頭皮が硬いと地肌はベタつき、かゆみが気になり始める

冬の寒い時期はシャンプー剤を増やしても汚れが落ちにくい

あなたは、ゆすぎはササッと簡単に済ませ、シャンプーを時間を掛けて念入りに行っていませんか?

これでは、いくらシャンプー剤をたくさん使用しても毛穴の汚れは落とすことは出来ないばかりか、地肌のベタつきが悪化してしまいます。

 

毛穴の汚れをしっかり落とし健やかな頭皮を育てる「気温が低い冬場のお手入法」

冬場の気温が低い時期は、体内の熱を逃がさないように“立毛筋が毛穴を閉じる”ように働きかけます。そして、頭皮は硬くなり、地肌はベタつき、痒みが気になり始める方が増加します。

140111-CO056-kozo_touhi
photo credit: おとなキレイ向上委員会

この図のように毛穴が狭くなったり閉じてしまうと、むやみにシャンプー剤の使用料を増やしたり力を入れてゴシゴシ洗ったところで毛穴の汚れは落とすことが出来ず、こすった刺激が自律神経や皮脂腺の働きを狂わせて、頭皮がベタつくようになってしまいます。

その他にも、40度以上の熱いお湯で洗えばスッキリするのでは?と考えがちですが、この行為も必要以上に皮脂を奪い皮脂分泌を狂わせる原因になり、ベタつき頭皮を生んでしまいます。

 

ぬるめのお湯と地肌を動かすマッサージをプラスしたシャンプー法

気温の低さで固くなった頭皮と閉じ気味の毛穴は、38度前後のぬる目のお湯で2〜5分の時間を掛けてじっくりとゆすいであげることで、寒さによる緊張から開放されて徐々に頭皮は柔らかくなってきます。

この状態になればシャンプー剤は少ない量で済み、指の腹の部分でシャンプー剤を毛穴に刷り込むように洗い、左右の5本の指を使って頭皮を上下に動かすようなマッサージを行えば,血行は良くなって新陳代謝は活発になり皮脂とともに老廃物も毛穴の外に排出されるようになり、地肌の痒みも緩和されてきます。

 

毛穴の汚れをしっかり落とし健やかな頭皮を育てる「気温が低い冬場のお手入法」のまとめ

【頭皮のベタつきと地肌の痒みが悪化するNGケア】

1)タップリのシャンプー剤
2)力を入れたゴシゴシ洗い
3)40度以上の熱いお湯の使用

【毛穴の汚れをしっかり落とし健やかな頭皮を育てるGoodケア】

(1)38度前後のぬる目のお湯を使用
(2)2〜5分の時間を掛けてじっくりとゆすぎ
(3)5百円硬貨1〜3個分の少ないシャンプー使用量
(4)指の腹でシャンプー剤を毛穴に刷り込み洗い
(5)左右の5本の指を使って頭皮を上下に動かすようなマッサージ

あなたはNGケアで地肌のベタつき・かゆみを悪化させていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

CO017 頭皮のかゆみ・フケ対策 – 夏場に起こる頭皮のかゆみとフケの本当の原因をご存知ですか?

シャンプーで汚れを落とすだけでは頭皮のかゆみとフケは解消しません!

130713-CO017-medium_4314530838
photo credit: Arlington County via photopin cc

頭皮のかゆみやフケがでるのは汚れがしっかり落ちていないからと思い、シャンプーで2度洗いや3度洗いをしたり、強い力でゴシゴシ掻きむしる様に洗っても、かゆみやフケは収まるどころか更に症状は悪化してしまいます。

 

皮膚に住みついている善玉菌と悪玉菌

人間の清潔な皮膚には、腸にいる乳酸菌のように健康維持をサポートしてくれている“常在菌”という善玉菌が存在します。

しかし、毛穴や頭皮に皮脂や老廃物などの汚れが溜まって不潔な状態になると、水分・油分バランスが崩れてヘアサイクルに狂いが生じ、様々な“雑菌(悪玉菌)”が繁殖して、かゆみ・フケ・感染症を引き起こしてしまうのです。

 

皮脂やフケに繁殖する悪玉菌は、シャンプーでは落とせません!

