抜け毛対策とストレス、抜け毛対策で一番初めに取り組まなくてはならない最重要課題とは?

130810-7R-03-04-00-021
photo credit: おとなキレイ向上委員会

抜け毛症状がなかなか改善に向かわない方々の共通点は、不安要素にとらわれてしまう所にあります。

「もしこのまま抜け毛の増加が止まらずに薄毛になってしまったら?」

抜け毛増加に関する未来への不安ばかりを考えていては治るものも治らなくなり回復が遅くなるばかり、

ですから一刻も早く不安を勇気に変えてくれる専門家からのアドバイスが必要になるのです。

 

抜け毛の傾向と対策

ここ5年ほどの抜け毛の傾向を追ってみると、以前のように季節的な要素やヘアケアの様な外的要因よりもむしろ

「ストレス」や「将来の不安」…等、メンタルなどの内面的要因が関係しているケースが増加傾向にあります。

 

テレビコマーシャルは間違いだらけ

一方でテレビコマーシャルなどの影響からか、育毛剤や薬用トニックを使用すれば簡単に抜け毛は改善していくのでは?と思っている方が多いのも事実です。

目安としては、育毛剤や薬用トニック類を使用し始めてから、1〜2週間使い続けても何ら変化が見られない場合は使用を中止することをお勧めいたします。

 

ストレスを甘く見すぎていませんか

精神的なストレスが引き起こす「抜け毛」は、本人にあまり自覚がない故、症状の発見や回復を遅くしてしまっており、
気がついた時には症状が悪化気味のケースが近年増加傾向にあります。

中でもSNSを通した希薄なコミュニケーションによる疲労、職場の人間関係のストレスは身体の疲労を増大させ、
知らず知らずのうちに抵抗力や免疫力を低下させてしまうだけでなく、

毎日生まれ変わっている細胞が不健康な状態で生まれてくる確率を高めてしまいます。

ですから、抜け毛対策で一番初めに取り組まなくてはならない手当ては、育毛剤や薬用トニックを使う事ではなく、

「栄養バランスの整った食事」「夜中の12時前の睡眠」の生活習慣が精神的ストレスを軽減させて健康な細胞を生み、抜け毛症状の悪化を予防するための最重要課題となります。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

5年後の「薄毛の可能性」を左右する!お洒落思考と安全安心志向

130626-BR002-hair-diet-510x3601

お洒落な髪型を追求するほど髪を加工し続け、薄毛の可能性が劇的に高くなります♪

私は、23年前のサロン勤務時代からこの事実に気付き始め、18年前の理想のプロダクツとの出逢いで確信に変わりました。

 

有名メーカーのお洒落思考、弱小メーカーの安全安心志向

大手の美容メーカーには、新しい商品の開発を行う専門の研究所があり開発予算も毎年億単位で計上され、3ヶ月〜半年で新商品が新たにラインナップに加わります。

一方、小さい美容メーカーは同じような商品群では大手に叶いませんので必然的に、大手が手を付けることが出来ない隙間を探しだしてアプローチするしか道はありません。

私のサロン勤務時代は、常に流行を追いかけるお洒落思考の営業をしていたこともあり、大手の美容メーカーの開発商品を使用。

パーマやヘアカラーの力を借りて形や色を変え、トリートメントやスタイリング剤をはじめとする整髪料類を駆使して、ツルツルピカピカな手触りや流行の髪型に仕上げるための加工を繰り返していました。

そのため、必然的にサロン内で使用する薬剤や整髪料類の使用サイクルは短くなり、お客様が気に入ってくれた頃には新しい整髪料類に入れ替わり、古い商品は切り捨てられていきます。

お客様の髪が健康になれば納得もいきますが、新しい製品に切り替わっても手触りやツヤに満足を得られるのは最初の2週間ほど。

それ以降は使えば使うほどどんどんコンディションは悪い方へと傾き、次第にハリ・コシが低下して細くなり髪型もまとまらなくなって行きました。

そんな中、お客様より「パーマやヘアカラーの施術時にお肌にシミる」クレームが上がり始め、メーカーから新製品のサンプルをいち早く取り寄せてテストしても一向に減る様子がなかったことから、大手メーカーのお洒落思考製品とはスッパリ縁を切りたい想いが決定的に…。

独立してから2年目、安心安全志向の製品を探し始めてから5年目を迎えた1996年春。

先輩美容師からパーマ講習のお誘いの1本の電話から偶然出逢った「こだわりの小さい美容メーカー」は、とにかく衝撃の連続でした。

「シルクをなめしたようなふんわり柔らかい仕上がりのパーマ」「お肌にシミないパーマやヘアカラー」「トリートメントを一切使わないヘアケア」「髪・顔・身体まで1つのラインナップで基礎のお手入れが可能」

