コストゼロ!大人綺麗を叶える「美力」を目覚めさせる7つのエイジング習慣

140217-SMR038-medium_8600286149
photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

あなたは普段の生活の中で、「面倒臭い!」を多用していませんか?

あなたも含めた私たち大人は、何をするにもツイ無意識の内に「あぁ面倒臭い!」と発してしまう心当たりはないでしょうか?

この消極的で後ろ向きな言葉は、私たちの心のハリや体の緊張感を奪ってしまうだけでなく、

知らず知らずのうちに大人キレイを叶えてくれる「美力」を体の奥底に封印してしまいます。

 

内面に眠っている「美力」を目覚めさせる7つのエイジング習慣

本日のエントリーでは、消極的で後ろ向きな言葉や習慣によって封印された、あなたの内面に眠っている「美力」を目覚めさせるための、

40歳からの大人綺麗を叶えたい方には絶対お薦めの、コストゼロで出来る「7つのエイジング習慣」をご紹介したいと思います。

■(1)もう歳だから、面倒臭い、は使用中止
■(2)朝一番の太陽光を取り入れよう
■(3)部屋の空気、淀んでいませんか
■(4)浅く早い口呼吸から深くゆっくりの鼻呼吸へ
■(5)ありがとう等の感謝の言葉を口にしよう
■(6)キレイなものをキレイと言える素直な心を持とう
■(7)よく噛んで食べることで若返りの酵素が出るのです

 

(1)もう歳だから、面倒臭い、は使用中止

30歳を過ぎた頃から口癖のようにツイツイ無意識の内に口から出てしまう、「もう歳だから」と「面倒臭い」

この消極的で後ろ向きな姿勢を表す代表格でもある2つの言葉は、使用する回数が多ければ多いほど、あなたの心のハリや体の緊張感をどんどん奪って老化させてしまいますから、今スグ使用を止めましょう。

 

(2)朝一番の太陽光を取り入れよう

私たち人間の体のリズムは、日の出とともに始まり、日の入りとともに休息を迎えます。そして、夜中の22時〜2時の間には身体中の老朽化を迎えた細胞が、元気の良い新品の細胞に交換されています。

朝の目覚めや気持ちの切り替えは自律神経が行っており、日の出日の入りに於いて昼間用の交感神経と夜中用の副交感神経の切り替えを行っています。ですから、朝一番の太陽光を部屋の中いっぱいに取り入れることで、夜型から朝型に神経のスイッチがスムーズに切り替わるのです。

 

(3)部屋の空気、淀んでいませんか

部屋の中の空気が淀んで汚くなってくると、植物の枯れるのが早くなります。

そして、酸素の供給が減った脳みそは判断する力(認知力)が鈍くなるだけでなく、あなたの心も淀んでマイナスに向かう思考に追いやられてしまいます。

 

(4)浅く早い口呼吸から深くゆっくりの鼻呼吸へ

1回に空気を取り入れる量が少なく回数ばかりが多い浅い口呼吸では、全身に酸素の供給が行き渡りにくいだけでなく、

有害物質を遮断するフィルターがなくダイレクトに体内へ届いてしまうため、喉の粘膜や肺を傷めてしまいます。

たかが口呼吸を鼻呼吸に変えただけで健康になれるの?と疑問を抱いてしまう気持ちはわかります。

鼻呼吸を行うと、全身にしっかり酸素が供給されて体中に力が漲るようになり、元気いっぱいの細胞が生まれるようになるのです。

 

(5)ありがとう等の感謝の言葉を口にしよう

ありがとうの感謝の言葉を効かせたお水や植物は良い波動が伝わり、味が美味しくなると言われていて、人間関係も良好にしてくれます。

反対に、憎しみや恨む言葉を聞かせていると波動が乱れて、味が不味くなり、人間関係もギスギスしてしまうようです。

人間の体は約80%の水分で作られていることから言葉ひとつで、言霊が波動となって全身に伝わって、プラスにもマイナスにも傾いてしまうのです。

 

