頭皮や毛穴のコンディションは全て同じではなく、場所によってベタついたり乾燥気味だったりするのは何故?

お湯の温度や力加減が少し違うだけでコンディションは変わってしまうのです!

140201-KB043

【頭皮の状態】
photo credit: おとなキレイ向上委員会

私たち人間の頭皮や毛穴は健康な状態の他に大きく分けると、油分の分泌が多い「ベタつきタイプ」、油分の分泌が少なく水分が蒸発しやすい「乾燥タイプ」に分けられますが、頭全体が全て同じコンディションにあるという訳ではなく、場所によって様々な違いがあるのです。

 

頭皮や毛穴が場所によって様々な違いを生む要因

現在の美容の常識と言われているものの中には、ゆすぎ(すすぎ)の仕方やシャンプー法を1つとっても、お湯の温度・お流しの仕方や力加減・使用する指の部位・シャンプー剤を付ける量…等、さまざまな常識が存在します。

そして、これらのほんのチョットした相違が、頭皮や毛穴のコンディションの違いを生む要因となるのです。中でもとりわけ影響が大きい「お湯の温度」「力加減」「シャンプー剤の使用量」の3つの要因について記しておきます。

 

シャンプーやゆすぎ(すすぎ)に使用するお湯の温度

頭皮や毛穴を痛めず、適度に汚れを落としてくれるお湯の温度は「36〜38度」となります。

よく熱いお湯で洗うのが好きという方がおりますが、温度が高いほど汚れは落ちるのですが油切れを起こしやすいため硬くゴワゴワになったり、皮脂が過剰気味になってベタベタなコンディションになってしまいます。

また、毛の厚みがあったりシャワーの当て方が悪かったりすると、お湯がキチンと当たる所と少ししか当たらない所で汚れの落ち具合が変わり、コンディションにも差が出てしまいます。

 

シャンプーやゆすぎ(すすぎ)時の力加減

毛穴に指の腹がキチンと当たって適度な刺激を与えると汚れは綺麗に落ちますが、洗い終わった後にヒリヒリ感が残る程の強い力で洗うと、強すぎる刺激が自律神経や皮脂腺の働きを狂わせてヘアサイクルが早まり、フケがたくさん出たり乾燥した頭皮になってしまいます。

反面、力が弱すぎて毛穴や頭皮に届いていない状態では、汚れが落ちずにベタついてしまいます。

 

シャンプー剤の使用量

シャンプー剤を多めに使用してタップリ泡立てて洗うと「汚れがシッカリ落ちた感じがして気分もスッキリする!」。これでは潤いに不可欠な皮脂が必要以上に奪われてしまうため、フケが出てしまったり乾燥してカサカサになってしまいます。

また、いくらシャンプー剤をたくさん使っても、場所によって多かったり少なかったりと付く量がまばらになってしまうと汚れの落ち具合も変わるため、コンディションにもベタつきやカサつきといった違いが生じてしまいます。

シャンプー剤の使用量は、少し泡立ちが少ないかな?と若干少ないと感じるくらいが、頭皮や毛穴にとっては刺激が強すぎなくて良いのです。

ネイルをしているあなたは、爪による引っ掻き傷を防ぐためにも「スカルプブラシ」の使用をオススメします♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

おすすめのスカルプブラシ

特許仕様の植え方とブラシの先球が、頭皮を傷つけることなく毛穴の汚れもシッカリ落として健やかに洗いあげてくれる、プロにもファンが多いスカルプブラシです。

 

あなたのシミはどのタイプ?美白ケアをしているのに気になるシミのタイプとその要因

なんか最近シミが増えたみたいと感じるのは気のせい?

131215-CO049-medium_148665503
photo credit: Hamed Saber via photopin cc

アラフィフになれば、シミの1つや2つ増えるのは当然と言えば当然かもしれないが、いつまでもマイナス5歳肌をキープしたい私にとってはやっぱり悲しいものがあります。(涙)

 

気になるシミのタイプとその要因

太陽から放出されている強力な光・紫外線・熱が皮膚から体内に入ろうとすると、お肌の皮下組織はその強いものに対して防御しようと働きかけます。

さらに、皮膚や体内の組織を著しく傷つけてしまう紫外線から守るために、お肌は組織が弱っている部分の有棘層と基底層の間に「メラニンという色素物質」を出して皮下組織を守っている。このメラニンという色素物質が「シミ」であり、一連の防御作用がシミのできるメカニズムです。

ただ、シミには紫外線から守るタイプだけではなく、その他にも大きく分けると4つのタイプに分類できます。

 

額にできるシミ

額にポツポツと茶色い斑点のようにできるシミは、自然老化によってできるタイプのシミで、主に70代後半〜80代にかけて見られ始めると言われています。

 

目の周りにできるシミ

目の周りにできるシミの多くは、肝機能の低下した時に現れ始めるタイプのシミと言われています。

 

頬や目尻にできるシミ

頬や目尻にできるシミの多くは、生殖腺の障害によって現れ始めるタイプのシミと言われており、薄くなって行くまでには平均すると約1年半くらいの期間が掛かるそうです。

 

口の周りにできるシミ

口の周りにできるシミの多くは、甲状腺ホルモンに障害があった場合に現れ始めるタイプのシミと言われています。

この様にシミは出来る部位や要因によって、薄くなるものもあれば全然薄くならないものまで、その人の体質や症状によってタイプは様々です。

まずは、モチモチとした健康なお肌を産み育てるための栄養分となる「ヒアルロン酸」を増やすように、レバーや旬の果物からビタミンCを、黄色い野菜・果物からビタミンB2をしっかり補い、夜中の12時前には就寝しましょう。

シミやくすみを薄くしたいのなら食事や睡眠の習慣をきちんと整え、美白ケアを過信しないことです♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より