ヘアカラーをする時、アトピー持ちの私では肌荒れしないか心配です

140126-BR007-20100928D

photo credit: otonakirei.com

アトピーがあるからヘアカラーで肌荒れを起こすとは限りません!

ただ、肌荒れのリスクはアトピーを保持していない人に比べて、当然高くはなります。

重要なのは、あなたのアトピー症状が何に対してアレルギー反応を起こしているか?なのです。

 

合成品のカラーと植物性のカラーの安全性

美容の一般常識の中には「植物性のカラーは、合成品のカラーより安全」だと言われていますが、本当にそうでしょうか?

合成品のカラーは化学薬品を組み合わせて造られており、化学反応によって髪内部の組織に働きかけて色を付けていくメカニズムだから、確かに髪やお肌には負担が掛かります。

一方、植物性のカラーは、天然の植物の葉っぱや茎を原料にして素材そのものに備わっているチカラで髪内部の組織に色を付けていくから、当然髪やお肌にとっては負担が少なくてすみます。

 

植物や果物のアレルギーと植物性カラーの危険性

「花粉症」は植物の花粉に反応するアレルギーですから、植物のアレルギーに該当します。

「キウイフルーツ」に代表されるような酸味の強い果物や「そば」「小麦」などの特定の成分に反応するアレルギーも、植物のアレルギーのひとつとして該当します。

Q:もしあなたが、これらの植物や果物のアレルギーを抱えていたとしたらどうでしょうか?

A:植物性の原料に対するアレルギーを抱えている場合、安全だと言われている植物性のカラーであっても、肌荒れリスクはかなり高いと言えます。

 

まとめ:合成品のカラーと植物性のカラーの安全性

・アトピーを抱えていると肌荒れリスクは高くなるが、全てのヘアカラーが危険というわけではない。
・大切なのは、何に対してアレルギー反応が出ているのか?である。
・植物性のカラーは、植物性の原料に対するアレルギーを抱えている場合、肌荒れリスクは高くなる。
・アトピーの種類によっては、植物性よりも合成品のカラーが向いているケースも有る。

合成品や植物性のカラーを含め「100%安全なものはない!」という認識を持っていただくことを、お勧めいたします。

肌荒れリスクを減らすには、専門的な知識による的確な判断と髪を痛めない施術を提供している「髪の治療家」に相談することです♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

なでしこジャパンの乙女達がW杯の出場権を獲得した、2014年第20週のまとめ

140519-SMR052-IMG_2988
photo credit: おとなキレイ向上委員会

先日、この夏に向けての最新の美容理論とトレンドについて学んできました♪

早いもので、今年もあっと言う間に第20週目が終了し、残り30週あまり。初夏ということで日差しもだんだん高い位置になり、いつの間にやら日が暮れるのも遅くなっていますネ。

今回の勉強会で主に取り上げられたのは「紫外線対策」。現在、日本国内で6000千万人以上と言われているアレルギー保有者。外部からの刺激に対しての防御するチカラが弱くなっている状態を考えた時、強力になっている紫外線にどう対処するのか?を、あなたを含めた一人ひとりが真剣に考えていかなければ、昨年起こった「白斑問題」の二の舞いが起こる可能性が高いということです。

 

2014年第20週のまとめ記事

140519-SMR052-medium_5950954132
photo credit: DozoDomo via photopin cc

普段は殆どテレビは見ないのですが、日本代表やなでしこの活躍するサッカーは別。昨夜は、ヨルダン相手に何をやってるんだ!と、久々に手に汗握って燃えました。最低限の目標であったW杯の切符は手にしましたが、新戦力の底上げが進んでいない状況を考えると、W杯本番はかなり苦戦すると予想します。これから約1年、なでしこの乙女たちには当然のごとくW杯連覇を目指して頑張って欲しいですね。

それでは、今週アップしたエントリー記事を一気読みしましょう♪

 

マイ・ビューティフル・ライフ

■ 大人になっても綺麗でいられる!美しい「心」と「容姿」を育てる一番の近道では、私が学生時代に抱いていた「心」と「容姿」のコンプレックスと解消するためにとった行動や考え方について
大人になっても綺麗でいられる!美しい「心」と「容姿」を育てる一番の近道

 

おとなキレイサポーターKAZUのモノローグ

■ 年齢を重ねても、「髪」や「お肌」がプルンと潤っている人、枯れてカサカサの人では、美容成分の配合量や種類の多さではなく、口から摂取した栄養バランスや空気が年齢を重ねた時に枯れるか否かのターニングポイントについて
年齢を重ねても、「髪」や「お肌」がプルンと潤っている人、枯れてカサカサの人

 

今週の気になったニュース

■ 115歳女性の血液から長寿のヒントが発見される:研究結果のニュースをテーマに、長寿と美白の共通点や、美白をキープする原点について
長寿と美白の共通点

 

