脂肪の消化を助けるトマト、選び方や保存法を間違うと栄養価が半減

140526-SMR053-IMG_3031
photo credit: おとなキレイ向上委員会

トマトが赤くなると医者が青くなる!

こんなコトワザもあるように、トマトは胃腸などの消化器官の働きを整える効用に優れ脂肪の消化を助ける作用もありますから、1日に1〜2個は食べたいところです。

そして、できる限り栄養価が高くおいしいトマトを食すためにも、選ぶ時のコツや長く楽しむための保存法を学ぶ必要があります。

 

トマトを19種食べ比べて学んだ大切なこと8選

昨日のエントリー » 便秘の改善に役立つトマトを19種食べ比べて学んだ大切なこと8選では、「トマトの基礎知識」「トマトの原産国と歴史」「トマトの旬」「トマトの主要産地(国内)」の4つについて紹介いたしました。

今回は残りの4つ、「トマトの栄養分」「トマトの分類」「トマトの選び方」「トマトの保存方法」についてお届けいたします。

 

トマトの栄養分

漢方の陰陽論では、「体を冷やす陰性食品」で利尿作用が強いので、食べ過ぎに注意

体を温める「塩」をトマトジュースに加えたり、トマトに熱を加えて料理する工夫を。

クエン酸・リンゴ酸・酒石酸・コハク酸などの有機酸:胃液の分泌を促進して脂肪の消化を促す
ビタミンC:抗ガン作用、老化防止作用
ビタミンA:免疫力の向上
リコピン:トマトの赤色色素ベータカロテンよりも抗酸化作用が強く熱に強い。ガンや動脈硬化予防
ペクチン:水溶性食物繊維、血液中のコレステロール値を下げる
カリウム:高血圧予防、むくみ予防

 

トマトの分類

近年、生産農家の間では品種改良が積極的に行われており、現在は下記の6つに分けられています。

ファーストトマト:以前の高品質トマトの代表格、甘味がありゼリー部は少なく、果肉部分が多く肉質はしっかりタイプ
桃太郎:近年の中心的トマト、糖度も高く酸味のバランスも良い完熟トマトの代名詞
中玉(ミディ)トマト:最近出回り始めたタイプ、色も良くジューシーで食べきりサイズが人気です
ミニトマト:一口サイズのミニトマト、赤色のほかにも黄色やオレンジ色も発売中
調理用トマト:加熱処理をすると甘味と旨味が引き出される、肉質がしっかりしていて形が崩れにくい
加工用トマト:ジュース用に改良されたタイプ、果皮が割れにくくヘタが取れやすい、リコペン含有量が数倍高い

 

トマトの選び方

おいしいトマトを選ぶためには、6つのポイントがあります。

丸く、かたくしまっていて重たい
赤くツヤがあり、均等に色づいている
ヘタが緑色でピンとしている
ヘタ周辺がひび割れていない

140529-PHY009-tomato-21.43.13
photo credit: おとなキレイ向上委員会

とんがり部分に星状の筋が入っている(おいしい)

140529-PHY009-tomato-21.39.47
photo credit: おとなキレイ向上委員会

白い斑点(果点)がない

140529-PHY009-tomato-21.36.49
photo credit: おとなキレイ向上委員会
 

トマトの保存方法

トマトの原産は南米ですから、熱いところを好みます。冷やし過ぎは味が落ちますから要注意。

ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に。(2〜3日まで)
青みの残っているものは常温において追熟
長期保存はそのまま冷凍する(取り出して水に浸けておくと皮がつるっとむける)

まだまだ日本では、トマトは付け合せに使用することが多いかと思います。が、おでんやお鍋にダシと一緒に煮込んだ料理は甘味と旨味がアップしてヘルシーで女性に人気があるそうです。

マイブームは、輪切りにしたトマトをオリーブオイルで炒め、ピザ用チーズを掛けて食べるメニューを良くやります。

これから夏本番に向けては、熱を入れて甘みを引き出す調理がオススメです♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

