髪が自分の力で美しい髪に変わっていく!大人の美髪

髪の毛にとって「栄養補給」や「ダメージ補修」は本当に必要なのでしょうか?

私たち人間の髪は、口から摂取した食べ物を咀嚼したり胃腸で消化吸収された栄養分によって作られています。

ですから、年齢を重ねて40代や50代になってもツヤツヤな髪をキープしたりハリ・コシある髪を育てるためには、食べ物の好き嫌いはできる限りなくし「タンパク質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」「脂質」の栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう!と言ったアドバイスを受けてきました。

にも関わらず、髪の毛にとっては全くの異質物であるトリートメントで、中心的な栄養素である「タンパク質の補給しましょう!」とか「傷んでいる所のダメージ補修をしましょう!」というのは可怪しいと思うのは私だけでしょうか?

自然の循環システムとトリートメント

私たち人間は大気中の「空気」を吸って約60兆個に及ぶ体中の細胞を育てるエネルギーとして使った後は、「二酸化炭素」を吐き出します。

そして私たちが口から吐いた「二酸化炭素」は、植物が太陽光線と一緒に取り込んで光合成によって成長するときのエネルギーに変えて、葉っぱから「酸素」を出してくれます。

このように地球上の生物は、お互いに足りないものを補完しあって循環させることによって生命を維持しているのです。

これは、私たちの髪の毛でも例外ではありません。

あなたは、人間の髪の毛は「トリートメントによって健康を維持している」と思っているかもしれません。(約9割の方が同様の意見かと思います)

私も美容界に入りたての頃はそう信じて、疑うことはありませんでした。

しかしながら、どんなに品種改良をされた新しいタイプのトリートメントや整髪料類を使っても一時的に手触りが良くなるだけで、一向に枝毛などのダメージは改善してきません。(まさか、トリートメント自体に非があるとは思いもよりません)

広がった髪のボリュームを抑えたり、髪型がうまくまとまらない時に使用する、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ヘアワックス、等も例外ではありません。

髪にとって「栄養補給」や「補修補正」は本当に必要なのだろうか?と、どんどん疑いが深まって行ったことがつい昨日のことのように思い出されます。

その後、理想とするプロダクツに運命的な出会いを果たし、医療系の毛髪化学や皮膚科学を講義を受ける中、

髪は、三大栄養素である「空気」「ミネラル」「皮脂」の自然エネルギーを循環させて健康を維持していることを学び、

如何にトリートメントを始めとする整髪料類が、自然の摂理(ヘアサイクル)から外れているか、自然の循環には必要のないものかを知ることが出来たおかげで、

これらのトリートメントを始めとする整髪料類に頼ることなく、オトナの女性が内側から醸しだす「大人の魅力」と「大人の美髪」を引き出すサポートが可能となったのです。

あなたはトリートメントや整髪料類の使い過ぎで髪を痛めていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛対策とストレス、抜け毛対策で一番初めに取り組まなくてはならない最重要課題とは?

130810-7R-03-04-00-021
photo credit: おとなキレイ向上委員会

抜け毛症状がなかなか改善に向かわない方々の共通点は、不安要素にとらわれてしまう所にあります。

「もしこのまま抜け毛の増加が止まらずに薄毛になってしまったら?」

抜け毛増加に関する未来への不安ばかりを考えていては治るものも治らなくなり回復が遅くなるばかり、

ですから一刻も早く不安を勇気に変えてくれる専門家からのアドバイスが必要になるのです。

 

抜け毛の傾向と対策

ここ5年ほどの抜け毛の傾向を追ってみると、以前のように季節的な要素やヘアケアの様な外的要因よりもむしろ

「ストレス」や「将来の不安」…等、メンタルなどの内面的要因が関係しているケースが増加傾向にあります。

 

テレビコマーシャルは間違いだらけ

一方でテレビコマーシャルなどの影響からか、育毛剤や薬用トニックを使用すれば簡単に抜け毛は改善していくのでは?と思っている方が多いのも事実です。

目安としては、育毛剤や薬用トニック類を使用し始めてから、1〜2週間使い続けても何ら変化が見られない場合は使用を中止することをお勧めいたします。

 

