ヘアカラーをする時、アトピー持ちの私では肌荒れしないか心配です

140126-BR007-20100928D

photo credit: otonakirei.com

アトピーがあるからヘアカラーで肌荒れを起こすとは限りません!

ただ、肌荒れのリスクはアトピーを保持していない人に比べて、当然高くはなります。

重要なのは、あなたのアトピー症状が何に対してアレルギー反応を起こしているか?なのです。

 

合成品のカラーと植物性のカラーの安全性

美容の一般常識の中には「植物性のカラーは、合成品のカラーより安全」だと言われていますが、本当にそうでしょうか?

合成品のカラーは化学薬品を組み合わせて造られており、化学反応によって髪内部の組織に働きかけて色を付けていくメカニズムだから、確かに髪やお肌には負担が掛かります。

一方、植物性のカラーは、天然の植物の葉っぱや茎を原料にして素材そのものに備わっているチカラで髪内部の組織に色を付けていくから、当然髪やお肌にとっては負担が少なくてすみます。

 

植物や果物のアレルギーと植物性カラーの危険性

「花粉症」は植物の花粉に反応するアレルギーですから、植物のアレルギーに該当します。

「キウイフルーツ」に代表されるような酸味の強い果物や「そば」「小麦」などの特定の成分に反応するアレルギーも、植物のアレルギーのひとつとして該当します。

Q:もしあなたが、これらの植物や果物のアレルギーを抱えていたとしたらどうでしょうか?

A:植物性の原料に対するアレルギーを抱えている場合、安全だと言われている植物性のカラーであっても、肌荒れリスクはかなり高いと言えます。

 

まとめ:合成品のカラーと植物性のカラーの安全性

・アトピーを抱えていると肌荒れリスクは高くなるが、全てのヘアカラーが危険というわけではない。
・大切なのは、何に対してアレルギー反応が出ているのか?である。
・植物性のカラーは、植物性の原料に対するアレルギーを抱えている場合、肌荒れリスクは高くなる。
・アトピーの種類によっては、植物性よりも合成品のカラーが向いているケースも有る。

合成品や植物性のカラーを含め「100%安全なものはない!」という認識を持っていただくことを、お勧めいたします。

肌荒れリスクを減らすには、専門的な知識による的確な判断と髪を痛めない施術を提供している「髪の治療家」に相談することです♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛や肌荒れを起こして表面化する「ストレス」は、何処からやってくるのだろう?

そもそも目に見えないストレスは何者(物)?と考えを巡らせてしまいます。

140427-MO051-origin_2078076913
photo credit: MarcelGermain via photopin cc

最近、仕事やプライベートで色々考えさせられることが続いたせいか、胃腸がキリキリ傷んで便秘と下痢を繰り返しています。この胃腸の消化吸収の働きを狂わせてしまっている正体が「ストレス」ではないかと考えるのですが、一体何処から現れるのだろう?と症状が出るたびに不思議に思っています。

 

考えれば考えるほど影響力が大きくなる

まずは「ストレス(stress)goo辞書より」について、言葉の意味を調べてみると下記のように記されていました。

1 《生体にひずみの生じた状態の意》寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応。また、その要因となる刺激や状況。
2 語勢。強さのアクセント。

胃腸がキリキリ傷むからといって、胃腸に掛かる負担(ストレス)を大きくしてしまった直接的な原因があるわけではないのですが、痛みが引かないことにはどんどん体力が奪われてしまうため、まずは痛み止めや整腸剤を飲んで痛みを抑えようと試みます。

他にも、毛根や肌細胞へ毎日送られている指令に不具合を生じさせて、髪の成長サイクルを乱して抜け毛を増加させたり、潤い力を低下させて肌荒れを起こしたりします。

また、身体の至る所に表れては鋭利な刃物でツンツンと刺激を与えるような反応を見せるなど、「何処から表れ何処に消えていくのか?」については、謎に包まれている部分が実に多いといえます。

そして、抜け毛や肌荒れを起こす事で表面化する「ストレス」。私は、身体の神経回路を通って全身を駆け巡ることのできる電気信号みたいなものがストレスの正体ではないかな?と、最近の考えはココに落ち着いています。

ストレスを自分の思うままにコントロール出来れば良いのですが、なかなかそう上手くは行きません♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

頭皮が赤いのに痒みがない肌荒れと整髪料の安定性

お肌の健康よりも整髪料類の安定性を優先?

