花粉症の重症化を未然に防ぐ、正しい知識と対処法(2)

私が発症した26年前に比べれば知識も対処法も格段に進歩しています♪

140226-KB048-medium_2223971541
photo credit: aheatwole via photopin cc

私が花粉症を発症したのは26年前、結婚式を挙げた年でしたからよく覚えています。仕事の数少ない休日を使って挙式に向けての打ち合わせや準備で忙しくしていたせいか疲れが溜まって体の抵抗力が弱っていたのかもしれません。

当時は「花粉症」という言葉もまだ出始めたばかりでしたから、どのように対処していいのやら全くの白紙状態。テレビや雑誌で紹介されている数少ないお手入れ法を参考にするしかなかった事に比べれば、今現在は情報も多岐にわたって紹介され薬や施設も充実してきており、正しい対処をすれば症状はかなり軽減できるようです。

 

花粉症の重症化を未然に防ぐ、セルフケア(対処法)

昨日に引き続き、花粉症の重症化を未然に防ぐ、正しい知識と対処法の第2回目。本日は「ご自宅で出来るセルフケア(対処法)」についてお送りしたいと思います。

 

花粉症用のマスクやメガネの着用

季節前から予防的に治療を行うとより効果的で、予防には外出時にマスク・メガネを着用して、原因の花粉を少しでも体の中に入れないようにするケアが有効です。

「花粉症用のマスクとメガネ」を付けるだけで、何も付けてない人と比べて体の中に入る花粉の量が最大約1/6に減少します。一般的なメガネとマスクでも、約半分に減少するという結果も出ています。(伊達メガネでも有効となるようです。)

 

薬の作用によって症状や生活の質の低下をやわらげる

花粉症薬は、体内で増えているアレルギーの細胞を抑える、症状の原因となる物質(化学伝達物質)の放出を制限、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質の働きをブロック、する作用を症状によって使い分けています。

くしゃみ・鼻汁には、鼻の粘膜でヒスタミンの働きをブロックして症状を抑える「抗ヒスタミン薬」、鼻づまりには、神経や血管に作用するのをブロックする「抗ロイコトリエン薬」、これらの症状がより強い場合は、鼻の粘膜に噴霧する「点鼻用血管収縮薬」があります。

 

新しい免疫療法に対する取り組み

いま注目を集めているのが「舌下免疫(ぜっかめんえき)療法」。スギ花粉エキスを約2分間舌下に含ませることを繰り返して、花粉に対する免疫を作る治療法です。

維持量に達するまでの期間が短い、通院回数も少ない、痛くないことが大きなメリットで、6歳以上のお子さんから高齢の方にも受けていただくことが可能です。近い将来国から認可が下りると言われており、花粉症の治癒で悩んでいる方達には朗報といえます。

 

飛散時期の布団のお手入れは?

花粉の飛散量の多い時期は、就寝時にクシャミや鼻づまりの辛い思いから守るためにも、出来る限り屋外に布団は干さないほうが良いでしょう。

どうしても湿り気が気になって干す場合は、取り込む前にしっかり叩いて花粉を落としてから室内へ入れ、掃除機を掛けてダニと一緒に花粉も除去しましょう。

 

飛散時期のお部屋のお掃除は?

花粉は部屋の中に入れないようにするのが鉄則。とくに飛散時期は掃除はこまめにして、花粉を除去出来るタイプの空気清浄機を使って、室内の空気を清潔に保ちましょう。

こまめなお掃除には、持ち運びや収納にも便利なスタンドタイプが良いでしょう。

 

帰宅時に心掛けることは?

出勤や帰宅に長時間掛かっている方は、衣服や髪には想像している以上に花粉が付着しているものです。室内に持ち込まないように、玄関前で衣類や髪をよく払って花粉を落とすことを心がけてください。このホンのひと手間を掛けるか否かで、室内での症状の出方が変わる程です。

衣服の表面が毛羽立ったウールなどの素材は花粉が繊維の間に溜まりやすいので、避けたほうがベターです。

 

帰宅後に注意することは?