ストレスを甘く見すぎていませんか

精神的なストレスが引き起こす「抜け毛」は、本人にあまり自覚がない故、症状の発見や回復を遅くしてしまっており、
気がついた時には症状が悪化気味のケースが近年増加傾向にあります。

中でもSNSを通した希薄なコミュニケーションによる疲労、職場の人間関係のストレスは身体の疲労を増大させ、
知らず知らずのうちに抵抗力や免疫力を低下させてしまうだけでなく、

毎日生まれ変わっている細胞が不健康な状態で生まれてくる確率を高めてしまいます。

ですから、抜け毛対策で一番初めに取り組まなくてはならない手当ては、育毛剤や薬用トニックを使う事ではなく、

「栄養バランスの整った食事」「夜中の12時前の睡眠」の生活習慣が精神的ストレスを軽減させて健康な細胞を生み、抜け毛症状の悪化を予防するための最重要課題となります。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛の増加と体のダルさが半端ない!あなたの症状の原因は?

140704-NT041-IMG_3192

抜け毛が増えたからと言って、原因が精神的ストレスとは限りません!

抜け毛が急に増え始めた!というと、美容師をはじめ多くの人は精神的ストレスが大きかったのでは?と真っ先に考えを巡らせます。

しかし、症状が抜け毛と体のダルさとのセットの場合、考えられるのは甲状腺ホルモンの分泌障害かもしれません。

 

髪も体も元気がなくなる甲状腺機能障害

140704-NT041-IMG_3193

7月1日の朝刊に、今回の記事は掲載されていました。

これだけ大きく取り上げられるということは、抜け毛、身体のダルさ、体温が低い、むくみ、手足がしびれる…等、

甲状腺の機能障害の特徴的な症状を感じている潜在的患者数が相当数いることが考えられます。

 

特徴は虚脱感・体のダルさ・抜け毛

サッカー日本代表の本田圭佑選手も、甲状腺の機能障害ではないか?といった報道も見られましたが、本人が首の手術痕について一切口にしないので、真相は藪の中。

私のサロンの顧客様の中にも、1日の仕事が終わり一旦軽く座り込むつもりが、なかなか立てなくなるなど「体のダルさが半端ない!」と感じている、30代の方もいらっしゃいます。

甲状腺の機能障害は、甲状腺ホルモンの分泌量が多すぎるケース(バセドー病)と少なすぎる(橋本病)ケースの2タイプにわかれます。

ただ、最近では全世界で治療法が確立され始めており、飲み薬等で甲状腺ホルモンの分泌量をコントロールしながら手当てにじっくり取り組んでいく気持ちが大切です。

もし、タイトルにあるような「抜け毛の急激な増加と体のダルさ」がセットで起こっている場合は、甲状腺障害が潜んでいると見てほぼ間違いないでしょう。

ココではさらりと軽くご紹介しておりますが、分泌バランスを整えるのは時間を掛けてじっくり取り組む必要があります。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛を誘発するストレス|体温を上げたりすることもあるとは意外でした

140206-MO038-medium_4360292263
photo credit: michaelgoodin via photopin cc

長期間のストレスを受けると体温の高い状態が続く

まだまだ解明されていないことがたくさんあるのですね♪

本日の朝刊に、下記のような記事が紙面を飾っていました。

【ストレス発熱の仕組み解明 京大グループ】
京都新聞 6月27日(金)11時29分配信

 ヒトなどの哺乳類がストレスを受けると一時的に体温が1~2度ほど上がるが、長期間にわたるストレスは疲労感を伴う心因性発熱を引き起こすことがある。解熱剤が効かず治療が難しく、発症に関わる仕組みはよく分かっていなかった。
 グループは、ストレスで心因性発熱になったラットで実験した。脳内にある延髄と視床下部のそれぞれの特定の部分にある神経細胞の働きを抑えると、熱を生み出す「褐色脂肪組織」の温度が上がらず、体温上昇も起こらなかった。
 これらの結果から、ストレスの信号は視床下部から延髄へと神経伝達され、交感神経を経て褐色脂肪細胞で熱の生産を促し、体温を上昇させていることが分かった。

