髪が痩せる危険性|野菜をしっかり摂るだけでは健康になれない

140711-KB064-medium_5023325968
photo credit: Nancy D. Regan via photopin cc

甘いデザートやお肉料理は控えて野菜中心のメニューに変えたのに、疲れやすい体質になったような気がします!

甘いデザートやお肉料理はどうしても、太ってしまうのでは?という強迫観念が強いため、ダイエット中などは摂取する量を控えて、野菜中心のメニューに変えてしまうケースが多いようです。

しかし、ヘルシーで健康的だと考えられている野菜ですが、「摂り過ぎは太る」こともありますし「野菜中心では栄養不足」を招いてしまいますから、注意が必要なのです。

 

毛髪は口から摂った栄養分(食べ物)で出来ている

タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質は、人間の体の健康維持に必要な5大栄養素と言われています。

反対に、摂り過ぎると身体を冷やす体質に変えて免疫力や抵抗力を低下させてしまうと言われているのが、「塩分」「糖分」「脂分」の三姉妹で、成人病にも大きく関与しています。

私は禁煙をしている時、菓子パン類を口にすることによって空腹を凌いでいたら、アッと言う間にお腹周りに肉は付いてしまうわ、チョット動いただけで息切れしやすくなってしまうわで、大変な目に会いました。近年では、小学生が成人病予備軍になったケースも有り、驚きを隠せません。

 

野菜中心では健康的とはいえない

いくらヘルシーと言われている野菜中心の食事でも、根菜類を多く食べる人は摂取エネルギーが高くなるため太ってしまいますし、葉物類を多く食べる人はビタミンやミネラルは補給されますがタンパク質や脂質等が不足しがち。

これでは健康的ではなく、偏った栄養バランスが招いた不健康な食事と言えます。当然、髪やお肌の基礎となるタンパク質が不足しているワケですから、髪のハリ・コシが不足したりお肌のシミやたるみが表面化して、見た目年齢も高くなってしまいます。

更に、タンパク質が不足したまま過ごしていると代謝機能が低下してエネルギー消費が少なくなり痩せにくい体質になってしまうだけでなく、脂質の不足はホルモンの製造にも響くため、髪やお肌の潤いは不足して痩せ始め、身体は将来的に更年期障害や生理不順を引き起こす可能性が高くなります。

どんなに効果効能に優れた食べ物でも、それ一つを摂っただけでは栄養バランスが悪いため健康にはなれないのです。

バランス良く栄養を摂取することで痩せやすい体質を作り、健康的で疲れにくい体を作ることに繋がるのです♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

50歳になって改めて美と健康を見つめ直したいと思い、野菜と果物の役立つ知識と組み合わせ方を習い始めました

140524-BL009-IMG_2857
photo credit: おとなキレイ向上委員会

栄養バランスを考え野菜の味を引き立てあえる料理のレパートリーを会得したい!

私は「男子厨房に入るべからず」的な父親の元で育ちましたから、料理は小学校の時の家庭科で少し習った程度で特別好きではなかったですし、我が家は男が料理を作る環境でもありませんでした。

そんな状況が一変したのが、現在中学3年生になった末娘が生まれてからだったと記憶しています。

3人目の末娘を出産してからの奥さんは体質が大きく変わり、偏頭痛に悩まされるようになっていました。

特に、雨が降りそうで降らないハッキリしない、どんよりした曇り空の時は決まって症状が重く、熱が出て寝込んでしまうこともしばしば。

そんな寝こんで苦しそうにしている奥さんのために、軽い食事を用意するようになったのが、料理を始める切っ掛けです。

 