普段のケアは、「手洗い」と「うがい」を徹底すればで充分です。ただ安全性の面を考えるとどんな雑菌が潜んでいるかわかりませんので、水道水での眼や鼻の洗浄は避けたほうが良いでしょう。

鼻の洗浄には、水1リットルに塩9グラムを入れて煮沸し、体温まで冷ましたものを使用。眼の洗浄には、市販の人工涙液の目薬がオススメ。ただし、眼や鼻の粘膜はデリケートで傷みやすいですから、くれぐれも洗浄のし過ぎには注意してください。

セルフケアでのほんの少しの気遣いが憂鬱な気分を未然に防ぎます♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

花粉症の参照サイト

花粉症のQ&A

花粉症の疫学と治療 そしてセルフケア

的確な花粉症の治療のために

 

花粉症の重症化を未然に防ぐ、正しい知識と対処法

あなたのその知識は間違っていませんか?

140225-KB047-medium_8994142562
photo credit: tanakawho via photopin cc

そろそろ春の花粉が飛散し始める季節。去年の猛暑で、今年のスギ花粉は多めとの予報も出ています。正しい知識と対処法で、花粉症歴がある方も無い方も重症化を未然に防ぎましょう。

 

花粉症の重症化を未然に防ぐ、正しい知識と対処法

年々患者数が増加傾向にある「花粉症」。春先だけの方から、一年中症状に苦しんでおられる方まで、反応する花粉の種類によって症状の出方はマチマチです。自己流の間違った知識と対処法では症状の重症化を招いてしまいがちですから、この機会に正しい知識と対処法を一緒に学びましょう。

 

花粉症の症状の主な特徴は?

風邪の症状によく似ているため、勘違いしてしまう方も多いようです。

花粉症の症状の主な特徴は:くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等で、体質によって、皮膚疾患、のどの痛み、ニオイ障害、咳、微熱などの症状が出るケースもあります。

 

スギ花粉以外にはどんな花粉症があるの?

植物の花粉全てがアレルギー発症の対象になる可能性があります。

日本は、国土の約12%をスギ林が占めているため、スギ花粉のアレルギーが最も多いのです。その他の代表的なものには「ヒノキ」「ブタクサ」「イネ」など、確認されているだけでも50種類以上もあり、一年を通して飛散しています。

 

花粉症は日本だけで起こるアレルギーなの?

花粉症で苦しんでいるのは日本人だけ?と思いがちですが、実はそうではありません。

イタリアをはじめとするヨーロッパの国々では「オリーブ」の花粉症が多く、アメリカなどでは「ブタクサ」の花粉症が多く発症しています。

 

花粉症を発症する人はどんなタイプが多い?

花粉以外に「アレルギーを保持している方」は発症しやすいと言えます。

身体にとって異質物である花粉が体内に入ると、免疫機能によって「抗体」という細胞を作りヒスタミンなどの化学物質を分泌、その刺激でクシャミや鼻水を出して花粉を体外に追い出そうとします。

この異質物を体外に出そうとする体の免疫機能が過剰に反応して起こるアレルギー反応の一つであるため、誰にでも花粉症になる可能性を持っているのです。

 

花粉症用であればどんな薬を飲んでもOK?

出ている症状とその度合によって、服用する薬や摂取量は変わってきます。

クシャミや鼻水には一般的に「抗ヒスタミン薬」が効果的と言われており、第一世代と第二世代の二種類があります。第一世代は市販薬に多く、眠気や喉の渇きなどの副作用の強くでるものもあり、第二世代は病院の処方薬として主流で、第一世代とくらべて比較的副作用の少ないタイプが多いとされています。

市販薬を購入または病院で受診のどちらを選ぶにしても、あなたご自身の症状や仕事内容・生活習慣などをきちんと伝えて、最適な薬を選んでいただきましょう。

 

薬を服用し始めるタイミングは?

どんな病気にも共通しますが、早期発見早期治療が基本です。クシャミや鼻水などの症状が酷くなってからでは遅いです。

もし、花粉症を発症したかな?と感じたら、症状が軽いうちに治療を始めれば悪化を防ぐことも可能と、近年では言われています。花粉が飛び始める1〜2週間前から薬を服用し始めることで、ピーク時の症状を軽減する効果も期待できます。

ただ、各自の体質や飛散量が多いケースによっては、症状が酷くなってしまうこともあります。

 

花粉症を発症すると日常生活にはどんな影響が?

