ノンシリコンタイプのトリートメントを使い続けたら、「ゴワゴワ」「ぺしゃんこ」髪になってしまいました?

140510-QA036-medium_5974896248
photo credit: Canis T via photopin cc

あの「ツルツルピカピカの手触りの良さ」って何だったのでしょうか?

私の髪は、20代の頃から細くコシがない髪質だったせいか、パーマやヘアカラーを繰り返すとすぐに枝毛が出来て毛先がパサパサになってしまうほど、傷つきやすくデリケート。ですから、シャンプーやトリートメントを始めとする整髪料選びには、いつも苦労していました。

 

Q.ノンシリコンタイプのトリートメントで「ゴワゴワ、ぺしゃんこ」髪に

昨年(2013年)の暮れから通い始めた美容院で紹介して頂いた「ノンシリコンタイプのシャンプー・トリートメント」を使い始め、最初の内は「ツルツルピカピカの手触りの良さ」に大満足をしていたのですが、使い続けていく内にだんだんゴワゴワな手触りに変わりました。そのうちドライヤーでボリュームが出るようにしっかり乾かしても、半日もしないうちに頭頂部のボリュームが無くなってペシャンコになってしまうように…。』浜松市 南区 在住のK・M様より、お悩み相談を頂きました。

 

A.ノンシリコンタイプほど洗浄力と保湿力は高濃度

2010年以降より徐々に登場してきた「ノンシリコン整髪料」ですが、2つの大きな特徴を備えています。

(1)シリコンの代わりに濃密な天然植物油脂を使用。ノンシリコンという言葉からもお分かりのように、ささくれたキューティクルを保護する「シリコン」を使用していません。「シリコンの皮膜」の代わりに、天然植物由来の油脂分を配合し、「バターやラードのような濃密な油膜で髪を包み込んで」ツルツルピカピカの手触りの良い髪に仕上げています。

(2)濃密な天然植物油脂に軽さを出すように、通常の倍の量の洗浄剤を使用。濃密な油脂皮膜の重さを打ち消すよう通常の倍の量の洗浄成分を使用することでバランスを取り、天然植物由来の油脂皮膜を活かしつつ、ふんわりしなやかな「ふわ軽な仕上がり感」を出しています。

 

髪の治療家からのアドバイス

シリコン配合整髪料に比べノンシリコン整髪料は、大量の洗浄成分によって髪の保湿に必要な「皮脂」や「ミネラル分」まで奪ってしまいます。その結果、使い続けるほどに髪内部から潤い成分が取られてしまうため、ゴワゴワの硬い髪に変わってしまいます。

さらに、ハリ・コシの不足している細い髪質のあなたが使用した場合、ボリュームを出すように仕上げても大量に配合されている「濃密な天然植物油脂」の持つ重さに負けてしまい、すぐにぺしゃんこになってしまうのです。

あなたに必要な手当は、トリートメントによる栄養補給や補修補正ではなく、、、

髪をメタボ化している内部に入り込んだ濃密な油脂分と洗浄成分を髪の外に排出する髪のダイエットが、失われたボリュームとツヤを蘇らせるために必要な手当です!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

ヘアカラーの染まり方と色持ち vs ノンシリコン整髪料

ノンシリコン整髪料を使い始めてからヘアカラーの色持ちが悪くなってきた!?

140220-CO064-medium_12475379475
photo credit: Sonick Photographie via photopin cc

シャンプーやトリートメントをノンシリコン系に変えただけで、ヘアカラーの染まり方や色の持ちに、正直そんなに影響があるとは考えもしなかったです。

 

ヘアカラーの染まり方・色持ち vs ノンシリコン整髪料

自然派志向ブームの高まりとともにその地位を一気に急上昇させてきた「ノンシリコン整髪料」。しかしそのブームとは裏腹に、未だかつて経験したことがないふわサラな手触り感がヘアカラーやパーマに異変を起こしつつあります。

 

高濃度の油脂成分がヘアカラーの色味の定着率を半減

ノンシリコン整髪料には、メーカーによって使用するものは異なりますが、ラードからバター系まで様々な油脂成分が配合されています。

これらの高濃度の油脂成分が、髪表面のキューティクルの隙間や髪内部のタンパク質層に少しでも纏わり付くと、その強力な油膜によって同じく油からできているヘアカラーの色味(色素)は弾かれてしまいます。

長期間使用することで高濃度の油脂成分がどんどん蓄積され続け、ヘアカラーの色味が弾かれてしまう量も増加するため、色の定着率を半減させてしまうのです。

 

増量された洗浄成分がヘアカラーの色味の持続力を低下

ノンシリコン整髪料の特徴として、高濃度の油脂成分の使用に伴い洗浄成分を増量することで、手触りの良さとふわサラ感のバランスを取っています。

確かにシリコン製品より手触りの良さは際立っておりますが、洗浄成分が増量されたことで汚れ落ちはとても良くなっている反面、潤いに必要なミネラルや皮脂分まで奪ってしまうため、使用する期間が長くなるにつれて毛先のパサつきが現れ始めます。

