KB028 秋なのに夏色のまま? – 髪色とファッションのアンバランス

季節によって身につける洋服は替えるのに、髪の色は1年中同じまま?

洋服は年ごとに様々な流行があり、季節ごとに色々なファッションを楽しんでいるのに髪の色は?というと、ただ白髪が隠れれば良いと1年中同じ色でヘアカラーをしている方がまだまだ多いようです。

 

季節や洋服に合わせて髪色も着替えると大人の魅力がアップする

髪のプロである美容師が施術するヘアカラーに於いてはその年の流行の色を進める傾向にあり、季節に合わせて色や明るさをチェンジする提案をしているサロンはまだまだ少数派のようで、サロンに初めてご来店される顧客様からも「季節によって色を変えるアドバイスはしてもらったことがない」というお話をよく耳にします。

街行く人たちを眺めていても、洋服は濃い目の茶系などシックな秋の装いに身を包んでいるのに髪の色は明るめの黄色系といった夏色のままでは、どこかアンバランスに感じてしまうばかりか、似合わない髪色に染めていて「何となく顔色が悪く見えたり老けて見える」等、ほんの些細な色のミスマッチによって見た目の印象を損ねているケースも目立ちます。

確かに私達の生活環境の中には何千何万という色が溢れており、どんな色が自分に似合うのかわからない為、ついつい長年慣れ親しんだ色や無難な色を選択してしまう気持ちも理解できます。

しかしながら、あなたは無意識のうちに自分に似合う色を選択していることにお気づきでしょうか?

姿鏡を前にして、ハンガーに掛かった洋服をとっかえひっかえ体に当てているあのシーン、実は洋服が自分のイメージに合うかどうか?だけでなく、洋服の色が自分の肌の色に合うかどうか?もチェックしているのです。

大体7〜8割くらいは似合う色の洋服をチョイスしていますが、その日の気分によって2〜3割は似合わない色を選択してしまうため、クローゼットの肥やしとなってしまうのです。

もし、あなたのなりたいイメージ、個性、好みの洋服、季節感にベストマッチする色を知り、ヘアカラーに活かすことが出来たなら、あなたの大人の女性としての魅力は確実にワンランクアップします。

季節感やイメージにマッチするカラー診断を取り入れた「あなたの髪を痛めないヘアカラー」を体験してみませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

HA004 毛髪が元々持っている色素の混合バランスが髪色の違いを生む

同じ色で染めても仕上がりの色に差が出るのは、元々持っている色素の混合バランスが違うからです。

 

髪の色がひとり一人違うワケ

黒髪・金髪・銀髪・栗色・赤毛…など、毛髪の色は人によって様々ですが、その違いを決めているのは毛皮質に多く含まれているメラニン色素です。

このメラニン色素には「ユーメラニン」と「フェオメラニン」の2種類があります。

ユーメラニンは濃い褐色、フェオメラニンは黄色から赤に近い色で、この2つのメラニン色素の量の違いが、黒髪から赤毛、銀髪・金髪などの様々な髪の色を醸し出しています。

そして、これらのメラニン色素を作っているのが、メラノサイトと呼ばれている色素生成細胞です。

メラノサイト(色素生成細胞)は毛根部分の一番下にあって髪の製造工場の毛母細胞と入り混じるようにして存在し、製造したメラニン色素を毛母細胞へと送り込んでいます。

131010-HA004-danmen-meranin
【断面図−メラニン】
photo credit: おとなキレイ向上委員会

上記の図に示した様に、日本人の黒髪には大量のユーメラニンと少量のフェオメラニンがありますが、金髪にはほとんどフェオメラニンしか含まれていません。

2つのメラニンの量や配合バランスの異なりが、人それぞれの髪色の違いを生んでいるのです。

また、毛乳頭から送られた19種類のアミノ酸と16種類のミネラルを元に毛母細胞が分裂を繰り返すことで、次から次へと髪の卵である毛芽が造られその過程で髪の中にメラニン色素が定着し、髪に色がついていきます。

そして、色素生成細胞(メラノサイト)がメラニン色素を作る時にどうしても欠かせないのが、チロシナーゼという酵素。

しかしこの酵素、40才を過ぎたあたりから徐々に減少し、だんだんメラニン色素が不足気味になるため、白髪になる本数の増加に繋がると考えられています。

但し、白髪といえど完全な白になる方はごく少数で、ユーメラニンまたはフェオメラニンのどちらかの生産が続いているうちは、老化しても黄色味もしくは灰色味を帯びています。

あなたは似合う色と流行の色、どちらを選びますか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より