘアサイクルが早まり、フケがたくさん出たり乾燥した頭皮になってしまいます。

反面、力が弱すぎて毛穴や頭皮に届いていない状態では、汚れが落ちずにベタついてしまいます。

 

シャンプー剤の使用量

シャンプー剤を多めに使用してタップリ泡立てて洗うと「汚れがシッカリ落ちた感じがして気分もスッキリする!」。これでは潤いに不可欠な皮脂が必要以上に奪われてしまうため、フケが出てしまったり乾燥してカサカサになってしまいます。

また、いくらシャンプー剤をたくさん使っても、場所によって多かったり少なかったりと付く量がまばらになってしまうと汚れの落ち具合も変わるため、コンディションにもベタつきやカサつきといった違いが生じてしまいます。

シャンプー剤の使用量は、少し泡立ちが少ないかな?と若干少ないと感じるくらいが、頭皮や毛穴にとっては刺激が強すぎなくて良いのです。

ネイルをしているあなたは、爪による引っ掻き傷を防ぐためにも「スカルプブラシ」の使用をオススメします♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

おすすめのスカルプブラシ

特許仕様の植え方とブラシの先球が、頭皮を傷つけることなく毛穴の汚れもシッカリ落として健やかに洗いあげてくれる、プロにもファンが多いスカルプブラシです。

 

頭皮(毛穴)ケアって何歳から始めれば良いの?

昨今の美容雑誌では、こぞって特集が組まれたり整髪料のCMでも取り上げられている…「頭皮(毛穴)ケア」あなたはご家庭で実践されていますか?

131208-QA020-medium_7676555602
photo credit: RelaxingMusic via photopin cc
 

頭皮(毛穴)ケアって何歳から始めれば良いの?

昨今の美容雑誌では、こぞって特集が組まれたり、整髪料のCMでも取り上げられたりしている「頭皮(毛穴)ケア」ですが、あなたはご家庭で実践されていますか?

私のサロンでは、18年前から実践していますので何の違和感も感じませんが、何故いま「頭皮(毛穴)ケア」がココまで注目されるようになったのか?

そして、何歳から「頭皮ケア」を始めれば良いのか?これらの疑問にお応えしていきたいと思います。

 

頭皮(毛穴)ケアに何故スポットが当たるの

「頭皮(毛穴)ケア」がこれだけ注目されるのには、抜け毛・細毛・薄毛や地肌の炎症など、髪や頭皮のトラブルによる生育不良で悩まれている方が、右肩上がりで増加し続けていることが背景にあります。

これらの症状を引き起こす一番の原因とされているのが「毛穴と地肌の脂汚れ」。

シャンプーだけでは落としきれない!この「毛穴と地肌の脂汚れ」を落とす為には専用のケアが必要ということで、各美容メーカーがこぞって力を入れている訳です。

しかし、「毛穴と地肌が脂汚れで詰まってしまう」のは、体の代謝不良・睡眠不足・偏った食事・夜型生活も多少は影響しますが、髪に必要としない整髪料の使用過多、が最も大きな要因と私は考えています。

 

傷んだ髪を保護しているのにダメージは悪化

10年ほど前には髪の悩み相談といえば、40代以降の方が圧倒的に多かったのですが、ここ5年ほどの間にどんどん低年齢化していき、今では相談者の2割は10〜20代前半の学生が占めています。

中学生〜高校生というと、オシャレに対する関心が高く、シャンプー・トリートメント・セット剤などの様々な整髪料や美容器具を駆使して、気に入ったヘアスタイルに仕上げています。

そして、髪の健康よりも簡単便利な物を重視する傾向にあるため、髪や頭皮が悲鳴を上げる!傷みやトラブルが深刻な状態に。

傷んだ髪を保護していたつもりが実は、新しく生えてくる髪のダメージをも悪化させていたのです。

これらの事を踏まえると、「頭皮(毛穴)ケア」は中学〜高校生年代(13〜18歳)位から始めるのがベターかと思います。

 

「頭皮(毛穴)ケア」は健康な髪を育てるための基本

毛穴から出ている髪(毛幹部)は、一度でも傷ついてしまったら、どんなに優秀な美容成分を駆使しても元通りには修復出来ませんから、サロンでもご自宅でも傷んだ髪を今以上に悪化させないヘアケアが必要です。

それプラス、これから生まれてくる髪を健康な状態で生育するための環境を整える「頭皮(毛穴)ケア」です。

この2本柱を中心にしたヘアケアを行ないながら、食事や生活習慣を改善して始めて「健康で美しいツヤのある髪」が実現します。

ただ、シャンプー前にひと手間加わる訳ですから、習慣づくまでは挫けそうになる事もあるでしょうが、そのひと手間の愛情があるからこそ髪を愛おしく感じるのです。

人を好きになるのと同じ位「髪」にも愛情を注いであげて下さい♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

HA002 毛髪の太さは“毛穴の広さ”だけでは決まらない?