140314-CO070-medium_4429082254
photo credit: “KIUKO” via photopin cc

3月14日の本日は「ホワイトデー」でハナキンということですが、「バレンタインデー」に比べてメディアの扱い方が小さいためか、今ひとつ盛り上がりに欠けている気も無きにしもあらずですが、街中くらいは賑わいを見せて欲しいものですね。

私は?というと、本日は夜に勉強会があり、サロンの営業が終了後は直ぐに出掛けてしまうということで、昨日ひと足早めに奥さん・愛娘・母親にバレンタインのお返しに「目いっぱいの愛情を込めたケーキとクッキー」を渡しました。(多分喜んでくれるでしょう!(^_^;))

 

頭皮が赤いのに痒みがない肌荒れと整髪料の安定性

普通の肌荒れのケースですと、お肌が炎症を起こすと赤くなって痒みも伴うのですが、2012年頃から見られるようになった症状は「頭皮が赤いのに痒みが無い肌荒れ」

何にその原因が潜んでいるのか?しばらくは謎だったのですが、「パーマが掛からない」「ヘアカラーの染まりが悪い」苦情が美容院側から寄せられたことが切っ掛けで、パーマやヘアカラーに使用されている成分や整髪料類に配合されている成分を一つ一つ検証していったため特定するまでに少し時間を要しましたが、あるひとつの成分「イソチアゾリノン」に辿り着きました。

 

工業用殺菌剤が化粧品の防腐剤に化けた

元々は工業用殺菌剤として使用されていた「イソチアゾリノン」ですが、どのような経緯で化粧品使用に承認されたかは定かではありませんが、製品を安定させる「防腐剤」として整髪料類に配合している大手のメーカーが多数あるようです。

痒みが伴わないため頭皮が炎症を起こしている自覚がなく、赤味の症状が長期化してしまっているケースが目立っています。

 

使用中の整髪料類の成分表示と頭皮をチェック

まず最初に、あなたが今使用している整髪料類の容器に記されている使用成分の中に、「メチルイソチアゾリノン」「メチルクロロイソチアゾリノン」「オクチルイソチアゾリノン」「ジクロロオクチルイソチアゾリノン」「ベンズイソチアゾリノン」など、イソチアゾリノンが付いている成分がないかチェックしてみてください。

次にお手持ちの鏡で、頭皮や襟足に赤味が広がっていないかチェックしてください。

最後に、「パーマが掛かりにくくて取れやすくなった」「ヘアカラーが染まりにくく、色持ちが悪くなって早く落ちるようになった」、このような髪質の変化を感じていないかをチェックしてください。

これらがすべて当てはまるようでしたら、

「イソチアゾリノン」系の防腐剤による頭皮の炎症と髪のダメージになります。

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

花粉症による肌荒れでお悩みのあなたには希望の光となるかもしれません

140129-NT026-medium_5789399832
photo credit: Matthew Kenwrick via photopin cc

私の住んでいる浜松では、花粉症の発症率が他の都市に比べて高いようで、転勤でこの地を訪れた多くの方が花粉症になっておられるようです。

私も花粉症歴は26年と長く、発症した当時は「花粉症」という言葉が出始めた頃で、10年ほどは夜も眠れないほど花粉症には嫌というほど苦しめられてきました。

 

花粉症解明にiPS細胞、新しい治療法に道

花粉症解明にiPS細胞、新しい治療法に道
読売新聞 1月29日(水)10時41分配信

 東京大医科学研究所などの研究チームは28日、花粉症患者の細胞を使ってiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したことを明らかにした。

 このiPS細胞を、アレルギー反応を引き起こす原因となる「肥満細胞」に変化させることにも成功した。花粉症の仕組みの解明や新しい治療法の開発に役立つ成果で、近く論文を発表する。