「ストレス」というと1番最初に脳裏に浮かぶのは、抜け毛や円形脱毛症といった「髪に関する症状」を連想してしまいます。

そして、強いストレスを感じ始めて疲れが取れにくい状態になると、お肌の化粧のりが悪くなったり、胃腸の消化吸収機能が低下して軟便を繰り返しやすく疲れやすい、症状が一般的とされてきました。

今回のこの記事のように、「ストレスを感じると体の体温が1~2度ほど上がり」、長期間にわたるストレスは疲労感を伴う心因性発熱を引き起こすことがある症状は、

解熱剤も効かないとなると、「熱」「湿疹」においては症状が重症化しやすく、相当大変になることが予想できます。

血行不良と肌荒れはストレス性症状の代表格です♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

目指したのは自然の循環の中で育つ「大人の美髪」です

140530-KB059-medium_5286315422
photo credit: orestART via photopin cc

髪にとって「栄養補給」や「補修補正」は本当に必要なの?

元気な髪を育てるために、好き嫌いはできる限りなくし「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」のバランスの取れた食事を心掛けましょう!と声掛けはしてみるものの、

見た目にスグに変化を感じ取れるような簡単にできる手当てであったり、抜け毛や切れ毛が急激に増えたような痛い思いをしない限り、

体の中から変えていくような地道なお手入れはダイエットと同様に、実践し始めてもなかなか長く続けるところまではいかないのが現実です。

 

自然の循環システムとトリートメント

私たち人間は大気中の「空気」を吸って細胞を育てるエネルギーに変え、「二酸化炭素」を吐き出します。

そして、私たちが口から吐いた「二酸化炭素」を、植物が成長するときのエネルギーに変えています。

このように地球上の生物は、お互いに足りないものを保管しあって循環させることによって生命を維持しているのです。

これは、私たちの髪の毛でも例外ではありません。

あなたは、人間の髪の毛は「トリートメントによって健康を維持している」と思っているかもしれません。(約9割の方が同様の意見かと思います)

私も美容界に入りたての頃はそう信じて、疑うことはありませんでした。

しかしながら、どんなに品種改良をされた新しいタイプのトリートメントや整髪料類を使っても一時的に手触りが良くなるだけで、一向に枝毛などのダメージは改善してきません。(まさか、トリートメント自体に非があるとは思いもよりません)

広がった髪のボリュームを抑えたり、髪型がうまくまとまらない時に使用する、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ヘアワックス、等も例外ではありません。

髪にとって「栄養補給」や「補修補正」は本当に必要なのだろうか?と、どんどん疑いが深まって行ったことがつい昨日のことのように思い出されます。

その後、理想とするプロダクツに運命的な出会いを果たし、医療系の毛髪化学や皮膚科学を講義を受ける中、

髪は、三大栄養素である「空気」「ミネラル」「皮脂」の自然エネルギーを循環させて健康を維持していることを学び、

如何にトリートメントを始めとする整髪料類が、自然の摂理(ヘアサイクル)から外れているか、自然の循環には必要のないものかを知ることが出来たおかげで、

これらのトリートメントを始めとする整髪料類に頼ることなく、オトナの女性が内側から醸しだす「大人の魅力」と「大人の美髪」を引き出すサポートが可能となったのです。

あなたは髪を痛めるトリートメントや整髪料類に頼っていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛や肌荒れを起こして表面化する「ストレス」は、何処からやってくるのだろう?