(6)キレイなものをキレイと言える素直な心を持とう

あなたの家庭や職場では、お花や観葉植物は置いてありますか?まだのようでしたら、たとえ花1輪でも置くようにすると、機械に囲まれた無機質な空間が華やかになりますからお勧めです。

お花や観葉植物は、置いてある空間の空気の浄化をしてくれるだけでなく、気の流れを整えてくれて運気を良くしてくれます。

色・形・匂い、によって五感が刺激され、キレイなものをキレイと言える情緒豊かな感情を育ててくれます。この感情を持ち合わせている人は、チョットした変化にも敏感なためすぐに分かります。

 

(7)よく噛んで食べることで若返りの酵素が出るのです

平成生まれの現代人は、噛む回数が減ったためアゴへの刺激がすくなくなり、シュッと細くなったスマートなアゴ先へと骨格が変化しているようです。

もう一つの大きな特徴は、丼ものやファーストフードなど、あまり噛まなくても良い食事が多いため胃腸に負担が掛かり、消化吸収が上手く行われないばかりか、コレステロールや血糖値が高くなってしまうのです。

食事の時間は最低でも15分は掛けるようにし、噛む回数を増やすことで細胞の若返りや消化吸収を促す酵素「アミラーゼ」「オキシターゼ」「パロチン」が分泌され、胃腸の働きも正常になり負担も軽減されます。

どうしても15分の食事の時間が確保できない方は、食後に無糖のチューイングガムを20分ほど噛む習慣をつけることで、同様の効果を得ることができます。

これら7つのエイジング習慣をコツコツと実践し始めて、3ヶ月ほど経過する頃から

徐々に「美力」が目覚め始め、見た目年齢が若返ってくるでしょう!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

冬の肌と夏の肌の肌質の違いをご存知ですか?

冬の肌質は夏に比べて「硬く」なってしまいます!

131116-CO041-medium_4004304595
photo credit: galaxies and hurricanes via photopin cc

冬場は、夏場に比べて空気が乾燥して湿気も少なくなるため、どうしても潤いが低下してカサカサと白い粉を吹いてしまいがち。

さらに、身体の冷えから血流も悪くなり潤いベールも薄くなるので肌が硬く痒みが出たり、チョットした刺激にも敏感に反応して肌が荒れてブツブツもできやすいのです。

硬く疲れたお肌を癒やし、クスミのない潤い肌を育てるベースとなるのは、安易に美容液やサプリメントに頼るのではなく「正しい睡眠」で活き活きとした元気な肌細胞を育てることです。

中でも、午後10時〜午前2時は“ゴールデンタイム”と呼ばれ、深い眠りとともに成長ホルモンの分泌が始まり細胞の再生も活発に行われ、疲れた身体やお肌が癒やされ元気を取り戻す1日で1番重要な時間帯。

午後10時就寝〜午前5時起床の7時間睡眠習慣の継続が、細胞の若さを保つには理想的と言えます。

就寝が午前0時を過ぎている夜型生活は細胞の老化を早めます。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

MO004 見た目年齢30代を目指す! 私が実践している3つの美習慣

130412-MO004-large_240002791
photo credit: IShutterToThink via photopin cc

40歳を過ぎた辺りから急激に衰えを感じ始めた「お腹周り」。

ごはんの量を減らしたり、朝食を抜いてみたり、夕食後のウォーキングを試みるものの、なかなか思ったような成果に繋がりませんでした。

こんにちは。
おとなキレイ向上委員会の田中です。

顧客様には「全然太っていないじゃない!どこにそんなお肉がついているの?」と不思議がられるのですが、洋服に隠された内側は大変な事に…。

ここで気を抜いたり諦めたりしたら、肥満に向かって一直線だろうな?という危機感を感じ、お腹が出たら美容師引退!と公言した以上、何としてでも阻止しなければと、色々な健康誌を参考にしては実践を繰り返すこと約3年、やっと今のボディケア習慣に。