よく、毛穴に皮脂が溜まって狭くなると毛髪が細くなってしまうと言われていますが、要因はそれだけではありません。

 

毛髪の太さは“毛穴の広さ”と“毛穴の深さ”で決まる

130725-KB015-hair_kozo_tohi_moukon2
photo credit: おとなキレイ.com

毛髪は、一般的には男性よりも女性、子供よりも大人の方が太く、年齢により太さに変化が生じると言われています。

個人の生活状況やその人の持つ体質などにより多少の差はありますが、女性では23歳前後、男性では20歳前後に太さがピークに達し、それ以降は徐々に細くなっていきます。

この様に年齢とともに髪にボリュームやハリがなくなっていくのは、新陳代謝の低下による太さの変化が要因の一つと考えられています。

そして、日本人の毛髪の太さは平均すると大体0.05~0.15ミリくらいで、

「毛穴の広さ」と「毛穴の深さ」によって髪の太さが変わると言われています。

広く深い毛穴の毛髪は太く、逆に狭く浅い毛穴の毛髪は細いのです。

ただし“太いから硬い”“細いから柔らかい”とは限らないのです。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

7R-03-04 近頃、毛量が減ってきたと感じ始めた40代のあなたへ

分け目の部分の毛の量が少なくなってきて、頭皮が透けて見えるように感じるのは気のせいかしら?

photo credit: <a href="http://www.otonakirei.com">おとなキレイ.com</a>
photo credit: おとなキレイ.com

美人髪を育てる7つのレシピ【毛穴ケア編】も本日で第5回目。

前回は頭頂部の髪がぺしゃんこになってしまう“弾力”と“筋力”の低下というテーマで、根元の立ち上がりに不可欠な毛髪の弾力と毛穴を支える筋力の低下について、お送りいたしました。

今回は、「毛量が減ってきたと感じ始めたときの毛穴事情」について解説させていただきます。

 

目次/美人髪を育てる7つのレシピ【毛穴ケア編】

(1)10年後のおとなキレイを叶える“未来志向型ケア”(目的)
(2)抜け毛・細毛になる毛穴と健康な毛穴の違いをご存知ですか?(現状把握)
(3)ハリとツヤのある毛髪を育てるトリートメントより大切な「毛穴のアンチエイジング」(原因と対策)
(4)頭頂部の髪がぺしゃんこになってしまう“弾力”と“筋力”の低下(弾力と筋力)
(5)近頃、毛量が減ったと感じ始めたときの毛穴事情(毛穴の大きさと深さ)
(6)健やかな毛穴を育てるために必要なバランス調整(代謝とバランス調整)

 

毛量が減ってきたと感じ始めたときの毛穴事情

仕上がった髪型を鏡でチェックしていたら「以前より、分け目の部分の髪の毛が細く量が少なくなった?」「頭皮が透けて見えるように感じるのは気のせい?」

信じたくはないけど、ここ最近分け目がクッキリ見えるし、ボリュームの持ちも悪くなってきたから、「やっぱり髪が細くなってきたのかな?」

 

毛穴の広さと深さは確保されていますか

毛髪の太さは、「毛穴の大きさ(広さ)と深さ」に比例すると言われています。 たとえ洗浄力の強いシャンプー剤を使ったとしても、毛穴の奥の汚れや老廃物は落とせないため、毛穴専用のケアが必要となるのです。

130725-KB015-hair_kozo_tohi_moukon2
photo credit: おとなキレイ.com

毛穴の大きさ(広さ)と深さがしっかり確保できていれば毛髪は太く、反対に、上記の図の様に角栓や脂栓等の汚れや老廃物がたまって小さく浅い毛穴の場合は細い毛髪となります。たとえ毛髪が子供から大人への成長過程や大人の成毛となってからでも、太くもなり細くもなってしまうなど、毛髪の太さは毛穴の状態に左右されるのです。シャンプー剤を変える云々よりも先ず毛穴状態のチェックを行ないましょう。

 

毛髪の細さや量の少なさを自覚し始める前に毛穴チェック

ある日突然、毛髪が細くなることは先ず有り得ません! 数ヶ月〜数年前から様々な事情が重なり、毛髪が細くなる兆候が始まっていたものと思われます。そのペースは亀の歩のようにジワリジワリとゆっくりしたスピードで徐々に進行して行くため気が付きにくく、毛髪の細さや量の少なさを自覚し始めた時にはかなり進行しているのです。

130810-7R-03-04-01-keana
photo credit: おとなキレイ.com

では、毛量が減ってきたと感じ始めたときの毛穴や毛髪がどの様な状態となっているかは、上記の図をご覧ください。

毛穴の表面まで皮脂や老廃物が盛り上がって、太い毛髪の中に細い毛髪が混ざっているのがおわかり頂けますでしょうか。 この状態の毛穴が多く毛穴と毛穴の間隔が広いほど「毛量が少なく頭皮が透けて見える」と感じてしまうのです。 ですから、2〜4週間に一度は髪の専門家に毛穴の状態をチェックして頂くことをお勧めいたします。

 

毛量が減ってきたと感じ始めたときの毛穴事情での要点

• 毛髪の太さは、毛穴の大きさ(広さ)と深さに比例する
• 毛穴の大きさ(広さ)と深さがしっかり確保できている毛髪は太い
• 角栓や脂栓等の汚れや老廃物がたまって小さく浅い毛穴の毛髪は細い
• 成長過程や大人の成毛となってからでも、太くもなり細くもなってしまう
• 2〜4週間に一度は、髪の専門家に毛穴の状態をチェックして頂く

あなたは毛が細くなったら育毛剤を付ければ解決できると考えていませんか?

次回は「健やかな毛穴を育てるために必要なバランス調整」について、お届けする予定です。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より