健康美容コラム

■ 間違った洗顔・化粧水・美容液ケアは「たるみ」「小ジワ」「毛穴の黒ずみ」を目立たせるでは、肌老化を促進させる洗顔・化粧水・美容液の3大ケアのミステークについて
間違った洗顔・化粧水・美容液ケアは「たるみ」「小ジワ」「毛穴の黒ずみ」を目立たせる

 

健康美容的思考

■ O-157を始めとする食中毒や食あたりを未然に防ぐ!我が家で実践している「お酢」の活用法では、私がノロウイルスに感染してから自宅で実際に実践している「お酢」と「加熱」のダブル殺菌・消毒について
O-157を始めとする食中毒や食あたりを未然に防ぐ!我が家で実践している「お酢」の活用法

 

食物の美チカラ

■ カサつき肌でお悩みのあなたにオススメ!3種の春野菜が添えられた、ウドンのようなもっちり太麺パスタを堪能では、3種の春野菜の栄養価や効能、初体験の太麺パスタの食べログについて
カサつき肌でお悩みのあなたにオススメ!3種の春野菜が添えられた、ウドンのようなもっちり太麺パスタを堪能

外からの対策、内からの対策、どちらが重要ではなく両方の対策を行って初めて健康美を叶える第一歩が踏み出せるのです。

強力になっている紫外線に、あなたはどう対処しますか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

なでしこジャパンやワールドカップに関連する書籍

まだまだ女子サッカーの注目度は低いですが、一年後に迎える女子W杯に向けて今のうちから勉強しておきましょう。

 

【ヘアカラーとアレルギー】何故ヘアカラーの施術前に毎回パッチテストを行うの?

毎回行わないと「アレルギーによる肌荒れ」を未然に防げないからです!

131220-QA021-medium_202973318
photo credit: deadmanjones via photopin cc

1990年代はじめ頃まではヘアカラーといえば白髪を染めることくらいでしたが、90年代後半になると人気アイドルに憧れる10〜20代の女性から、長さを変えなくても簡単にイメージチェンジできる支持を受けて一気に広がっていきましたが、その裏では、カラー剤による肌荒れに悩まされる方も少なからずいたようです。

 

ヘアカラーの施術とパッチテストの重要性

ヘアカラーの安全性に関しては、 ヘアカラーをした時に、薬液が肌にヒリヒリとシミた事がありますが染めても大丈夫ですか? のエントリーでも触れておりますが、、、

ヘアカラーというと、一般的には「髪色を楽しむ」オシャレの一環として考えられていますが、ヘアカラー剤の元となっているのは化学薬品であるという認識を忘れてはいけません

人間のお肌はとてもデリケートで、「寝不足」「二日酔い」「生理前後」「術前術後」等のチョットした原因でも肌荒れを起こしやすく、外部の刺激から守る免疫力も低下して敏感に反応してしまうため、ヘアカラー剤に配合されている薬品に対しても一時的に肌にシミる事がありますし、配合されているごく一部の薬品に対するアレルギーも考えられます。

まだまだ多くの消費者は、事の重要性に気づくのは問題が起こってからと遅く、「安全性」に対する意識が非常に希薄と言わざるを得ません。

それは、「ヘナだったら染めても安全」とおっしゃる美容師さんや、「このカラー剤はお肌の保護成分配合だから安心」と考える消費者の方のひと言からも計り知れ、食品の安全性に関する問題が大々的に報じられているにも関わらず、美容院やご家庭を問わず依然としてヘアカラーの安全性や薬剤による肌荒れを真剣に考えている方は少なく、髪を染める前には「パッチテスト(アレルギーテスト)を行うこと」が、法律で義務付けられている事すらご存じない美容師や消費者も数多くいらっしゃいます。

私が何故ここまでくり返し安全性に対して記しているのかと言いますと、花粉症を発症している方は既にご存知かと思いますが、アレルギー症状というのは“ある日突然症状が表面化する”からに他ありません。

もし万が一、ヘアカラーでアレルギー症状を発症して肌荒れ(かぶれ)を起こしてしまった場合、治療のための通院や完治するまでの医療費など、あなたが受ける精神的苦痛や肉体的疲労は計り知れず、全て一人で背負わなければならないのです。

毎回ヘアカラーの施術前にパッチテストを行えば、絶対安全とは言えませんが、少なくとも

「カラー剤のアレルギーによる肌荒れ」を未然に防ぐ確率は100%に近づきます!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

NT013 偏った食事や栄養バランスの乱れもアレルギーになる?