脂肪の増加を抑える隠れ作用をもつ「蕎麦(そば)」、初夏の涼を目と喉で楽しめるザルで食す

140507-PHY005-IMG_2860
photo credit: おとなキレイ向上委員会

私は「うどん」よりも「蕎麦派」です♪

私は幼い頃、風邪などをひいたり体調がすぐれず熱がある時などは、卵を落とした熱々のうどんを頬張ることもありましたが、夏でも冬でもうどんよりは蕎麦を好んで食べていたような記憶があります。

ここの所、卒煙できた見返りに食欲が出てきたため、少し時間が空いた時に口が寂しくなって、ついついナッツ類やお菓子類に手が伸びてしまい、少しばかりお腹周りのお肉が気になり始めました。(夏用に少し早めに買っておいた、ウエストをワンサイズ落としたパンツ3本がパツパツになっていてショック(^_^;))

これでは夏場にかけて身体を動かせなくなるとの恐怖感から、休日のランチタイムでの食事を「消化が良い軽めのものに変えていこう」と思い立ち、急激に暑さが増した先日は初夏の涼を目と喉で楽しめる「ザル蕎麦」をチョイスした次第です。

ただ、食べながら“フッ”と蕎麦には強いアレルギーが出やすいという認識はあるが、どういう栄養価があるのだろう?との疑問があったので、今回栄養価やどういった経緯や歴史があるのかを調べてみました。すると、驚いたことに「脂肪の増加を抑える作用がある」ということがわかりビックリしました。(もしかしたら、身体が自ら欲するものを教えてくれたのかもしれません。笑)

 

アミノ酸バランスが良く脂肪の増加を抑える作用がある「蕎麦」

元来農民の主食として『ソバ団子』や『ソバガキ』が食べられていましたが、江戸初期に「ひも状の麺」にする技法が考案されてから、一般大衆に広まっていったとされています。

日本国内の特産地は、信州、出雲、盛岡、秩父、などの寒冷地。外観が濃い色なので体を暖める作用を有する陽性食品であるため、冷え性の方にはオススメです。※ただし、アレルギー症状を起こしやすい「ルチン」を含有しているため、ソバアレルギーによるアナフィラキシーショックにはくれぐれも用心して下さい。

外国でも、ロシアの「カーシャ(ソバ粥)」、ポーランドの「ソバプディング」、フランスの「そば粉のクレープ」など、寒い国に存在するのは、陽性食品であるが故だと言えます。

 

現代病の予防にも有効な蕎麦の栄養価

8種類の必須アミノ酸を含む良質のタンパク質と、消化されやすいデンプン、血管を強化して脳卒中などを予防するルチン(ビタミンP)、脳の記憶細胞の破壊やボケを防ぐ蕎麦ポリフェノールやコリン。

そして何と言っても、そばに含まれるアミノ酸の「脂肪の増加を抑える作用」は、お腹周りのブヨブヨで悩んでいるあなたには必見です。

 

蕎麦に関する予備知識

『続日本紀』に「元正天皇の養老6年(722)は、夏の日照りが酷く稲が枯れ大飢饉になったので、ソバを植えるように命令が出された」という記述。種まき後、わずか50〜70日で収穫でき、酸性の痩せた土地でも寒冷地でも栽培可能で労力も少なくて済むため、救荒作物として重宝がられていたとの記載。

『本朝食鑑』に、ソバは「気分をおだやかにし、腸を寛げ、能く腸胃のつかえ(老廃物)をこなす。また、水腫、泄痢(はらくだし)、腹痛、上気を治す」との効能が並べ立ててある。

胃腸が弱く直ぐ下痢になりやすい私には、ベストマッチ♪

もちろん、しこしこツルツルのコシの強い蕎麦に、大満足だったのは言うまでもありません!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

蕎麦に関するエントリーの参照サイトと書籍

今回お蕎麦について、下記のサイトや書籍を色々参考にさせて頂きました。

蕎麦〜Wikipedia』

免疫力や自然治癒力を高める食材を100品目以上紹介されていて、それに加え「生い立ち」「効能」「民間療法」等もご紹介されているので、参考になるところが多いです。

 

NT001 肥満率上昇に浮かぶ…「髪のダイエット」の必要性!?

