睡眠と心臓病 – サマータイム開始直後の月曜は心臓発作が急増

たった1時間の誤差にも敏感に反応してしまう、デリケートな私たち人間の体

140330-NT032-medium_3491779722
photo credit: magro_kr via photopin cc

サマータイム(夏時間)開始のため時計の針を1時間進めると、直後の月曜に心臓発作が急増するとの研究論文が29日、米国心臓病学会(American College of Cardiology)で発表された。一方、サマータイムが終了して、人々が1時間余分に眠った後の火曜の発作は減少するという。

 

サマータイム開始直後の月曜は心臓発作に注意

日本では、中々根付かないサマータイムですが、開始直後にこれだけのリスクが体や心臓に掛かるこのような研究データが発表されたとなると、無理やりサマータイムの導入に踏み切ることは避けてもらいたいものです。

【3月30日 AFP】サマータイム(夏時間)開始のため時計の針を1時間進めると、直後の月曜に心臓発作が急増するとの研究論文が29日、米国心臓病学会(American College of Cardiology)で発表された。一方、サマータイムが終了して、人々が1時間余分に眠った後の火曜の発作は減少するという。
 論文によると、サマータイム開始・終了直後の1週間における心臓発作の発生件数に他の週との違いは見られず、件数の変化の傾向は数日も続かないことを示している。
 しかし、論文の主著者で米コロラド大学デンバー校(University of Colorado in Denver)研究員のAmneet Sandhu氏(心臓病学)は、救急救命室に運び込まれる患者の急増が予測できれば、医師の事前の準備に役立つと語る。
「私たち人間の体は、睡眠時間がたった1時間少ないだけで非常に敏感に反応する可能性がある。つまり、急に時間が変更された直後は、すでに心臓病にかかりやすくなっている人たちのリスクがさらに高まる可能性があるということだ」
 論文は、米ミシガン(Michigan)州の複数の病院のデータベースを基にしている。サマータイム開始直後の月曜の心臓発作の発生件数は、他の月曜よりも8件多く25%の上昇がみられたが、サマータイムが終了して標準時に戻った後の火曜には21%の減少がみられた。
 これまでの研究で、月曜はもともと心臓発作が最も起こりやすい曜日ということが分かっている。
 しかし、研究チームが4年間の継続した病院データを調査したところ、心臓発作の発生件数は、サマータイム開始前の月曜では平均93件だったのに対し、開始直後の月曜では125件で、34%の増加が見られた。
 Sandhu氏は、今後の研究で、このミシガン州の研究結果をサマータイムを実施していないハワイ(Hawaii)州とアリゾナ(Arizona)州の心臓発作の傾向と比較したいと述べている。(c)AFP

心臓発作は、健康そうな方でもある日突然に起こるため、非常に厄介な症状ではありますが、睡眠時間がたった1時間短いだけでこれだけのリスクやストレスが体に掛かるということは、心臓の他にも「自律神経の乱れ」や「ホルモンバランスの乱れ」が起こるリスクも高まっていることとなり、ヘアサイクルや抜け毛症状にも何らかの影響を与えている恐れが考えられます。

人間の体の健康を支えているのは「睡眠」ということを再認識しました♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

睡眠に関連する参考書籍

 

【抜け毛の疑問】抜け毛になる本数は毎日同じなのでしょうか?

日によって体調が変わるように、抜け毛になる本数も日によって違います!

140208-QA026-medium_77921647
photo credit: MadPole via photopin cc

ある日突然、シャンプー後にたくさんの髪の毛が排水口に溜まっていたり、寝起きで枕に付いている髪の毛がいつもよりチョットでも多かったりすると、心の中では「このまま抜け毛が増え続けたらハゲてしまうのでは?」と、不安に苛まれてしまうと思います。

 

抜ける量の多い少ないはヘアサイクルや体調によって変わる

私たち人間は、日々の生活をする中で「あそこが痛い、ここが痒い」など体調が全く同じ日というのは殆どありません。髪の毛も同様に、毛穴一つ一つによって人それぞれ違う設定がインプットされており、日によって抜ける本数には差が生じます。

 

毛穴ごとにヘアサイクルの周期が違う設定になっている

人間の毛髪には、「毛芽期」→「成長期」→「退行期」→「休止期」からなるヘアサイクルがあり、毛穴一つ一つ違う周期が設定され周辺の髪がまとめて抜けないような仕様となっているため、日によって抜け毛となる本数も違ってきます。