そもそも目に見えないストレスは何者(物)?と考えを巡らせてしまいます。

140427-MO051-origin_2078076913
photo credit: MarcelGermain via photopin cc

最近、仕事やプライベートで色々考えさせられることが続いたせいか、胃腸がキリキリ傷んで便秘と下痢を繰り返しています。この胃腸の消化吸収の働きを狂わせてしまっている正体が「ストレス」ではないかと考えるのですが、一体何処から現れるのだろう?と症状が出るたびに不思議に思っています。

 

考えれば考えるほど影響力が大きくなる

まずは「ストレス(stress)goo辞書より」について、言葉の意味を調べてみると下記のように記されていました。

1 《生体にひずみの生じた状態の意》寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応。また、その要因となる刺激や状況。
2 語勢。強さのアクセント。

胃腸がキリキリ傷むからといって、胃腸に掛かる負担(ストレス)を大きくしてしまった直接的な原因があるわけではないのですが、痛みが引かないことにはどんどん体力が奪われてしまうため、まずは痛み止めや整腸剤を飲んで痛みを抑えようと試みます。

他にも、毛根や肌細胞へ毎日送られている指令に不具合を生じさせて、髪の成長サイクルを乱して抜け毛を増加させたり、潤い力を低下させて肌荒れを起こしたりします。

また、身体の至る所に表れては鋭利な刃物でツンツンと刺激を与えるような反応を見せるなど、「何処から表れ何処に消えていくのか?」については、謎に包まれている部分が実に多いといえます。

そして、抜け毛や肌荒れを起こす事で表面化する「ストレス」。私は、身体の神経回路を通って全身を駆け巡ることのできる電気信号みたいなものがストレスの正体ではないかな?と、最近の考えはココに落ち着いています。

ストレスを自分の思うままにコントロール出来れば良いのですが、なかなかそう上手くは行きません♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛と睡眠不足|足が冷えない様にと靴下を履いて寝ている

足が熱さで蒸れてしまって眠れない!

140408-KB052-medium_8020820411
photo credit: SalFalko via photopin cc

抜け毛が増える要因のひとつに「睡眠時間の不足」がありますが。冬場の寒い時期になると「血行がすぐに悪くなってしまう冷え性のあなた」は、寝る時に靴下を2枚重ねにしていませんか?

私の奥さんは、凄い冷え性で寝る時に靴下が欠かせない人なので、私も以前、真似をして2回ほど「靴下を履いたまま寝てみた」覚えがあります。

 

抜け毛の増加と睡眠不足

ただし、とてもじゃありませんが「眠りについても足が熱さで蒸れてしまって途中で起きて」しまったり、「なかなか寝付けなかった」ことをよく覚えています。おまけに「アッチ向きコッチ向きの寝グセ」がヒドイ日には鏡で見たくもないですし、ましてや人に会うのなんて恥ずかしくて真平ゴメンです。

 

足を温めすぎると眠りが浅くなる

あなたは、足先が冷えたままだとなかなか寝付けないのでは?と思い、靴下を重ねて履いたりして足を冷やさないようにしていませんか。

起きている時なら有効な手当てとなるのですが、寝るときには注意が必要と言えます。

私たち人間の体は、さぁこれから眠りの体制に入るぞ!という際には、足裏の汗腺から汗と一緒に不必要な熱を放出して体の温度を下げることで、スゥ~ッと静かに眠りに入っていくメカニズムになっています。

しかしながら、靴下を履いたままですと、本来足の裏から出ていくはずの熱が行き場を失って留まってしまうため体温が下がりにくくなり、その結果眠りも浅くなってしまうのです。

 

睡眠の不足が続くと抜け毛も増えます

私たち人間は、夜の10時から夜中の2時までの寝ている間にあらゆる細胞が作られホルモンバランスが調節されていますから、もしこのまま睡眠が不足している状態が続くと、次第に髪の製造工場にも悪影響を及ぼします。

最悪の場合、ホルモンバランスが乱れた不健康な髪の卵が生まれ、、、

「ハリ・コシ・ツヤの失われた抜けやすい髪が育ってしまう」ことに繋がるのです!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

春の抜け毛対策 – ガッチガチの首と肩のコリを解して春の抜け毛増加を予防

春の抜け毛シーズンの予防策は何かお考えですか?