 花粉症患者の鼻や目の粘膜に花粉がつくと、粘膜上にある肥満細胞がヒスタミンという化学物質を放出し、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす。

 研究チームは、花粉症の50歳代の男性から皮膚細胞の提供を受け、iPS細胞を作製。さらに、このiPS細胞を肥満細胞に変化させ、スギ花粉を振りかけるとヒスタミンを放出することを確認した。

それにしても、実際に身体の中で起こっている花粉症の症状と同じような仕組みが人工の細胞で再現出来てしまうのだから、素晴らしい!としか言葉が見つかりません。この先、iPS細胞による治療の可能性はどこまで広がるのだろう。

近年は、目のかゆみ、クシャミ鼻水、に加えて「花粉症からくる肌荒れ」で悩まれている大人の女性の方が増えています。これらの取り組みが、症状の完治に向けた治療法の希望の光となるかもしれませんが、一刻も早く見つかって欲しいものです。

それまではとにかく、各自一人ひとりの予防に対する取り組みが大切になってきます。とくに、昨年12月から今年の1月にかけてインフルエンザやノロウィルスの発症で抵抗力が落ちている方は、、、

花粉症が本格化してくる前に早めの備えと予防対策を♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

花粉症に備えたお役立ちサイト

これでスッキリ!花粉症のメカニズム|花粉症対策 healthクリック

 

ヘアカラー剤による肌荒れを防ぐには、どんな薬剤を使えば安心?

「天然成分をタップリ使っているヘアカラー剤だから敏感な肌にも安心」は本当?

131129-QA019-medium_7316240162
photo credit: Henna Sooq via photopin cc

寒さが厳しくなり、空気の乾燥をひしひしと感じ始めるにつれ、「ヘアカラーによる肌荒れ」の相談が増加。

今週だけで既に、4人の方からの相談を受けました。

 

ヘアカラー剤による肌荒れを防ぐ「安全安心の条件」

ヘアカラー剤による肌荒れを防ぎたい!とお考えのあなたは、天然成分や植物成分をタップリ使っているヘアカラー剤なら安全と思っていませんか?

肌荒れ予防で大切なのは「使用する薬剤にどんな成分を使用しているか?」よりも、あなた自身が「どんな物質や成分に反応して肌荒れを起こしてしまうか?」といった肌荒れの背景を知ることにあります。

 

ヘナを始めとする植物性や天然成分のヘアカラーも100%安全ではない

「美容師さんにヘナだったら肌荒れしませんよ!と言われた」「天然成分をタップリ使っているヘアカラー剤だから敏感な肌にも安心」このような言葉を信じ、天然成分や植物成分をふんだんに使っているカラー剤で染めたにも関わらず、肌が赤くなったり湿疹やフケが出たり、お肌が炎症を起こしてしまうトラブルが跡を絶ちません。

言い換えれば、「植物性や天然成分のヘアカラーといえども100%安全な物は無い!」ということです。

このような肌荒れから防ぐためには、あなたが過去に「どのような成分に対して肌荒れやアレルギーの反応を示したか?」にあります。

もしあなたが、花粉症を抱えているのならば植物の成分(ヘナや草木染め)に反応する可能性があります。同様に、カラー剤の成分のジアミンによるアレルギーはアルカリカラーに反応する恐れが、タンパク質のアレルギーを抱えているのなら、タンパク質配合のカラートリートメントに反応する恐れがあるなど、あなた自身が「どんな物質や成分に反応して肌荒れを起こしてしまうか?」を知っておくことが大切です。

そして、ほんの少しなら大丈夫だろう?という安易な考えは、そば(ルチン)やエビ・カニ(キトサン)等で起こるアナフィラキシーショックと同様に、死を招く危険性もあるということを頭の片隅に入れておいてください。

あなたは100%安全とは言えない植物性や天然成分にこだわって、肌荒れの不安に苦しみますか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

CO020 髪の老化と大気汚染 – 空気の汚れは肌荒れだけではなく髪痩せにも影響している?