 

睡眠・ストレス・栄養状態によって抜ける量が変わる

人間の体はとてもデリケートで、睡眠時間が少なかったり、心に感じるストレスが多かったり、食事の量や栄養のバランスが少し悪かったりするだけで、新陳代謝や血の巡りが悪くなるため、髪の製造工場に運搬される髪の栄養分も必然的に少なくなってしまうことから、栄養失調の髪が育って抜け毛が増えてしまうのです。

食事の量を減らす無理なダイエットは、栄養不足を起こして抜け毛の量が増加しますから、今スグ止めましょう!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

【細毛・薄毛】頭頂部の髪が細くなりやすいのはナゼ?

鏡で見ると頭頂部の髪が細くなり地肌が透けて見える様に…?

140124-QA024-medium_217033824
photo credit: Big Fat Rat via photopin cc

横とか襟足の髪は太くて量も多いのに、なぜ頭頂部の髪だけ細くなってしまったのでしょうか?

同じようにお手入れしているのに不思議に思います。

 

男性と女性では違う頭頂部の髪が細くなるメカニズム

「だんだん頭頂部の髪が後退してきた」「ブローでボリュームを付けても、半日も経たないうちにペシャンとしてしまう」「最近、頭頂部の毛の量が減って地肌が見える様になった気がする」など、頭頂部の髪が細く薄くなったりするのは男性だけかと思っていましたが、男女雇用均等法のが施行されて以降、女性の社会進出が進むと共に30〜40代の女性の間で、頭頂部の細毛や薄毛が増加傾向にあります。

 

睡眠・栄養・ホルモンの乱れによる影響

頭頂部の髪や頭皮は、太陽から降り注ぐ大量の紫外線の影響を受けやすく、パーマやヘアカラーの化学的ダメージもプラスされることで、他の部位に比べて細くなりやすいと言われています。

さらに人間の毛髪は、頭頂部は女性ホルモンが、側面や襟足部分は男性ホルモンが成長を支えているため、女性に比べて男性ホルモン(DHT)過多に陥りやすい男性の頭頂部は、細毛や薄毛の発症率が高いのです。

しかしながら近年、多くの女性が結婚や出産後も仕事を続けたり、キャリアアップで幹部候補になったりした影響で生活習慣がガラリと変わり、睡眠不足・栄養の偏りや不足・ホルモンバランスの乱れからヘアサイクルが狂いを生じ、頭頂部の細毛や薄毛症状を抱える30〜40代の女性からのお悩み相談が増えています。

いくら生活習慣を身体に負荷がかかり過ぎないように変え、7時間睡眠を確保し、サプリメントで栄養の不足分を補いコレステロールが溜まらないような食事に変えたとしても、、、

トリートメントや育毛剤に頼るだけの間違ったヘアケアを続けていたのでは細毛や薄毛は改善しません!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

SMR016 電子書籍の出版に向けて粛々とスタートを切った、2013年第40週のまとめ

構成案の考察と記事の選別作業に勤しんでいます♪

ここ1〜2年程の間で、個人が情報発信することに於いて、様々なメディアサービスの体制が整ってきていますが、中でも「電子書籍」は今後益々伸びてくるのではないかと私は考えております。

今私が実際にサロンで顧客様にご提供しておりますお手入れ術が、1日でも早くあなたのお手元に届くように頑張っております。

131007-SMR016-medium_4857693316
photo credit: Pen Waggener via photopin cc
 

第40週(月)のまとめ記事

季節は夏から秋へと移り変わり、朝晩はだいぶ過ごしやすくなって参りましたが、夏場の疲労感が噴出して「秋バテ」状態に陥っておられる方が多く、髪やお肌のトラブルとして表面化しているケースが目立ちます。

仕事の忙しさからか、ついつい栄養ドリンクやサプリメントなどの安易な健康法に頼ってしまいがちですが、疲れを癒す根本は「睡眠」をしっかり摂ることにあります。日々の生活サイクルを見直して、質の高い睡眠時間を優先的に確保するように努めてください。

それでは、2013年第40週のまとめ記事を一気読みしてみましょう。

 

2013年9月の人気記事ランキング

■ 2013年9月の人気記事アクセスランキング TOP5と仕事やプライベートに於ける行動記録について
発表!2013年9月度の人気記事アクセスランキング・TOP5

 

おとなキレイを叶える「毛髪の解剖学」

■ えっ!毛髪の形は円いだけじゃないの?をテーマにした、人間の毛髪の形状について
えっ!毛髪の形は円いだけじゃないの?