140323-CO072-medium_394690766
photo credit: pimpampum via photopin cc

春は、入学・進学・就職といった生活環境が大きく変わる時でもあり、桜の開花宣言の北上と共にやってくる「春の抜け毛シーズン」でもあります。

春タイプの抜け毛は主に、休止期から毛芽期への「ヘアサイクルの移行による毛髪の生え変わり」によって起こりますが、その他にも、新しい環境に慣れるまでは感情面が不安定になりやすく、精神的ストレスの増加により抜け毛が増えるケースも。

 

スマホの普及と首・肩のコリと抜け毛の増加

スマホが普及し始めたここ5年ほどで、入浴以外は常にスマホを触っている方が急増中。小さな画面の操作に首・肩・腕の筋肉は常に負担を強いられ、約5キロもある頭を支え続けているため、首から肩にかけてガッチガチに固くなったコリを訴える方が増えており、抜け毛の急激な増加に悩む30代以上の方も増えています。

 

「血のめぐり」が悪くなると筋肉が固くなってコリが始まる

人間の体は、動脈の太い血管を通して各器官に酸素や必要な栄養分を送り届けています。もし血のめぐりが悪くなってしまった場合、各器官に酸素や必要な栄養分が届きにくくなり、乳酸などの疲労物質が蓄積され筋肉が硬くなってコリが始まります。

人間の髪の毛は、血管を通って運ばれてくるタンパク質やミネラル等の栄養を元に、髪の製造工場で髪の卵を作っていますから、血のめぐりが悪くなってしまったら栄養の供給量も減ってしまうので、栄養失調から抜け毛も増加してしまいます。

 

ガッチガチの首と肩のコリを解す「首・肩の温め」

ガッチガチに固くなってしまった首と肩のコリを解すのに一番簡単な方法は「温めること」。蒸しタオルを患部に当てて温めることによって血のめぐりが良くなり、疲労物質が一気に回収されて酸素や栄養分も全身に行き届き、新陳代謝も活発化し体温も上がります。(もちろん、髪の製造工場にも)

そして、乱れていた自律神経のバランスも整って身体がリラックス状態になり、ガッチガチに固くなっていた首と肩のコリも解れ、髪の製造工場にも栄養が行き届いて抜け毛が少なくなり、、、

心と体も“HOT”休まります♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

からだを温めるケアの参照書籍

 

【抜け毛・切れ毛対策】毛髪は排泄器官のひとつで、身体の毒の最終処分場です

美髪の基本は、補修・補正をしないこと♪

photo credit: おとなキレイ向上委員会

140319-CO071
photo credit: おとなキレイ向上委員会

いくつになってもハリ・コシのある美しい髪をキープして若々しくいたい。そのためには、栄養バランスを考えた食事を好き嫌いなく何でも口にする、規則正しい生活習慣や睡眠のほか、重要なのは「トリートメント等の整髪料で補修・補正をしないこと」

一般的な美容の常識では語られていない、身体と髪の関係や美髪を育てるためのポイントをレクチャーします。

 

毛根に毒がたまると、抜け毛や切れ毛につながる

自宅で毎日トリートメントや整髪料でヘアケアを欠かさず行っているのに、抜け毛や切れ毛が急に増えたみたい?これらの症状が気になるあなたは、髪の健康を見つめ直してみましょう。

最近ではあまり語られなくなりましたが、じつは人間の毛髪はお肌や腸と同じ「排泄器官」。お肌は汗・あか・皮脂とともに汗腺から、腸は便とともに、体内のさまざまな有害物質を排泄するのと同様に、人間の体内で必要とされない金属元素(毒)は、血液とともに毛細血管を通って毛根部に運ばれ、成長とともに毛乳頭から毛髪へと排出し最終処分されるのです。

 

整髪料での補修・補正が、髪のストレスやヘアトラブルの源

トリートメントや洗い流さないトリートメント等の整髪料で、髪の表面や内部の傷んだところを補修・補正と聞くだけで如何にも綺麗になりそうな気がしますが、実はこの整髪料でのダメージケアが、髪にとってはかなりのストレス

これらの整髪料類に配合されている美容成分や油脂分、天然由来と聞くと身体に良さそうなイメージですが「髪にとっては必要としない不純物=毒素」となってタンパク質を劣化させたり皮脂に混ざって酸化してしまうため、抜け毛や切れ毛や炎症などのヘアトラブルを引き起こす源となってしまうのです。