サロンでの定期的なケアと自宅での毎日のケアをコツコツ続けていくことで、時間は掛かりますが確実に「天使の輪が輝く美しい髪」が蘇ってきます

これまで18年間サロン内でご紹介しておりますが、間違った使い方を続けたことで満足いく結果が得られずに返品された方が1件あっただけで、肌荒れ等のトラブルやクレームは1件もない、自信を持ってお勧めできる安全安心思考の製品のみを使用しています。

あなたは一年も経たずに新しく切り替わっている整髪料をお使いではありませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

頭頂部に薄毛の不安を感じている!38歳のあなたが今スグ止めるべき3つの手当て

130810-7R-03-04-00-021
photo credit: おとなキレイ.com

このまま症状が酷くなったら将来、頭頂部が細毛や薄毛になってしまわないかとても不安!?

3年ほど通っている美容院では「大丈夫ですよ!」と言ってくれているけど、、、

アドバイス通りに自宅での手当てをしているにもかかわらず、大して状態が変わらない現状を目の当たりに、、、。

将来的に細毛や薄毛になってしまわないか、とっても不安を抱えている38歳のあなた。

(1)ササッと軽く濡らすだけの「ゆすぎ(すすぎ)」
(2)モコモコの泡が立つ位「シャンプー剤を沢山」使っている
(3)スカッと爽快感を感じるトニックを毎日ふり掛けている

もし、1つでも当てはまるようでしたら、今スグ止めましょう!

 

(1)ササッと軽く濡らすだけの「ゆすぎ(すすぎ)」

ゆすぎ(すすぎ)はシャンプーよりも大切です。

もし、シャンプー前やシャンプー後のゆすぎ(すすぎ)を「ササッと軽く濡らすだけで終わり」にしているとしたら、

毛穴や地肌に皮脂汚れが残って将来、細毛や薄毛の原因になりますから、3分〜5分の時間を掛けて指の腹でしっかりすすぎましょう。

 

(2)モコモコの泡が立つ位「シャンプー剤を沢山」使っている

シャンプー剤の使用量は、少し泡が立って1〜2分位したら消えているくらいが最適です。

モコモコの泡を毛先まで付けて洗っているシャンプー法では、ハリ・コシ・潤いに必要な「ミネラル」と「皮脂」が奪われ続けてしまうため、

洗っている時にいくら手触りがツルツルして気持ちよくても、シャンプー剤をタップリ使い続けると髪はどんどん痩せ細っていきます。毛先にシャンプー剤を付けるのは止めましょう。

 

(3)スカッと爽快感を感じるトニックを毎日ふり掛けている

スカッと感じる爽快感の正体は「アルコール」です。

パッケージに「火気厳禁」「火の元注意」の表示がされている場合は、20%以上のアルコール分が配合されていると考えられます。

その他にも、アルコールが蒸発する時は地肌や髪のミネラル(水分)分を奪ったり、脱色作用で髪の色が変わったり白髪が増えたりする恐れもあります。

ゴワゴワ・バサバサな硬い髪の手触りを感じていたら、今スグお手入れ法を変えましょう!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

髪の取扱説明書の電子書籍版

スマホやタブレットで読める、健康な髪を育てるための髪の取扱説明書です。

 

プチプチ切れる顔周りの髪、このまま薄毛になってしまわないか心配です

いったい何が原因で切れてしまうのでしょうか?

140404-QA032-large_10175612
photo credit: kevinzim via photopin cc

『元々は普通くらいの太さだった私の髪。しかし、半年ほど前から顔周りの髪だけプチプチ切れるようになり、新しく生えてきた髪は産毛みたいに細く、5センチほど伸びるとプチッと切れる始末で、新しく伸びては切れる新しく伸びては切れるの繰り返しで、一向に太く長く育ってくれる気配が感じられません。このまま放っておいたらどんどん薄毛の部分が広がって、地肌が透けてしまいそうでとても心配です。』浜松市中区在住のK・Mさまより、このようなお悩み相談を頂きました。

 

切れ毛症状を引き起こす5つの原因

1日や2日程で突然切れ毛体質に変わってしまう、などということはまずありません。毎日少しずつ少しずつハリ・コシの損失が積み重なって空洞化に近い状態になった時、髪は悲鳴を上げてほんの少し力が加わっただけでプチプチ切れてしまうのです。