頭皮のかゆみやフケが気になるからと、シャンプーの回数を2〜3回に増やし、力を入れてゴシゴシ洗うお手入れを繰り返していると、皮脂やフケが減るどころか過剰に分泌されるようになり、皮膚の角化異常や毛根部に悪影響を与えて“真菌”というカビの一種が住みつく環境を作ってしまいます

この真菌類が皮脂やフケに繁殖すると、普通のシャンプー剤では落とすことが出来ず、菌を殺菌する専用のケアが必要になります。

当サロンでもココ2年ほど、髪と頭皮の診断時に真菌による症状と見られるケースが増加傾向にあり、「真菌用の殺菌ケア」や「ご家庭用の殺菌ソープ」をご用意させていただいております。

もし、シャンプーしても頭皮がベタつく、頭皮が赤やピンク色をしている症状を感じたら、この真菌類が皮脂やフケに繁殖したことが考えられますので、早めに皮膚科で医師の診断を受けた後、髪の専門家に相談することをお勧めいたします。

あなたは真菌を殺菌するシャンプーのバリエーションをお持ちですか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

QA003 【頭皮のカユミ】毎日シャンプーするのは洗い過ぎと聞いて、2日に一回にしたら地肌がベタベタするようになり更に痒くなってしまいました!?

頭しか洗えない?それはダメです!

130402-QA003-medium_752804572
photo credit: jurvetson via photopin cc

こんにちは。
おとなキレイ向上委員会の田中です。

先日サロンのホームページより、タイトルにある様な「地肌にかゆみが出たので美容師さんに聞いたら、毎日シャンプーするのは洗い過ぎと聞いて、2日に一回にしたら地肌がベタベタするようになり更に痒くなってしまいました!?どうすれば良いのかアドバイスをお願いします。」とのお問い合わせをいただきました。

「シャンプーは毎日した方が良い!」「毎日洗うと脂を取り過ぎてしまうから間隔を空けた方が良い!」「2度洗いして汚れをしっかり落としましょう!」など、サロンやメディアを通して発信されているシャンプー法は、美容師さんや美容家やお医者さんやメーカーによってバラバラで、どの情報を信じて良いのかわからない?のが正直な意見かと思います。

私としては、シャンプー剤に対する概念が、そもそもこの様な意見の相違や頭皮のベタつきとカユミを生んでいる!と考えます。

 

頭も顔も身体も、PHは違えど同じ皮膚

シャンプー剤の歴史を紐解いてみるとまだまだその歴史は浅く、1950年以降に発売された「花王フェザーシャンプー」が全国に広まるまでは、石鹸で身体だけでなく顔や頭まで全身を洗うのが一般的でした。

時が経ち、1990年代頃からは「シャンプーは頭皮を洗うモノ」と盛んに発信され続けたこともあり少しずつ常識となってきましたが、洗髪という言葉が示す通り「シャンプーは髪を洗うモノ」という概念はごく一部の方の間では根強く残っています。

そして今現在では、「シャンプー剤 ⇒ 頭」「洗顔石けん ⇒ 顔」「石鹸・ボディソープ ⇒ 身体」といったお手入れが、何の疑いもなく行なわれています。

しかしながら、もし本当に「シャンプーは頭皮を洗うモノ」と言うのであれば、

頭や顔や身体はPHは違えど同じ皮膚なのに、どうして別々の物で洗う必要があるのでしょうか?

顔や身体は毎日洗っているのに、どうして頭は毎日洗ってはダメなのでしょうか?

頭や顔や身体で別々な物を次々とセールスするのは、沢山の商品を勧める事でより多くの利益を上げたい!とするメーカー側の都合、そしてどんなにお肌に優しいシャンプー剤だと言っても、毎日頭皮を洗えないのであれば、お肌の健康を考えていない!と言うことに他なりません。

その日の汚れはその日の内に落とすことが最も大切でもあり基本でもあります。

頭皮のベタつきやカユミは、約8割が「シャンプー剤の強過ぎる洗浄力で必要以上に皮脂を取り過ぎる」ケースで起こりますから、頭だけでなく顔や身体も洗え、尚且つ泡立ちが少ないマイルドな洗浄力を兼ね備えたタイプのシャンプー剤を選ぶことが重要となります。

あなたのお使いのシャンプー剤、全身を洗えますか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より