■ 毛髪の太さは“毛穴の広さ”だけでは決まらないをテーマに、毛髪の太さの変化やボリュームやハリが失われていくにワケついて
毛髪の太さは“毛穴の広さ”だけでは決まらない?

 

美容コラム

■ ソーシャル疲れは目や身体の疲労だけでなく髪の成長も悪化させるをテーマに、目や身体の疲れ、毛髪の成長の悪化について
ソーシャル疲れは髪のツヤが失われて将来細毛になる?

■ 頭皮の赤味や炎症は、あなたの心と身体のSOSをテーマに、抜け毛や切れ毛が起こる前に見られる心と身体の不調信号でもある頭皮の赤味や炎症ついて
頭皮の赤味や炎症は、あなたの心と身体のSOS

 

今週の気になったニュース

■ 肺炎や気管支炎を起こす「RSウイルス感染症」の症状や注意点、予防法について
肺炎や気管支炎を起こす「RSウイルス感染症」による感染者が増加中

高級な化粧品に投資する前に、質の高い睡眠時間に投資いたしましょう♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

KB023 抜け毛の増加や細毛は、寝つきが悪い・眠れない・眠っても夜中に目が覚めてしまう睡眠不足の人ほどリスクが高くなる

お肌や毛髪の潤いを取り戻そうと「高級な化粧品やヘアケア剤」を使ったり、疲れた身体の元気を取り戻そうと「サプリメント」を飲んだりしても、たったひとつの生活習慣の乱れで「細胞は老化」してしまいます。

130900-KB023-medium_6983662615
photo credit: katiaromanova via photopin cc

身体にとって良くないことは頭では理解しているのに、なかなか変えられない「睡眠」。特に、家事や仕事が忙しくて日々の雑務や業務に忙殺されてしまい気が付いたらアッという間に1日が過ぎているあなたにとっては、振り返る精神的な余裕すらないのかもしれませんが、そうこうしている内に確実に身体はいうことを利かなくなっていきますから、出来る限り早く手を打つに越したことはありません。

 

抜け毛・細毛の予防やお肌・身体の若さ維持に重要となる「睡眠時間」

あなたは1日何時間睡眠を取っていますか?

あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法」に、下記の様なデータが紹介されています。

2002年には、アメリカの精神医学者で睡眠研究者のクリプケ(Kripke)医学博士らが、「睡眠時間と死亡率の関係」について、30〜102歳までの100万人以上の男女について大規模な調査を行い、発表しました。その結果、「6時間半以上7時間半未満の睡眠の人、つまり7時間睡眠の人が最も死亡率が低い

さらに2010年8月には、「1日9時間以上の睡眠では心臓血管系の病気(心筋梗塞、狭心症、高血圧など)と脳卒中のリスクは、1.5倍に増えた」さらに、「最もリスクが高いのは、60歳以下で睡眠時間が5時間以下だった成人で、7時間睡眠に比べてそのリスクが3倍以上になる」というショッキングな研究結果も報告されています。

トータル6時間半より少ない睡眠時間で1日の活動量を増やしても、死亡率・心臓血管系の病気(心筋梗塞、狭心症、高血圧など)、脳卒中・糖尿病・肥満になるリスクが増大し、結果的に病気で早死にする可能性が高まり、長い目で見て決して「お得」ではないということが科学的に立証されたということです。

人間の毛髪やお肌をはじめとする身体の細胞は、胃腸から吸収され血管を通して運ばれるタンパク質・ビタミン・ミネラルや分泌されたホルモンなどの栄養を元に自律神経の指令の元、夜の10時〜夜中の2時に作られています。

もし、寝つきが悪い・眠れない・眠っても夜中に目が覚めてしまうといった理由から、1日トータルで6時間半より少ない睡眠時間では、血液の流れが滞って髪の製造工場(毛乳頭)に運ばれる栄養が減少してしまい、抜け毛の増加や細毛のリスクが高くなることが、上記のデータから推測できます。

日々の睡眠は、心身の疲れを癒すだけでなく、育毛のための環境整備に於いても、1番重要なウェートを占めるのです。

あなたは「抜け毛・細毛・肥満」リスクが増大する睡眠時間ではありませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

参考書籍

タイトルは朝活になっていますが、脳科学のデータを参考にした健康法や、生活習慣改善のアドバイス等も役立つ1冊です。