切れ毛を引き起こすであろうと考えられているのは、髪型を固めるタイプの整髪料の使用、ストレス、睡眠不足、夜型の生活習慣、ビタミン・ミネラル不足、などの5つが主な原因となります。

 

髪型を固めるタイプの整髪料の使用

髪型を固めるタイプの整髪料は、髪1本1本をくっつけて崩れないように、髪の表面いわゆるキューティクルを覆い隠すよう糊の成分を行き渡らせて、髪型を固定します。

持続力は、約半日程で切れてしまいますが、糊の成分は一旦張り付くと全部は落としきれないためキューティクルの開閉が思うようにいかなくなり、大気中の空気を取り入れる髪呼吸が困難になり、窒素によるタンパク構成作用が働かなくなって、ハリ・コシが弱ってしまいます。

 

ストレス

身体の中にストレスが積み重なっていくと、自律神経への指令がうまく届かなくなり、男性ホルモンと女性ホルモンの分泌量が少なくなるだけでなくバランスが乱れがちになり、髪の製造工場で毎日作られる髪の卵が不健康のまま生まれてきます。

 

睡眠不足

脳科学の研究での最新データでは、6時間半〜7時間位の睡眠時間が最適とされています。もし、睡眠時間がこのデータより少ないようでしたら、毎日夜中の4時間のゴールデンタイムに人間のあらゆる細胞が生まれているわけですが、睡眠時間が4時間だったり5時間だったりと少ないようでしたら、このように生を受けた時点であらゆる細胞の機能が低下してしまっているでしょう。

 

夜型の生活習慣

人間本来のDNAには、日が昇ったら目を開け、日が沈んだら目を閉じて床につく機能を持ち合わせています。ところが夜遅くまで目を空いていると、心の部分で興奮状態が続いてしまい、交感神経と副交感神経の指令の切り替えが上手くいかずに、自律神経からの指令も乱れがちになってしまいます。

 

ビタミン・ミネラル不足

普段の食事で、ビタミンやミネラルが不足してしまうと、髪のハリ・コシ維持に欠かせないタンパク質の品質が低下してしまい、髪の強度がどんどん衰えていきます。その結果、指で軽く溶かしたり、ブローでブラシを使ってとかすだけでも切れるようになってしまいます。

もし、これらの要因に3つ以上該当しているようでしたら、、、

あなたの髪は骨粗しょう症のように「空洞化」の恐れがあります!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

【細毛・薄毛】頭頂部の髪が細くなりやすいのはナゼ?

鏡で見ると頭頂部の髪が細くなり地肌が透けて見える様に…?

140124-QA024-medium_217033824
photo credit: Big Fat Rat via photopin cc

横とか襟足の髪は太くて量も多いのに、なぜ頭頂部の髪だけ細くなってしまったのでしょうか?

同じようにお手入れしているのに不思議に思います。

 

男性と女性では違う頭頂部の髪が細くなるメカニズム

「だんだん頭頂部の髪が後退してきた」「ブローでボリュームを付けても、半日も経たないうちにペシャンとしてしまう」「最近、頭頂部の毛の量が減って地肌が見える様になった気がする」など、頭頂部の髪が細く薄くなったりするのは男性だけかと思っていましたが、男女雇用均等法のが施行されて以降、女性の社会進出が進むと共に30〜40代の女性の間で、頭頂部の細毛や薄毛が増加傾向にあります。

 

睡眠・栄養・ホルモンの乱れによる影響

頭頂部の髪や頭皮は、太陽から降り注ぐ大量の紫外線の影響を受けやすく、パーマやヘアカラーの化学的ダメージもプラスされることで、他の部位に比べて細くなりやすいと言われています。

さらに人間の毛髪は、頭頂部は女性ホルモンが、側面や襟足部分は男性ホルモンが成長を支えているため、女性に比べて男性ホルモン(DHT)過多に陥りやすい男性の頭頂部は、細毛や薄毛の発症率が高いのです。

しかしながら近年、多くの女性が結婚や出産後も仕事を続けたり、キャリアアップで幹部候補になったりした影響で生活習慣がガラリと変わり、睡眠不足・栄養の偏りや不足・ホルモンバランスの乱れからヘアサイクルが狂いを生じ、頭頂部の細毛や薄毛症状を抱える30〜40代の女性からのお悩み相談が増えています。

いくら生活習慣を身体に負荷がかかり過ぎないように変え、7時間睡眠を確保し、サプリメントで栄養の不足分を補いコレステロールが溜まらないような食事に変えたとしても、、、

トリートメントや育毛剤に頼るだけの間違ったヘアケアを続けていたのでは細毛や薄毛は改善しません!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より