クシャミ鼻水が続くと、どうしても気分的にイライラしてしまいます。症状が悪化しても無理やり我慢し続けていると、次第に集中力が低下していき憂鬱な気分になり、寝付きが悪くなって睡眠不足になったりもします。

初めて経験する方はどうしても無理してしまい、仕事・家事・勉強など生活に支障きたすケースが多く見られます。心と体のストレスを軽減するためにも、早めに正しい治療を受けて規則正しい生活を心がけ、花粉シーズンを乗り切りましょう。

少し長くなってしまいましたので、この続きは「花粉症の重症化を未然に防ぐ、対処法」にてお届けいたします♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

花粉症の参照サイト

花粉症のQ&A

花粉症の疫学と治療 そしてセルフケア

的確な花粉症の治療のために

 

花粉症による肌荒れでお悩みのあなたには希望の光となるかもしれません

140129-NT026-medium_5789399832
photo credit: Matthew Kenwrick via photopin cc

私の住んでいる浜松では、花粉症の発症率が他の都市に比べて高いようで、転勤でこの地を訪れた多くの方が花粉症になっておられるようです。

私も花粉症歴は26年と長く、発症した当時は「花粉症」という言葉が出始めた頃で、10年ほどは夜も眠れないほど花粉症には嫌というほど苦しめられてきました。

 

花粉症解明にiPS細胞、新しい治療法に道

花粉症解明にiPS細胞、新しい治療法に道
読売新聞 1月29日(水)10時41分配信

 東京大医科学研究所などの研究チームは28日、花粉症患者の細胞を使ってiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したことを明らかにした。

 このiPS細胞を、アレルギー反応を引き起こす原因となる「肥満細胞」に変化させることにも成功した。花粉症の仕組みの解明や新しい治療法の開発に役立つ成果で、近く論文を発表する。

 花粉症患者の鼻や目の粘膜に花粉がつくと、粘膜上にある肥満細胞がヒスタミンという化学物質を放出し、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす。

 研究チームは、花粉症の50歳代の男性から皮膚細胞の提供を受け、iPS細胞を作製。さらに、このiPS細胞を肥満細胞に変化させ、スギ花粉を振りかけるとヒスタミンを放出することを確認した。

それにしても、実際に身体の中で起こっている花粉症の症状と同じような仕組みが人工の細胞で再現出来てしまうのだから、素晴らしい!としか言葉が見つかりません。この先、iPS細胞による治療の可能性はどこまで広がるのだろう。

近年は、目のかゆみ、クシャミ鼻水、に加えて「花粉症からくる肌荒れ」で悩まれている大人の女性の方が増えています。これらの取り組みが、症状の完治に向けた治療法の希望の光となるかもしれませんが、一刻も早く見つかって欲しいものです。

それまではとにかく、各自一人ひとりの予防に対する取り組みが大切になってきます。とくに、昨年12月から今年の1月にかけてインフルエンザやノロウィルスの発症で抵抗力が落ちている方は、、、

花粉症が本格化してくる前に早めの備えと予防対策を♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

花粉症に備えたお役立ちサイト

これでスッキリ!花粉症のメカニズム|花粉症対策 healthクリック

 

NT012 早くもインフルエンザで学級閉鎖、そして秋の花粉の飛散も…

夏の疲れが表面化するこの時期、「私は大丈夫」と過信する人ほど症状の悪化を招きやすいので注意が必要です。

130919-NT012-IMG_2476
photo credit: おとなキレイ向上委員会

本日は中秋の名月で、しかも満月。次回この2つが重なるのは8年後の2021年、東京オリンピック開催から1年後になります。この貴重な機会を逃さないよう月見団子をお供えし、キラキラと輝く星空にポッカリと浮かぶ満月を眺めながら、身体一杯に月光の光を浴びて、日頃の感謝を唱えさせて頂きました。

 

秋の花粉の飛散の始まりと想定外のインフルエンザの発症

夏の間、長時間エアコンの中で生活をおくっていた、アイスクリーム等の冷たい物を頻繁に食し、胃腸や手足を冷やし続けたあなたは、ウィルス等からの抵抗力が弱くなっていますので、注意が必要です。