空気中の目に見えないチリや酸化物は、洗顔やシャンプーでは落としきれない事実をご存知ですか?。

130731-CO020-medium_6230917584
photo credit: Jonathan Kos-Read via photopin cc

近年、PM2.5を筆頭に大気汚染の深刻化が叫ばれていますが、大気汚染が健康に悪いという意識はあっても、肌や髪のトラブルを起こしているとは余り考えられていません。

しかしながら、身体の肌荒れや頭皮の炎症が増加している事を踏まえると、確実に肌への影響が増しているのは明らかです。

 

大気の汚染が肌や髪の老化を加速する

昨今のスキンケアやヘアケアでは皮脂の詰まりが老化を早めるとして、毛穴に溜まった皮脂(脂)を如何に落とすか?ばかりを重視していますが、実はこの手当てでは肌荒れや毛穴の詰まりは悪化の一途を辿ります。

 

肌や髪は体内から分泌される皮脂によって守られている

肌や髪は、体内の皮脂腺から分泌される皮脂のバリアによって潤いをキープし乾燥を防いでいるのですが、洗顔剤やシャンプー剤は洗浄力を上げることで汚れや皮脂をしっかり落とすように調合してあるため、汚れと一緒に皮脂を取り過ぎてしまう欠点があります。

コレでは肌や髪の手触りがゴワゴワしてしまう事から、潤い(保湿)成分をタップリ入れて均等をはかる事で手触りを良くしているのです。

しかし、外部からの刺激や細菌類を防いで健康をキープするために必要な「皮脂のバリア」が奪われたことで、空気の汚染物質であるチリや酸化物が肌や髪の毛穴に侵入しやすくなり、潤い(保湿)成分や皮脂と混ざり合って老廃物へと変わり、酸化してより強固な固まりとなってしまいます。

こうなってしまうと洗顔剤やシャンプー剤だけでは落とすことができないため顔の小鼻周りは黒ずみ、頭の毛穴は老廃物の固まりで少しずつ狭くなって痩せた髪しか生えなくなり、外部からの刺激に弱い肌荒れや炎症を起こしやすい体質を生み、新陳代謝が下降線を描きながら老朽化が進んでいくのです。

あなたは空気中の目に見えないチリや酸化物を落とす術をお持ちですか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

CO012 紫外線ケアによる肌荒れリスクを減らす最も大切な事

日焼け止め製品が高機能になるほど肌荒れが増加する?

これは、最近私が特に感じている正直な気持ちです。

地球上の大自然は古来より、自然界に存在する様々な生態系によってその美しさをキープしてきたように、私たち人間の髪やお肌等の身体も、自然界から様々な恩恵を受けることで美しさや健康を維持する自然治癒力が本来の働きを損なわずに機能していたのです。

しかしながら、経済発展やより便利な暮らしを求め続けた見返りに自然破壊を続けた事で自然治癒力に狂いが生じてが本来の働きを損なわれ、アトピーやアレルギーなどの原因不明の疾患の増加に繋がっていると私は考えています。

 

肌本来の機能を阻害すると肌荒れリスクが高くなる

僅か0.18ミリというティッシュペーパー1枚分ほどの厚みしかない私たちのお肌。

そこには、体内に細菌などのウィルスや水が入り込まないように保護したり、傷を修復したりする自然治癒力という素晴らしい機能が備わっています。

 

肌には紫外線を分散させる力が備わっている

その他にも、表皮の1部である「有棘(ゆうきょく)層」では、紫外線を分散させて深部の真皮に影響を与えないよう守ったり、「プロビタミンD」というエネルギーに変えて骨や臓器を維持していることを、あなたはご存知でしょうか

130624-CO012-UVblock-hifu01
photo credit: おとなキレイ.com

もし、紫外線が処理できる許容量を超えてしまった時は、メラニンの膜(シミ)で覆って侵入しないよう保護する働きも、併せ持っているのです。

 

肌は空気の力で代謝機能をキープしている

私たちの身体は、たった5分ほど酸素の供給を絶たれただけで脳がダメージを受けたり臓器の機能が失われて死に至ってしまうなど、空気は生命を維持するために最も大切な栄養源なのです。

お肌も同様に、毛穴から空気を取り込む事によって代謝機能を活発にして老廃物を出したり、酸素や窒素の力で傷ついた細胞を修復したりしています。

130624-CO012-UVblock-hifu02
photo credit: おとなキレイ.com

上記の図のように、肌表面が日焼け止めクリームによって長時間覆われていたらどうでしょうか?