 

130104-4222532649
photo credit: Alan Cleaver via photopin cc

 

お正月三が日も、あっという間に過ぎてしまいましたが、

貴女は心安らぐ日々を送れましたか?

 

私は昨年のお正月に比べ、これでもか?という位のんびりと過ごさせていただいたこともあり…

 

お陰さまで、お餅やお節の食べ過ぎによる下腹の膨らみは少し気になりますが、

本日よりスタート致します2013年の仕事始めは元気一杯で迎えられました♪

 

しかしながら、年始そうそう気になるニュースが私の目に…。

 

肥満率上昇に浮かぶ…「髪のダイエット」の必要性

私の心が、ワナワナと震え上がった!?ニュースはこちら↓。

 

 米ワシントン大学のアリー・モクダッド教授によると、伝染病で命を落とす子どもの数が予防接種のおかげで激減したため死亡率には大きな変化が見えたが、その一方で、肥満が世界的に増加しており、その影響が表れ始めているという。

 

サハラ以南のアフリカ諸国を除く全ての国で肥満率は驚くほど高くなっている。肥満は、世界全体では調査期間の20年間で82%増加し、中東諸国では倍増して過去最高水準になった。

 

いわゆる「欧米型ライフスタイル」が世界中に行き渡りつつあり、どこにおいても同じ影響をもたらしているとモクダッド教授は指摘。

・・・・・・

健康への脅威は飢餓よりも肥満 肥満率は過去20年で8割増】2013.01.02 Sankei Biz

 

美しさ維持には「肥満の回避は最重要課題!」で、

私も食事制限などで日々太らないように心掛けていますが、

この記事にあるような「肥満率の8割増」はただ事ではありません。

 

日本でも、本来40代以降に多かった成人病が小学生の間でも見られるようになるなど、ジワジワとその危険が及び始めています。

 

貴女は肥満というと「体型が見にくくなるから嫌!」と危惧すると思いますが、

私は美容師という職業柄、肥満と同じ位、イヤそれ以上に髪の健康を危惧して止みません。

 

肥満によって、身体の中に余分な脂肪が溜まり始めると…

 

・血液がドロドロになる

・髪に栄養が行き届きにくくなる

・地肌がベタついてくる

・髪にボリュームが出にくくなる

・皮脂の分泌が多くなる

・毛穴が皮脂に覆われやすくなる

・シャンプーで汚れが落ちにくくなる

・運動するのが億劫になり代謝が悪くなる

・ホルモンのバランスが乱れる

・加齢臭がキツくなる

・・・・・・など

ざっと挙げただけでも、これだけの影響が考えられます。

 

さらに、昨今流行っている「ノンシリコン製品」を使い続けていると…

製品に配合されている「自然由来の大量の油脂分」が髪の中に蓄積されてしまい、

 

・髪が乾きにくくなる

・次第に髪が痩せてくる

・パサつきが酷くなる

・プチプチ切れる毛が増える

・パーマが掛かりにくくなる

・ヘアカラーが染まりにくくなる

・パーマやヘアカラーの持ちが短くなる

・・・など、の悪影響が出始めます。

 

まさに、身体の内からと外からの、ダブルのいじめに遭っているような状態。

 

肥満体質から脱出するための、体型の改善や維持には、「塩分・糖分・脂肪分を控えた食事」「ウォーキングなどの軽い運動」「質の高い睡眠」を

 

大量の脂肪分が毛髪内部に蓄積されたメタボ髪には、トリートメントではなく

不必要な脂肪分を外に出してあげる「髪のダイエット」をお勧めいたします。

 

 

「髪のダイエット」は初めて聞いた!という貴女には

「【髪のダイエット】髪のパサパサ・ゴワゴワを感じ始めたら髪肥満の初期症状です!」で、詳しくご紹介させていただいております。

 

 

さぁ私も、記事を書いているだけではなく、

気になり始めた下腹の改善に取り組まなければ…。(笑)

 

おとなキレイ向上委員会:主宰 田中和義 より