さらに、せっかく定着しかけていたヘアカラーの色味が大量の洗浄成分によって髪の外にどんどん流されてしまうため、「先日染めたばかりなのにもうこんなに色が落ちている」感想にも見られるように、色の持続率は低下してしまうのです。

ノンシリコン整髪料に変えたあなたの髪、ヘアカラーの色持ちが低下していませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

QA012 髪に優しいノンシリコンのシャンプーを使っているのに毛先がバサバサして広がってしまいます

「タップリ泡が立たないと汚れが落ちた(洗った)気がしない」「手触りが良くないと髪が傷んでいる」この間違った常識を捨てない限り、ヘアダメージの連鎖から逃れられないでしょう!

130823-7R-04-00-DSCF0218
photo credit: おとなキレイ.com

一般的には、ノンシリコン系やアミノ酸系の洗浄成分は髪に優しいと言われていますが、どんな洗浄成分を使用しているか?は問題ではなく、タップリ泡が立つシャンプーは“髪を痛める”モノなのです。

 

ノンシリコン系シャンプーで毛先のバサバサが起こるメカニズム

131009-QA012-medium_5258022698
photo credit: I Believe I Can Fry via photopin cc

「髪に優しいノンシリコンのシャンプーを使い続けていたら、毛先がバサバサして広がってしまい全然まとまらないんです!」とサロンにご相談メールを下さった、浜松市南区在住のS・Iさま。

髪と頭皮の健康診断では、とにかく「硬くてゴワゴワ」「ツヤが無く乾燥し切っている」「地肌がベタベタで髪も重い」3拍子揃ったダメージ中レベル。

「ドライヤーで乾かした時に地肌のベタベタ感や髪のパサパサ感を感じ始めた為、シャンプーやトリートメントの量を増やしていったらバサバサ症状がどんどん酷くなってしまいました。」と、ご家庭でのお手入れの状況を教えて下さいました。

 

つるピカな手触り感を出すための天然植物由来の油脂と洗浄成分の配合バランス

ノンシリコン系シャンプーの特徴は、何と言っても「ツルツルだけどフワッと仕上がる手触りの良さと軽さ」にあります。そして、この手触り感を演出しているのが、天然植物由来の“濃厚なバターやラード系油脂成分”です。

ただバターやラードを想像して頂くとわかるように、その濃厚さ故に原液に近いまま配合すれば当然「ベタベタ感がかなり強く」出てしまいます。かといって、薄めてしまうと手触りの良さが半減してしまうため、洗浄成分を従来の製品の倍近い量を入れる事で、汚れ落ちや仕上がり感のバランスをベストの状態になるよう調節されています。

しかしながら髪は正直です。毛髪が潤いに必要ないと拒絶反応を示すバターやラード系の濃厚な油脂成分は、その強力な油膜で髪内部を窒息状態にするだけでなく、強力な紫外線による酸化でタンパク質やキューティクルを傷つけて硬くゴワゴワな感触を生み、増量された洗浄成分は毛髪や頭皮の潤いに欠かせない皮脂分を必要以上に奪ってしまうため、乾燥してバサバサカサカサ症状へと変えてしまう、これがノンシリコン系シャンプーを使い続けた時に起こる、毛先のバサバサが起こるメカニズムです。

ノンシリコン系やアミノ酸系は関係ありません、シャンプーの痛みを和らげるには洗浄成分を減らすしかないのです。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

CO004 ノンシリコン整髪料が、毛髪の隠れ脂肪を招いてしまうなんて…?

秘かに蓄積していく内蔵まわりの脂肪と同様に、
毛髪にも隠れ脂肪が溜まることをご存知でしょうか?

130309-CO003-medium_2964151378
photo credit: Voedingscentrum via photopin cc

こんにちは。
おとなキレイ向上委員会の田中です。

ここ最近、シリコン含有整髪料より安全性が高いと一大ブームになっている、手触りの良さが売りの「ノンシリコン整髪料」

もし、つやつやサラサラになった!と喜んでいる裏側で、知らぬ間に髪の肥満が進行しているといるとしたら、あなたはどうしますか?