野菜と果物の役立つ知識と組み合わせ方の情報共有

軽い食事の用意と言っても、最初の内はコンビニで鍋焼きうどんやおかゆなど、出来合いのものを買って来ることしかできませんでした。

これでは流石にマズイと思い、私の母親におかゆの作り方から習いました。お米を洗う、鍋に入れて水に浸しダシを入れる、火に掛ける、こんな超初歩的なことからスタート。

料理本を見ながら、包丁の使い方や野菜の切り方、下ごしらえの仕方へと徐々に進んでいきました。

その後、スマートフォンを手にするようになると、今では超人気アプリの「クックパッド」を導入。(スーパーでの材料の買い出しには欠かせないくらい重宝しています)

少しずつですが料理のレパートリーも増え、下ごしらえの時間もだいぶ短くなっています。奥さんの実家からも、花ハウスの周辺で作っている有機農法の新鮮な野菜も、季節ごとにたくさん頂いたりします。

今では料理の腕前もだいぶ上達し、週1回月曜日の夕食は私一人で家族5人分を賄っております。そして、料理を作っている合間に片付けをするテクニックも覚え、時間も短縮する傾向にあります。

ただ、料理のレパートリーはあまり増えていないため、時々「何をつくろうか?」困って考えこんでしまう時があります。

このような出来事が再燃した3月の或る日、普段は目にしない新聞の折込チラシの束を手に取り一つ一つチェックしていた時のことです。

中日文化センターの講座受講者募集のチラシが目に止まり、いろんな講座をチェックした中から偶然見つけたのがこの野菜ソムリエの講座でした。

2014年2月に30年間吸っていたタバコとも縁を切ることができ、これから年齢を重ねた時の美と健康を考えた時、野菜の専門家から学ぶ「野菜と果物の役立つ知識と組み合わせ方」は必ず必要になるのではないか。

サロンの顧客様との情報共有も視野に入れ、栄養バランスを考え野菜の味を引き立てあえる料理のレパートリーを増やすことが出来れば一石二鳥なのでは?と考え

「野菜ソムリエから学ぶ野菜と果物の基礎」を習い始めた次第です。(明後日の26日(月)には第2回目を受講してきます。)

もちろん、密かにお腹周りのダイエット成功も視野に入れていますヨ♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

知られざる野菜の正しい知識と摂取量

まさか、野菜を「摂り過ぎる」と「太る」とは思いませんでした!

あなたは普段「野菜の摂取が足りないからしっかり摂らなくちゃ」と、たくさん食べることばかりに意識がいっていませんか?

しかしながら、野菜にも栄養が豊富に含まれており、エネルギー量もゼロではないことから、必要以上に食べてしまうと「太って」しまいます。

140502-PHY004-IMG_2858
photo credit: おとなキレイ向上委員会
 

野菜ソムリエから授かった野菜の正しい知識

私は休日には、買い物から夕食作りを一手に引き受け、楽しみながら献立を考え料理を作っています。買い物に行った先では、今まで見たこともないような野菜を目にしたり、奥さんの実家から新鮮な野菜をたくさんもらってもレパートリーが少ないため、食べごろを過ぎてしまって傷めてしまうことが気になっていました。

そんな時、たまたま新聞折込の広告で見かけたのが今回の講座で、ネットから即申し込みました。そして先日4月28日(月)、これから月1で3回にわたって野菜ソムリエの方が講師となって「野菜」「果物」の基本について伝授して頂く講座の第1回目を受講してきました。

 

野菜の呼び名と特徴

最近では保存法が進化したことで日本国内だけでなく、世界中から新鮮な野菜が空輸で届くようになりました。そんな何百種類とある野菜たちですが、大きく分けるとあなたも良く聞いたことがあると思われる「緑黄色野菜」「淡色野菜」の2つのタイプに分けることができます。

140502-PHY004-IMG_2859
photo credit: おとなキレイ向上委員会

■ 緑黄色野菜:中の色が濃いものが多く、カロテン(ビタミンA)が豊富。オリーブオイルやゴマ油等で炒める(脂溶性)と栄養価が高くなる。

■ 淡色野菜:玉レタス、白ネギ等、ビタミンCや植物繊維が豊富。生もしくは軽く湯煎して、ノンオイルドレッシングで食すと栄養価が壊れずに摂れる。

 