 

静岡の小学校、インフルエンザで早くも学級閉鎖

インフルエンザの集団感染で早くも学級閉鎖です。
静岡県東伊豆町の町立熱川小学校では、2年生の1クラス27人中、8人が38度以上の熱を出し、17日、欠席しました。このうち7人がインフルエンザB型と診断され、学校では学級閉鎖の措置をとりました。
先日の台風18号の直後から静岡県内は一気に乾燥し、感染が広がったとみられています。インフルエンザによる学級閉鎖は今シーズン全国では初めてとみられます。

 

夏の間の酷暑による身体の各器官の疲れがこれから本格的に表面化してきますから、少しでも違和感を感じたら無理をせず、病院で医師の診断を受けて、「うがい」「手指消毒」「マスクの着用」等の予防対策をしっかり行ないましょう。

 

秋の花粉症に注意、花粉飛散が長びく見込み

 

エスエス製薬がまとめた2013年秋の花粉飛散に関する調査結果によると、今年の秋は花粉の飛散が長びく見込みという。鼻水やくしゃみなどの症状が出る人は、風邪だと簡単に自己判断せずにアレルギー検査を受けて予防策を講じることが重要。
 秋の花粉症は、道端や川沿いに生えているブタクサやヨモギなどキク科の雑草の花粉が原因とされ、通常は、8月頃から日本各地で飛び始め、9月中にピークを迎えて10月まで続くと言われている。
 今年は9月と10月も全国的に例年より気温が高く、降水量が多いことが見込まれ、高温多雨の影響により花粉飛散のピークが10月にずれ込み長期化する見通し。
 道路わきや公園、河川敷、あるいは都市のコンクリートの隙間まで日本全国に広く分布しているブタクサの花粉は、数十―数百メートルほどしか飛ばず、太陽が昇り始める早朝から午前中にかけて多量に飛散する傾向にある。
 特に晴れた日の午前中は、土手や公園などのジョギングやウォーキングは避けた方が良い。また、ブタクサが多い場所の通勤や通学、キャンプなどレジャーの際には、マスクや花粉症対策めがねをかけるといった予防策が必要。
 さらに、残暑が厳しい年は、スギの花粉が季節を勘違いして秋に飛び始める事例も過去にあったことから、今年はブタクサに加えてスギ花粉が飛ぶ可能性も。

予防策としては、外出する時はメガネやマスクを着用し、ブタクサが舞う晴れた朝の土手や公園でのジョギングは避けるが無難といえます。

私は、薬に対して抵抗感があったため、ウガイや鼻洗浄を続けることで鼻の粘膜の働きの低下を防ぎ、花粉への抵抗力を少しずつ慣らすことで約20年かけて症状の緩和をはかり、今では殆ど気にならないくらいにまで回復しました。(仕事への影響が気になる方には余りお勧めできませんが…。)

ここ5年ほどで日本の気候や環境は大きく変わり、どんな未知のウイルスが出てくるかわかりません。被害の拡大を防ぐためには、ひとり一人が自覚を持って予防対策だけはしっかりと行うことしかありません。

「私は大丈夫」という安易な考えをお持ちではありませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

MO006 花粉症の憂鬱 – 心と身体の症状悪化を防ぐ情報のフィルター設定

130424-CO006-medium_162623380
photo credit: This Is A Wake Up Call via photopin cc

昨今、メディアを通して花粉症に関する改善法や花粉の飛散情報を始めとする様々な情報が配信されていますが、症状の再発と空気の汚れや増加し続ける患者数を目の当たりにして、本当にそれが有益な情報なのか?、甚だ疑問に感じている今日この頃。

情報の洪水と気候の変化がもたらす不安要素

私が花粉症を発症したのは、忘れもしないマイ・ウェディングを間近に控えた1988年2月。

当時はまだ花粉症という症状自体が余り知られておらず、カゼが長引いているのでは?というくらいの認識しかありませんでした。

しかしながら朝起きてから寝床に就くまで、絶え間なく続く目のカユミと滴り落ちる鼻水に「鼻なんて要らない!」と何度叫んだことか。

寝たら寝たで、今度は鼻水が鼻の奥で詰まり、息苦しさに堪え兼ねてガバッと起き上がり、弱っている鼻の粘膜の殺菌と機能回復を目指して「食塩水による鼻洗浄」「目洗い」「洗顔」を1時間おきに繰り返す手当てを、症状が終息を迎える5月上旬までの約3ヶ月間毎日続けていた悪夢の様な日々。