体重の減少よりも、鏡に映ったボディライン

40歳を過ぎた辺りから、食事の量は変わっていないのに肉がついた!と感じた私は、直ぐに運動不足による筋肉の低下を悟りました。

しかしながら、食事を著しく制限したりサプリメント頼りの「ただ闇雲に体重を落とそうとするダイエット」は、私たち大人にとって最も大切となる体力や気力が低下することだけでなく、お肌が荒れたり髪のツヤが失われる影響から見た目年齢も高くなってしまう!と言う悪循環を生んでしまいます。

ダイエットという言葉を調べてみると、

ダイエットとは本来「健康的な体型になるための食事療法または食事そのもの」を指す言葉なので、肥満体型の者が食事療法によって体重を落とすことのみを指すのではなく、痩せすぎの人が食事療法により食べる量を増やして、太ることで適正体重に戻す食事療法も「ダイエット」と言う。しかし、とりわけ先進国では圧倒的に前者のケースの方が多いため、現実的には「食事療法による減量」のみを意味する言葉である、という共通認識が根付いているのが実情である、と記されています。(〜Wikiペディアより抜粋〜)

上記の記述にもあるように、摂取カロリーが消費カロリーを上回れば脂肪が付く、逆に消費カロリーが摂取カロリーを上回れば脂肪が落ちる、言い換えれば「筋肉を付けて消費カロリーを増やす!」「一日の総食事量を調節して摂取カロリーを低くする!」2通りしかないのでは?と私は考え、

体重の増減に一喜一憂するのではなく、洋服を着た時にウエスト周りが如何に綺麗なラインをしているか?に重点を置いた、「パンツ選び」「醜さチェック」「食事の回数と量」の3つの試みをスタート。

1.パンツ選びはノータック+フィット感

タックの入った余裕を感じるパンツ選び(女性の場合はゆったりサイズのワンピースやウエストがゴムタイプのパンツ類)は、もう少しなら大丈夫だろう?と危機感が薄らぐため、どんどんサイズアップに繋がってしまい易いことから、パンツ選びはノータック+ジャストサイズに近いフィット感を得られるタイプにチェンジ。

これを機に後戻りが出来ぬよう、タックの入ったゆったりサイズのパンツ類は全て捨てました。

2.体重よりも、鏡に映る見た目の醜さと前屈み時の苦しさをチェック

体重は一日に500グラム〜1キロは変動する事から余り当てにならない故、体重計には一切乗りません。

そのかわり毎入浴時、鏡の前でウエストラインの醜くさと前屈みになった時の窮屈感をチェックし、湯船に浸かりながら下腹部のマッサージを繰り返すことで、脳にダイレクトに危機感をインプットさせています。

3.しっかり食べるのは一回だけ

朝はお腹がグ〜ッと鳴ってから、野菜ジュースとチーズ等の発酵食品で新鮮な酵素をしっかり補給し、細胞と胃腸の働きを活発にして午前中の排泄タイムをサポート。

昼は仕事柄摂れる時間がまちまちなので、時間を問わず直ぐに口に出来るバナナと毎回具を変えたおにぎりを控え室にスタンバイしておき、作業中の燃料切れを起こさないよう手の空いた時に炭水化物・タンパク質・ミネラルエネルギーを2〜3回に分けて細めに摂取。

夜は塩分(香辛料)・脂分・糖分を控えた薄味の食事を、腹八分目までしっかり食べます。

これら3つのボディケアを実践し始めてから、パンツもワンサイズ落とすことが出来て身体の重さを感じる事が少なくなったばかりではなく、仕事での集中力も増しています。そして何と言っても、アラフィフ世代の私が「見た目年齢30代をキープできている!」事が一番ハッピーです♪

体重の減少よりもボディラインの美しさを目指しませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より