髪の治療家とは?私が美容師ではなく、髪の治療家の活動をはじめた理由

140621-BL011 -medium_3063516728
photo credit: a.drian via photopin cc

一番の理由は「美容師=髪を傷める、専門的な知識に乏しい」イメージが強い!からです。

「当店のパーマは傷まない薬液を使用していますから傷みません」

「ヘアカラーを繰り返すごとにどんどん綺麗な髪になっていきます」

3〜4年前は、このようなセールストークを打ち出している美容院をよく見掛けました。それが今現在では、、、

「いくら整髪料を変えてもゴワゴワバサバサの髪が良くならない」

「育毛剤を毎日付けているのに、なかなか抜け毛が減らない」

「トリートメントをしていたのに、急激に細くなった髪に将来が不安」

なのに、美容師さんに相談してもハッキリした原因はわからず仕舞いで、もうどこに相談していいのかわかりません。

 

美容メーカーのセールスとサロンの顧客様からの信頼

美容メーカー主催の講習会では、「傷まない」「綺麗になる」と説明されており、美容院のサロンワークでも同様なセールスを行っております。

しかしながら、研究データがどんなに優秀な整髪料類やパーマやヘアカラー等の薬液類でも、外部からの力によって毛髪本来の組織を変えてしまう作用は、化学の力を利用したものや、たとえ自然由来の成分の働きによるものであっても、「100%傷まないものは無い」のです。

さらに、美容の技術は人間の手を介してお客様に提供されるものであることから、いくら「薬液類」や「整髪料類」の成分が優れていても、それを使いこなす施術する側のスキルが低ければ当然、髪を痛めてしまいます。

美容院や美容師さんは「傷まない」「綺麗になる」と言っていたのに、髪が傷んでしまった。そして、髪ダメージの悪化に伴う「抜け毛や切れ毛の増加」「肌荒れ」で相談に行ったのにハッキリした原因は教えてくれず

「トリートメントをすれば良くなる」「この新しい整髪料を使ってみて」「睡眠をしっかりとって下さい」等の簡単なアドバイスを繰り返すだけで、詳しい説明は殆どされずじまい

まさにこの部分が、美容院や美容師に対してサロンの顧客様からの信頼を失っている最も大きな要因といえ、私が髪の治療家の活動をはじめた一番の理由でもあります。

 

今あなたの髪が「どういう状態にあるのか?」「そこまで傷んでしまった要因は?」「どのような手当てが必要なのか?」

「症状改善に掛かる期間はどのくらい?」「注意しなければいけない事は?」現状や疑問にお応えします。

そして、専門的な毛髪知識と、髪本来の自然治癒力を引き出す手当てで、

おとなキレイを向上する素敵な髪を提供することをお約束いたします♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

ノンシリコンタイプのトリートメントを使い続けたら、「ゴワゴワ」「ぺしゃんこ」髪になってしまいました?

140510-QA036-medium_5974896248
photo credit: Canis T via photopin cc

あの「ツルツルピカピカの手触りの良さ」って何だったのでしょうか?

私の髪は、20代の頃から細くコシがない髪質だったせいか、パーマやヘアカラーを繰り返すとすぐに枝毛が出来て毛先がパサパサになってしまうほど、傷つきやすくデリケート。ですから、シャンプーやトリートメントを始めとする整髪料選びには、いつも苦労していました。

 

Q.ノンシリコンタイプのトリートメントで「ゴワゴワ、ぺしゃんこ」髪に

昨年(2013年)の暮れから通い始めた美容院で紹介して頂いた「ノンシリコンタイプのシャンプー・トリートメント」を使い始め、最初の内は「ツルツルピカピカの手触りの良さ」に大満足をしていたのですが、使い続けていく内にだんだんゴワゴワな手触りに変わりました。そのうちドライヤーでボリュームが出るようにしっかり乾かしても、半日もしないうちに頭頂部のボリュームが無くなってペシャンコになってしまうように…。』浜松市 南区 在住のK・M様より、お悩み相談を頂きました。

 

A.ノンシリコンタイプほど洗浄力と保湿力は高濃度

2010年以降より徐々に登場してきた「ノンシリコン整髪料」ですが、2つの大きな特徴を備えています。

(1)シリコンの代わりに濃密な天然植物油脂を使用。ノンシリコンという言葉からもお分かりのように、ささくれたキューティクルを保護する「シリコン」を使用していません。「シリコンの皮膜」の代わりに、天然植物由来の油脂分を配合し、「バターやラードのような濃密な油膜で髪を包み込んで」ツルツルピカピカの手触りの良い髪に仕上げています。

(2)濃密な天然植物油脂に軽さを出すように、通常の倍の量の洗浄剤を使用。濃密な油脂皮膜の重さを打ち消すよう通常の倍の量の洗浄成分を使用することでバランスを取り、天然植物由来の油脂皮膜を活かしつつ、ふんわりしなやかな「ふわ軽な仕上がり感」を出しています。

 

髪の治療家からのアドバイス

シリコン配合整髪料に比べノンシリコン整髪料は、大量の洗浄成分によって髪の保湿に必要な「皮脂」や「ミネラル分」まで奪ってしまいます。その結果、使い続けるほどに髪内部から潤い成分が取られてしまうため、ゴワゴワの硬い髪に変わってしまいます。

さらに、ハリ・コシの不足している細い髪質のあなたが使用した場合、ボリュームを出すように仕上げても大量に配合されている「濃密な天然植物油脂」の持つ重さに負けてしまい、すぐにぺしゃんこになってしまうのです。

あなたに必要な手当は、トリートメントによる栄養補給や補修補正ではなく、、、

髪をメタボ化している内部に入り込んだ濃密な油脂分と洗浄成分を髪の外に排出する髪のダイエットが、失われたボリュームとツヤを蘇らせるために必要な手当です!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

痛んだ髪を美しくする髪の治療家は手触りの良さで健康状態を判断しない

140128-CO060-medium_4663374635
photo credit: Neal. via photopin cc
 

指通りや手触りが良いだけでは天使の輪は育たない

つい2時間前までは、毛先が絡まって「パサパサゴワゴワ」だった髪が、たった1回の施術で「ツルツルサラサラ」の指通りに変わったら、あっという間に健康ヘアに戻れる!と期待してしまうでしょう。

しかしながら、現実はそう思うように事は運びません。

車にWAXを掛けた仕上がりのように表面をいくら綺麗に整えても、内部のタンパク質が一旦傷ついてしまったら、補正補修をしても元通りにはならないからです。

美容師の目はごまかせても、濡れている時の指通りや手触りが良いだけで健康状態を判断しない!髪の治療家の目はごまかせません

もしあなたが、「指通りや手触りの良さ=ダメージの改善」と考えていたのなら、皮脂やホルモンバランスの乱れによって天使の輪の輝きが失われた髪が生えてくるばかりか、呼吸困難による空洞化が蔓延して毛先がプチプチ切れてしまう恐れすらあるのですから…。

あなたの痛んだ髪を美しくするために必要な手当は髪内部に溜まった油脂分や老廃物の大掃除で、トリートメントではありません♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より