当時は子供達が幼少期で遊び盛りだったこともあり、どうしても外出しない訳にはいかず、医者と薬が死ぬ程キライな私もその時だけは渋々市販の薬を服用して、一時的に症状を抑えていました。

ただ余りにも薬の副作用がキツかったことから、薬とはキレイさっぱり決別して大嫌いな医者にも頼らず、「身体の抵抗力や自然治癒力を高めていけば花粉症と言えど必ず症状は治まってくるハズ!」という強い信念を持ち続けながら、毎年訪れる花粉症に対しても上記の手当てをひたすら繰り返していきました。

それから10年程してから少しずつ症状が軽くなっていき、25年経過した今では日常生活にはマスク無しでも殆ど支障がないレベルにまで症状は回復し、重傷時を知る顧客様からは不思議がられる程に。(職場が室内だったのが幸いだったのかもしれません。)

ただ今春は日本の各地で台風並の強風が吹き荒れ、東京あたりでは春一番どころか春四番まで吹くなど、大荒れの模様。この気候が心身の負担を更に大きくして、多くの方が症状悪化を招いているようです。

 

気温・気圧の上下動が心と身体を重くする

大荒れ春の天気「カラダもおかしい」自律神経乱れ体調異変や気分落ち込み : J-CASTテレビウォッチ

「スッキリ!!」の気象予報士・武田恭明によれば、季節外れの暖かさが原因だという。暖かい空気が日本列島を覆っているが、北から寒気が流れ込むことがあり、寒暖の境目で低気圧が発達して荒れた天気になりやすいのだという。

こうした変調気候は、人間のメンタル面にも影響を与えるとコメンテイターで精神科医の香山リカは指摘する。気圧や気温が急に変わると、自律神経の調子が悪くなって体調が崩れたり、気分が落ち込んでしまうことがあるそうだ。今年はこの目まぐるしい気候のせいか、そういう人が多いようだという。

「体調やメンタルが気候と連動してることを知ってほしいですね。(対処としては)不調が気候のせいだと思うだけで少し安心できる場合もあります。あとは仕事を少し控えめにするとか」(香山)」

そんな中、先月東京に出張した際、観測史上でも稀な強風によってホコリやチリが舞い上がる「煙霧」に出会し、浜松では治まっていた花粉症の目のカユミ・鼻水症状が一気に再発。

 

環境悪化と情報洪水による症状悪化から守るフィルター設定

花粉症を抱えている私としては朝起きて動き出した時の症状でその日の花粉の多い少ないは大体把握できますが、このときばかりは想定外。幸い浜松に帰省して一週間程で症状も沈静化してホッとひと安心。

とは言えこの出来事を切っ掛けに、環境の悪化と情報の有益性に対しての疑問符が再燃。

花粉症は、空気中に浮遊する酸化物と花粉がくっついて鼻の粘膜に吸い付くことでアレルギー症状が発症すると云われていますから、この事から推測すると私が住んでいる浜松よりも東京の空気は汚染されていることが考えられます。

上記の記事にもあるように、心や体調が不安定な所に「日々の花粉の飛散量や患者数の推移」などの大量の花粉症情報が入り込んでしまった場合、発する側は親切心と考えていても、花粉症保持者の受け取る側の感度次第では「日々の花粉の飛散量を見たり聞いたりしただけで気分が悪くなる様な気がする!」、更に気候の上下動と相まって気分の落ち込みや症状が悪化するケースも起こり得ます。

この様な環境悪化や情報洪水から心身の健康を守ろうとした場合、身体の中への花粉などの有害物質の侵入をシャットアウトするマスクと同様に、不必要な情報は排除し信頼できる有益な情報のみを取り入れる!情報フィルターの送受信設定が何よりも大切なのでは?と痛切に感じた次第です。

あなたの情報フィルターは最適な設定になっていますか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より