 

過保護なヘアケアと髪のメタボリックシンドローム

ダメージ修復効果がアップした高品質な新成分が、これだけ贅沢に配合されている整髪料なら絶対傷んだ髪に良いハズ!と、自信を持って顧客様に勧めてみるものの…

期待とは裏腹に、効果が持続したのはせいぜい最初の1週間位。それを過ぎるとまた元のパサパサな状態に逆戻り。

1982年から市内の美容室で美容師のキャリアをスタートし、有名メーカーに何の疑いも持たなかった修業時代の私は、この様な裏切りを数え切れないぐらい経験してきました。

これは、子供のためと思い必要以上に親が干渉する行動が実は、自ら考え行動する力を低下させている子育てと同じように、髪にとっても本来兼ね備えている自然治癒力を奪い、髪のメタボリックシンドロームを誘発してしまう過保護なヘアケアだと知るには、「医療系毛髪再生論」と出逢う1996年まで待たなければなりませんでした。

 

ノンシリコン系の保湿成分で高脂肪化している毛髪

1980年代後半に発売された「キューティクルコート」の爆発的ヒットからその歴史がスタートしたとされている、髪の表面の皮膜で手触りを向上させるシリコン系整髪料でしたが、パーマやヘアカラーへの影響が声高に叫ばれるとともに徐々にその姿は消えていき、それに変わるように2010年頃から登場し始めた「ノンシリコン系整髪料」

髪のパサつきや枝毛などの髪の傷み、切れ毛や抜け毛といった将来への不安の救世主のごとく、そのダメージ修復効果は昨今の美容界のムーブメントにもなっています。

がしかし、その裏側では細毛・切れ毛のヘアダメージの相談件数は増加傾向にあります。

多くのノンシリコン系整髪料に配合されている、髪や頭皮に優しい補修効果の高い天然の植物由来の美容成分と聞くといかにも良さそうに感じてしまいますが、実はこの植物由来の美容成分が毛髪の高脂肪化を招き、細毛・切れ毛のヘアダメージを引き起こしているのです。

 

つやつやサラサラな手触りの正体は“バター”?

もし、あなたがノンシリコン系の整髪料類をお使いでしたら、パッケージに表示してある「配合成分」をご覧になって、下記に列記した成分が含まれていないかチェックしてみてください。

【バター脂系】
アストロカリウムムルムル脂 (ブラジル原産のヤシの一種「アストロカリウムムルムルの実」より得られる脂肪油で、別名ムルムルバターやムルムル脂と呼ばれています)

シア脂 (アカテツ科の双子葉植物であるシアの木から取れ、その成分のほとんどはステアリン酸とオレイン酸で、トコフェロール、カロチノイド、トリテルペンも微量に含まれ、シアバターとも呼ばれています。)

カカオ脂 (35~36℃で融ける性質を利用し、口紅やクリーム基材として用いられる。)

最近、多くのシャンプーやトリートメント等の整髪料類に配合されている上記のバター脂系の補修保湿を目的とした美容成分は、シリコン以上とも云えるその強力な脂肪分が洗浄成分とと共に髪内部に入り込んでタンパク質に絡みついてメタボ髪となり、紫外線を浴びることで水分や油分の蒸発を招いて髪のハリコシは徐々に奪われて痩せ細り、最悪の場合はとかすだけでプチプチ切れてしまう断毛症状へと進行していきます。

 

【植物油系】
ツバキ油 (オレイン酸含有量高く、リノール酸少ない為、酸化安定性が良好で、ふけ・かゆみ防止効果あり)

パーム核油 (ラウリン系油脂。)

ヒマシ油 (粘度が高く水分を引きつける特性から、頭髪用化粧品、石鹸の原料としてよく使われる)

ホホバ油 (トリグリセライド成分を含有していない液体ワックスエステル。)

ヤシ油 (クリーム基材・シャンプー・リンスの加脂剤として使用。ラウリン酸・ミリスチン酸の原料として重要)

植物油は、身体にとっては体内で作る事の出来ない必須脂肪酸を摂取するための重要な栄養源となり、髪の保湿効果も高いと謳っていますが、毛髪の保湿は、毛穴内部にある皮脂腺から排出される「皮脂(スクワレン)」という動物性オイルが担っており、キューティクルやタンパク質の紫外線酸化ダメージを引き起こす原因となる植物油は、本来は必要としない異質物なのです。

 

【シリコン】
◯○ジメチコン、◯○シクロメチコン、◯○シロキ、◯○シリカ、◯○メチコン

ノンシリコンと謳っていても、トリートメントやコンディショナーに配合されている製品もございます。

これらのシリコン剤は、キューティクルの成分であるケイ素の類似成分から出来ておりますがあくまで人工的に作られた合成成分なため毛髪には馴染まず、残念ながらシャンプー剤では落とすことが出来ません。

さらに、毛髪にとってはバター脂・植物油系成分と同様に異質物と見なされるため、使えば使うほど紫外線酸化の影響を受け、乾燥やハリコシ低下を引き起こしてダメージは悪化の一途を辿ります。

 

老廃物化した植物性油脂分によるヘアダメージ悪化を防ぐには、美容界の常識であるトリートメントやコンディショナー等の整髪料類による栄養補給(プラス美容)ではなく、シャンプー剤では落とすことが出来ない毛髪の表面や内部に蓄積された植物系油脂やシリコンを取り除いて、本来の混ざり物の無い純粋な髪に戻す手当て(マイナス美容)が必須となります。

次回は、マイナス美容の代名詞と呼ぶに相応しい「髪のダイエット」についてお届けいたします。

あなたは髪にバターを塗り続ける勇気はありますか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より