受動喫煙の恐怖|おとなキレイを脅かす分煙化を進めてきた弊害

140620-NT038-medium_11723938606
photo credit: Mike Shaheen via photopin cc

分煙化によって、健康被害だけでなく生活を脅かすケースが有るとは?

本日、朝日新聞のメールマガジンにて拝見した「無煙化の陰で:上・下」の記事で紹介されていました。

欧米で行われている分煙や禁煙の政策と比べて、まだまだ日本が行っている政策は生ヌルイとの指摘も、チラホラ聞こえてきます。

わたし自身、元喫煙者ですから、「喫煙者の理解して欲しい気持ち」と「非喫煙者の止めて欲しい気持ち」

喫煙・非喫煙のお互いの主張したい気持ちが良くわかるだけに、落とし所が難しいと思います。

 

分煙・禁煙を進めてきた政策の思わぬ弊害

6月17・18日と2日続けて、朝日新聞に掲載されていた「紫煙集中、暮らし脅かす」、「同僚や隣人の煙に悩まされる」といった分煙や禁煙にまつわる記事。

■すっかり肩身が狭くなった愛煙家。東京都心では喫煙者の「一極集中」が起き、思わぬ弊害も出ています。「周囲に気兼ねなく、一服したい」と彼らが向かう先は?

無煙化の陰で:上

▼公共スペースの禁煙化は進んでも、同僚や隣人のたばこの煙に、人知れず苦しんでいる人もいるようです。周囲とぶつからず、効果的に煙を避ける方法とは?

無煙化の陰で:下

喫煙による煙は、吸っている本人より受動喫煙による周りの方への健康被害の影響が大きく出てしまうことへの理解が、まだまだ足りないように思う。

かと言って、時間を掛けずに一気に排除の方向に舵を切ってしまうと、数少なくなった喫煙場所へ多くの愛煙家が集中してしまい、

洗濯物に付く臭いや子供の遊び場への侵入といった、その周辺に住む住民の暮らしや健康に影響が出てしまうケースも有る。

さらに、職場・近所・家族間などの密閉された建物内での喫煙は、いくら換気扇を回していても受動喫煙の被害は完全には防ぎきれず、

従業員・住民・家族に思わぬ健康被害やトラブルが出てしまうなど、節度を持った心配りが必要といえます。

喫煙は、おとなキレイの実現に対してもブレーキを掛けてしまうことがわかっています。

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は、身体内部の血管をキュキュっと縮めて血液の流れを悪くすることによる栄養不足を招き、

お肌と髪のツヤ、ハリ・コシといった弾力、ビタミンCを始めとしたビタミン類をうばうだけでなく、

お肌の決めが荒くなってシミやシワが目立ち始め、、、

見た目の美しさが次第に半減してしまうのです!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

繊細な嗅覚と味覚を手にすると大人キレイにも磨きがかかる

約30年にわたり失われていた繊細な嗅覚・味覚が蘇ってきた♪

131217-CO050-medium_2755982505
photo credit: avlxyz via photopin cc

このコーヒー、こんなに薫り高かったかな?、母親が毎日作ってくれるお味噌汁、こんなに円やかだったんだ?…など、サロンやマイホームにて感じた、何もしなくても香りが漂っているものから、口に含んだ時にフワァ〜っと広がるものまで、とにかくこんなに“味”や“香り”に一喜一憂するなんていつ以来だろう?

 

禁煙によって向上したアンチエイジング効果

顧客様から頂いたひと言が切っ掛けで、2013年11月11日より禁煙外来に通い始め、11月18日より禁煙をスタートさせてから本日でちょうど1ヶ月が経過。

振り返ってみると、始めの3日間が最も苦しかったのですが、そこを乗り越えたら禁断症状が出ることなく、意外とスムーズに今日まで来ています。

今までに3回の禁煙を経験済みのため、食べ物が美味しくなることは事前にわかっていましたが、今回は以前の3回に比べ甘味と酸味の2つに繊細な嗅覚・味覚が蘇ってきて、私自身もびっくりしています。

この2つの繊細な嗅覚・味覚の蘇りを感じ始めたのは、禁煙をスタートして5日目。この日は早朝から朝活に励み、休憩時にコーヒーを飲もうと豆を挽いた時の薫り、コーヒーメーカーから沸き立つ湯気から漂う芳香にいつもより広がりを感じ、口に含んだ時の舌触りやノド越しに加え鼻腔を抜ける深い香りに微笑み、日に日に味・香りセンサーの感度は増していったのです。(約30年もの間、繊細な味・香りセンサーにタバコ臭で蓋をしていたなんて何ともったいない…。)

味や香りに一喜一憂することなくただ普通に飲食しているだけでは、見た目にもこれといった変化は見られませんが、そこに繊細な嗅覚と味覚でより深い味わいと薫りを堪能することができる楽しさが加わるだけで、笑顔の連鎖による精神面の高揚感が体内の細胞やホルモンの活性化を生み、アンチエイジングによる大人キレイにも磨きがかかっていると思われます。

その証拠に、髪のボリューム感や爪のツヤが以前より少し向上しています。

ただ、禁煙外来に通い始めてまだ1ヶ月足らず。このまま残り2ヶ月間も気を抜かずに、タバコとはきっぱり縁を切るよう精一杯頑張ります。

「しかし、こんなにすんなりタバコから離れられるなら、もっと早くから始めればよかった♪」これが約30年にわたり繊細な嗅覚・味覚が失われていた今の私の偽らざる気持ちです。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

老ける習慣とはキッパリと縁を切る