 

毛髪にたまった毒素や有害物質を大掃除するダイエット

いったん髪や毛穴の中に入ってしまった美容成分や油脂分などの毒素をそのままにしておくと、ハリ・コシを維持するために必要なタンパク質の密度が低下したり、潤いをコントロールしている皮脂の分泌を狂わせ、ヘアトラブルの悪化に直結してしまいます。

このような悪循環を断ち切るためには、美容成分や油脂分などの毒素や有害物質がたまってメタボ気味の髪内部や毛穴を大掃除するダイエットを行うこと。1度スッキリリセットすれば髪本来の自然治癒力(引き締め力)が回復し、ダメージの悪化防止につながります。そして「トリートメント等の整髪料で補修・補正をしない」髪の自然治癒力を損なわないケアを心掛ければ、新しく生えてくる髪にハリ・コシ・ツヤと天使の輪が蘇ります。

ハリ・コシ・ツヤのキープにはトリートメントは必要ないのです♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛と育毛剤 – 抜け毛が気になるとき、育毛剤を使用する前にチェックすべき3つの症状とは?

育毛剤を使ったからといってスグに抜け毛が減るとは限りません!

140307-CO069-medium_5903458664
photo credit: CliffMuller via photopin cc

最近、抜け毛が増えているのは毛根に栄養が足りていないからではないか?と考え、これ以上抜け毛が悪化しないように育毛剤をタップリつけて毛根に栄養補給している。

「育毛剤を使用すれば、配合されている有効成分の働きで抜け毛症状はスグに改善する」と信じている方が多いと思いますが、実際にはテレビCMみたいに簡単ではありません。

 

抜け毛が気になるとき、育毛剤を使用する前にチェックすべき3つの症状

育毛剤のテレビCMから受け取るイメージでは、育毛剤を使用すれば抜け毛症状はスグに改善すると思えてしまいますが、配合されている有効成分がきちんと働くためには、最低でも3つの条件をクリアしている必要があります。

 

体温が34〜35度台ではありませんか

人間の体内の化学反応は、37度前後が最も効率よく働き、1度下がるごとに効率が12〜20%減少するそうです。身体の各器官の働きは全て化学反応の積み重ねですから、体温維持は各器官の機能を保つ必須条件です。もし体温が下がると、各器官の機能は全面的に低下し、内蔵、筋肉、ホルモン分泌も低下し、体調も悪くなります。

にもかかわらず、現在の私たちの平熱は36度を切っている方が多く、34〜35度台の方達も珍しくありません。私たちの身の回りは、現代文明の産物である身体を冷やす便利グッズで溢れかえっています。体温の調節機能がうまく働かなくなっているだけでなく、自律神経の伝達システムもキチンと機能しないから、下がった体温をあげられない人達が増えているのです。ちなみに、髪の製造工場への伝達も自律神経が行っていますから、髪の生育にも悪影響が出てしまうと言えます。

 

頭皮が固く首から肩にかけてコリはありませんか

筋肉や内臓が作った「熱」を全身に巡らせる役割を担当しているのは、「血液」です。「血液」は水分含有率が高く、水は温度が冷めにくい素材ですから、熱を身体中に運ぶには最適なのです。

もし体温が36度を切った状態ですと、「血液」の巡りが悪くなるだけではなく「熱」も巡ってきません。当然、頭皮・首・肩にかけて熱不足によって血の巡りも悪くなり、筋肉や筋が硬直したコリや筋肉痛を引き起こします。

 

代謝が悪く毛穴に老廃物が溜まっていませんか

自律神経の伝達システムの機能低下で、新陳代謝が衰えた「毛穴」には、皮脂や角質を始めとした老廃物が「毛穴」周辺に溜まっております。

このままでは、体や髪の細胞を作るときのエネルギーになる、大気中の「空気」を毛根部に充分取り込むことができません。

この3条件をクリアしない限り、いくら毛穴環境を整えても育毛剤の効力は発揮されません!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

低体温に悩むあなたにお薦めの書籍