新規格の日焼け止め製品は肌の密閉性が高くなっており、約2〜3時間は空気の供給が絶たれてしまい肌の代謝機能も低下してしまいます。

ですから、日焼け止め製品に頼れば頼るほど肌本来の防御力だけでなく紫外線を分散する力も衰え、結果的に肌荒れリスクを高める事に繋がってしまいます。

紫外線を防ぐこと以上に、日焼け止め製品の刺激から如何に守るか?
肌荒れリスクを軽減するためには最も大切な事なのです。

次回は、紫外線を悪者にし過ぎるとビタミン不足を招く?についてお届けします。

あなたは日焼け止め製品に頼り過ぎて肌荒れを起こしていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

CO011 紫外線防止力がアップした日焼け止め製品とリスクマネージメント

PA++++なら、シミしわの原因となる紫外線を長時間しっかり防いでくれるから安心!

もしあなたが、このように安易な考えで新規格の日焼け止め製品を選択しているのなら、危険な行為と言わざるを得ません。

何故なら、紫外線をどれだけ防いでくれるか?といった効果ばかりに着目し、長時間使用によって受ける肌刺激に対するリスクマネージメントが不足しているからです。

 

新規格の日焼け止め製品、PA++++のメリットとデメリット

これは日焼け止め製品に限らず全ての商品に云える事ですが、メーカーが新製品をセールスする時には製品を使用した際に得られるメリットや特徴的な部分のみを切り取り、繰り返し強調することで如何に優れているかをあなたの脳裏に擦り込んでいく訳です。

しかしながら、メリットだけで存在している商品は私の知る限りではひとつもなく、必ずデメリットの部分もセットになって存在しているものです。

 

なぜ紫外線の防止力を高めるに至ったのか?

2013年1月より新しく認可された日焼け止め製品が生まれた背景には、オゾン層の破壊により「地球上に降り注ぐ紫外線の量の増加という環境悪化」が関与しています。

130623-CO011-UV-Protect01
photo credit: おとなキレイ.com

従来の日焼け止め製品では増加した紫外線量を防ぎ切れず、皮膚ガンに対するリスクが今まで以上に高まってしまうという観点から、紫外線A波・B波に対するお肌への防止力を高めた日焼け止め製品が必要になり、上記の図にある「PA++++」「SPF50+」と表記された紫外線吸収剤・反射剤を増量した新規格の日焼け止め製品が製造される運びと相成りました。

 

密閉性がアップした日焼け止め製品に頼るほど肌荒れリスクも高くなる

もし過去に1度でも化粧品にカブレたり、外部からの刺激に弱い肌質を抱えているならば、新規格の日焼け止め製品を使用する際は注意が必要です。

130623-CO011-UV-Protect02
photo credit: おとなキレイ.com

上記の図が表すように、従来の日焼け止め製品に比べお肌への密着性と密閉性が高まっているようなのです。

この様にお肌への密着性と密閉性が高いということは、老廃物を排出する新陳代謝が阻害されるだけでなく、増量された紫外線吸収剤・反射剤による刺激がお肌にダイレクトに届いて長時間晒され続けると言うことを示し、当然の事ながら肌荒れリスクも高くなってしまうからです。

もしあなたが、日焼け止め製品を使ってさえいれば大丈夫!と安心してしまい、紫外線吸収剤・反射剤へのリスクマネージメントを怠っているようだと、肌荒れを起こす危険性が高いと言えるでしょう。

次回は、紫外線ケアによる肌荒れリスクを減らす最も大切な事についてお届けします。

紫外線吸収剤・反射剤に頼らない予防策はお考えですか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より