1日に必要な野菜の摂取量

厚生労働省が定めている「栄養と食生活」によりますと、1日に必要とされている野菜の目標摂取量は、「緑黄色野菜:120グラム」+「淡色野菜:230グラム」=350グラムが理想的だそうです。

140502-PHY004-2014-05-02 21.02.52
photo credit: 厚生労働省:栄養と食生活

その他には下記のような摂取量が定められています。

○1日あたりの野菜摂取量を350g以上にする。
○カルシウムに富む食品(牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜)の摂取量を牛乳・乳製品130g、豆類100g、緑黄色野菜120g以上にする。

 

【野菜の基礎知識のまとめ】

■ 緑黄色野菜:中の色が濃いものが多く、カロテン(ビタミンA)が豊富。オリーブオイルやゴマ油等で炒める(脂溶性)と栄養価が高くなる。
■ 淡色野菜:玉レタス、白ネギ等、ビタミンCや植物繊維が豊富。生もしくは軽く湯煎して、ノンオイルドレッシングで食すと栄養価が壊れずに摂れる。
■ 1日あたりの野菜摂取量は350gが理想的。
■ カルシウムに富む食品(牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜)の摂取量を牛乳・乳製品130g、豆類100g、緑黄色野菜120g以上。

野菜肥満を防ぐには、理想的な摂取量と正しい調理法を守りましょう♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

野菜の持つ潜在能力を“イチから”学びたくなりました

野菜の種類や栄養価の知識を知っているだけでは不十分!?

140325-MO046-medium_3610622754
photo credit: Eustaquio Santimano via photopin cc

私たちが体の健康を維持していくために必要な「食(食べる)」こと。なかでも胃腸のデトックスや若さ維持(アンチエイジング)を支えているのが、地球という大地からの恵みである「野菜」といわれています。

 

野菜が本来の力を失っているのではという疑問

私が幼少の頃、食卓に上った野菜たちは、「甘かったり」「酸っぱかったり」「苦かったり」と、どれもこれも味わいが濃くて個性的な分、人それぞれに好き嫌いがハッキリ別れてしまっていました。

この幼少の頃の舌で感じた記憶が鮮明に焼き付いていたからこそ、今の野菜たちがとても物足りなく思え、本来の力を失っているのでは?という疑問が湧いてきたのです。

 

調理の仕方や組み合わせを工夫すれば健康レベルがアップ

昨今の、決められた規格に合うよう肥料や作付け期間を調整され短期間で大量に生産された野菜は、「どこか水っぽく」「味わいは薄く」「栄養価も低い」ように感じているのは、私だけでしょうか?

私は幸運にも、無農薬の新鮮な野菜を奥さんの実家からわけてもらえる環境下にありますから、幼少の頃に食卓に上った「甘さ」「酸っぱさ」「苦さ」といった野菜本来の濃い味わいを、週1の休日に行う夕食の料理で目一杯堪能することができます。

ただ近年、専門書や健康書籍も豊富にあり、インターネットで少し調べれば色々な知識や料理のレシピ等はスグに得ることができますが、野菜一つをとっても深く掘り下げた専門的な知識が無いため、組み合わせや調理法にどうしてもオリジナリティや応用力が不足気味で、「野菜の持つ潜在能力を活かし切れていないのではないか?」と考えるようになっていました。

そんな時、私の救世主となったのが、先週末に朝刊の折込広告に入っていた1枚のチラシに紹介されていた『シニア野菜ソムリエがご指導くださる「春野菜の知識を学ぶ講座」』でした。(久々に学びのスイッチが“ビビッ”とONになった瞬間。)

食農の基礎知識から、栄養価・見分け方・調理方法などの、美味しく食べるコツ、知って得する健康的な野菜生活まで幅広く学んできたいと思います♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

本日のエントリーの参照サイト

私が4月から野菜の専門知識を学ばせて頂く講座を開催しているところです。

浜松中日文化センター