片頭痛・慢性疲労・肩こりなど、原因がはっきりしない体の不調を感じる「遅延型の食品アレルギー」

130926-NT013-medium_5108928158
photo credit: hey.pictrues via photopin cc
 

健康に良いと思っていた食品が身体によくない反応を起こす事もある

健康情報を安易に鵜呑みにし過ぎると、逆に体調を崩してしまう事もありますから注意が必要です。

すぐに気付かないから厄介…“遅延型フードアレルギー”
「遅延型フードアレルギーは、食べているものが体にとって過剰摂取になってしまい腸管(小腸)に詰まる。それが体にとってよくない反応を起こします。その人の体にとって特定の物質が腸管での消化能力を超えているのに、食べ続けることによって、アレルギーを起こします」

 食物アレルギーには2タイプあり、エビ、カニ、そばなどによく見られる、食べて数秒~数分でじんましんやかゆみなどの症状が現れるのが即時型フードアレルギー。それに対して食後3~24時間くらいで症状が出るものが、遅延型フードアレルギーだ。気付かずに食べ続けてしまう人も少なくない。

「腸管の慢性的なアレルギーなので、頭痛、慢性疲労、うつなど、表れる症状は人によってさまざまです。その方の一番弱い部分に出てきます。肌が敏感な方なら、ドライスキンや湿疹、アトピー性皮膚炎など。胃腸の弱い方なら便秘や下痢。どんな症状で出るのかまさに千差万別でわかりません

 さらに困るのは、時間がずれて出ること。朝食に食べたバナナ、ヨーグルト、目玉焼き、ロールパンなどがアレルギーだとすると、夕方くらいに眠くなったり、片頭痛が起きたりするそうだ。朝食べたものが夕方ごろに症状が出ても、食べ物が原因とは気付きにくい。

特に食品によるアレルギーの場合は、なかなか自分では気付きにくく、症状として現れるのにも時間が掛かってしまうようです。

近年のインターネットの普及で、正しい情報から間違った情報まで健康情報は簡単に入手できますが、「健康に良いみたい」「好きな食べ物だから」と安易に信じて過剰に取り過ぎたりしないこと。毛髪についてもそうですが、何事に置いてもバランスが大切ということです。

あなたは健康情報に振り回されて偏った食事をしていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

KB004 ヘアカラーCMのツヤツヤ感と美しさの未来予想図!?

130403-KB004-medium_7316240162
photo credit: Henna Sooq via photopin cc

こんにちは。
おとなキレイ向上委員会の田中です。

普段私は殆どテレビを観ることはなく、夕食後に身体を休めている時などにぼんやり眺める程度。とは言っても、職業柄か美容関係のCMが始まると、目を凝らして見入ってしまいます…。

そんな中、ここ1〜2年ほどで特に気になっているのが「ホームカラーに関するCMの変化」

良〜く観察されている方は既にお気づきかと思いますが、
あなたはいかがでしょうか?

最近のホームカラーのCMには、メーカーによって多少の表現の差はありますが、必ず下記の様なメッセージ(フリップ)が差し込まれているのが確認できると思います。

「ご使用の際には使用説明書にしたがい、毎回必ず染毛の48時間前にパッチテスト(皮膚アレルギー試験)をして下さい。」

このメッセージを、ただフ〜ンと受け流してしまうか?、裏側に隠された背景を読み取るか?によって、後々大きな差となって現れてきます。

 

身体の抵抗力の減少とアレルギー発症率の上昇

厚生労働省が平成23年に行った調査の報告書によると、約6000万人の方が何らかのアレルギー疾患を抱えている、とのデータが出ています。

130403-KB004-atopy
photo credit: 厚生労働省

しかも、これだけ多くの方々がアレルギー症状を発症していると言うことは、裏を返せば私たちの身体の抵抗力がそれだけ弱くなっている事を意味します。アレルギーは花粉症の様にある日突然発症しますから、明日はもしかしたらあなたかもしれません

そして、ヘアカラー剤の多くは化学薬品から出来ている事から、抵抗力が弱くなっている私たちの身体では、カラー剤の化学薬品に拒否反応(アレルギー)を起こす確立が非常に高く、ヘアカラーをお洒落やファッションとして捉えている美容界に於いても例外ではなく、かなり危険と言わざるを得ない!と言う事です。

そこで先程のメッセージに戻りますと、メーカー側がTVCMを通じてこの様なメッセージを流すと言う背景には、ホームカラー剤の使用による皮膚疾患を訴える方が相当数いる事が推測できます。そしてこれが最も重要なのですが、「私たち消費者がパッチテストを行なわなかったり使用説明書の手順通りに髪を染めなかった場合、メーカー側には損害に対する責任を負う義務は発生しない」ことを謳っているのです。

おとなキレイを叶えるためには、どんなに素敵なヘアスタイルやどんなに高品質な化粧品よりも、まずは「身体の健康と製品の安全性」があってこそです。くれぐれもお洒落なイメージ広告にはご注意ください。

あなたは髪を染める時、パッチテストをなさっていますか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より