美髪のために天然植物成分にこだわっていたのに、髪ダメージ悪化の原因だったとは…

天然由来の植物成分といえども、それが髪のためにならない場合があるのです

131229-CO053-medium_6853246365
photo credit: sinsibere via photopin cc

あなたは「天然の植物由来成分から作られた整髪料だから安心できるし髪にも良いだろう」と考えていませんか?

確かに、合成品に比べたら植物成分を使用した整髪料のほうが安全かも知れませんが、必ずしも髪にとって良いことばかりとは限りません。

私たち人間の毛髪は、自然界の食物を身体の中に取り入れて合成された様々な栄養分を吸収することで、スクスクと元気に育っています。

しかしながら、天然由来の植物成分といえども、身体や毛髪内部で合成されない成分に関してはまったくもって役に立たず、老廃物と化してタンパク質やキューティクルを傷つけたりヘアサイクルを乱して成長を妨げたりしてしまうケースもあるのです。

なかでも、昔から食用・薬用・工業用・化粧品等に使用されてきた「椿油」、20世紀後半から注目され、食用油やスキンケアに使用されてきたモロッコ原産の「アルガン油」、近年リップクリーム・ハンドクリーム・シャンプー・石鹸など様々な化粧品に配合されている「シアバター」…等は、その高い保湿力から主に毛髪の乾燥防止目的に使用されて人気を博しております。

ただ本来、毛髪は皮脂及び16種のミネラル分によって保湿バランスが維持されており、ここに全くの異質物である植物由来の油脂成分が入り込んでしまった場合、表面的にはシットリサラサラな手触りに仕上がるのですが、繰り返し使い続けるうちに油脂成分が紫外線酸化を起こし老廃物へと変化してタンパク質やキューティクルを傷つけ、ゴワゴワバサバサな髪な手触りへと180度変わってしまい切れ毛(断毛)を引き起こすなど、髪ダメージ悪化の原因となってしまうケースが増加しています。

植物からの栄養は、食べて胃腸から吸収されてこそ、髪のエネルギーとして役立つのです♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

KB014 クレームから学ぶ“安心安全”への道標 – 天然由来成分高配合であっても100%安全なモノは無い

天然で植物由来なら身体に害は無いと思っていたのに、肌が荒れてしまった?

130720-KB014-medium_3255598310
photo credit: Martin Gommel via photopin cc

近年、サロンにお寄せいただく相談メールやお電話、初めてご来店いただいた顧客様から、肌荒れに関するお悩みをお聞きする機会が大変増えております。

記憶の新しい所では「小麦由来成分配合の石鹸を使用したアレルギー」や、このブログで今月の6日(土)に取り上げさせていただいた美白製品で肌がまだらに白くなった症状などは、美容業界を巻き込んだ大きな社会問題にまで発展しています。

これらの問題から垣間見えるのは、どんな成分が配合されていて、どんな効能が得られるのか?といった製品の機能面や便利さばかりに注目してしまい、本来一番大切であるべき“身体への安全性”を第一に考えて商品を購入する方は、まだまだ少数派であるということ。

 

クレームは“苦情”や“嫌がらせ”とは違い、信頼への裏返し

私のサロンではオープン以来、一番大切にしている「安全安心ポリシー」が2つございます。

(1)施術メニューに使用する薬剤は、どんなに有名メーカーであろうと安全面がサロンの基準をクリアできない限りはメニュー化しない。
(2)ヘア&スキンケア製品・ホームケア製品は、どんなに有名メーカーであろうと安全面と結果の持続力がサロンの基準をクリアしない限り導入しない。

ココまで拘っても100%安全という訳ではなく、施術メニューを体験いただいたりお勧めした製品をご購入いただいた顧客様からクレームを頂いたことはございます。正直、私とて生身の人間で気の弱い面も有りますから、できればクレームは聞きたくは有りません。

しかしながら、面と向かって悪い面や良い面を理路整然とキチンとお話しただけるクレームに関しては、自分の苛立ちや怒りの感情をただぶつけるだけの「苦情・嫌がらせ」と違い、サロンや人間性に対する信頼の証しだと私は考えてます。

 

クレームから学び、顧客様への安全安心に役立てる

実はつい先日、サロンで扱っている安全面と成果の持続性にこだわって厳選した美容製品を使用したお客様から「肌荒れのクレーム」を頂きました。

製品を使い始めて2〜3日の使い心地は凄い良かったんです。しかし、その後だんだん「肌が乾燥してきてカユミが出た」「肌に細かい凸凹が」「赤味は無いけどブツブツしている」様な肌荒れを感じたので、一週間ほどで使用を止めました。

まだ導入間もない製品でしたので、コレからご使用いただく顧客様に安全にご使用いただくことを考え、製品をサロンへ返品しに来ていただいた際、詳しい使用状況を伺いました。

■ 使用期間中の身体の状態:・何日くらいで症状が治まったか・生理の有無・薬の服用・睡眠・食事・ストレス

製品をどのように使ったか:・一回にどの位の量を使ったか・使っていた頻度・一日に使っていた時間・何回くらい付け足したか・併用していた化粧品・

ココで伺った使用状況は全て記録させていただき、製品をご購入いただく顧客様にお渡しする参考資料としてご利用させていただきます。

天然由来でどんなに高品質と呼ばれている製品でも安全性に完璧はありません。

私にできるのは、クレームを通したご意見・ご感想から学んだことを活かし、顧客様の安全安心を限りなく100%に近づける様に努力を重ねるだけです。

あなたは“天然”“植物由来”は全て安全だと考えていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より