BR003 【おとなキレイ体験談】トリートメントを2種類とコーティングまでしても良くならなかったパサつき髪がサラサラに!?

クセ毛のうねりが強く、広がってパサパサしている髪の収まりを良くしたい!

photo credit: <a href="http://www.flickr.com/photos/cristalcosmico/3352765081/">:: cristal cosmico ::</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/2.0/">cc</a>
photo credit: :: cristal cosmico :: via photopin cc

今回、サロンのホームページを切っ掛けにご来店され、この様なお悩みをご相談いただいた「浜松市浜北区在住のN・Kさま」。

ご家庭のお手入れでは、髪がパサつくからと「外資系メーカーのシャンプー剤で1日おきにシャンプー、洗い流さないタイプのトリートメントを使用している」との事でした。

 

パサつき・広がり髪のダイエットとヘッドスパの体験2回目

本日は体験2回目となりますが、仕上げ後の髪を触ってみていかがですか?

縮毛矯正とアイロン無しでこんなにサラサラになったのはビックリです!

他の美容院でのケアとの違いは?

他の美容院では、いっぱい色んなモノを付ける? コレは髪に良いモノなんですよ!と言って、どんどん足して行く感じなんですけど。

髪の毛って生えてしまっているものだから、そんなに変わらないものなのかな?と思っていました。

リンス・トリートメントを使わずに綺麗になりますよ!と聞いた時は?

正直、パサパサのゴワゴワになるのではないか?と思いました。
前の美容院では、「トリートメントを2種類入れましょう」「その後コーティングしましょう」と言っていました。それでまぁ何とか綺麗になっていたのかなぁ?

このペースでいけば、半年くらいでかなり綺麗になっていきますよ!

ヘぇ〜、普通半年経てばクセがどんどん出てきて、変な髪がどんどん出てきて、縮毛矯正で伸ばした所だけがチョット真っ直ぐで、出て来た所は“もうダメ〜”って感じだったんですけどネ。

地肌のケアをキチンとやっていけば、クセは多少し残りますが、乾かす時に伸ばし易くなったりとか、まとめ易い髪型に段々なって行きます。

クセ毛は毛穴の形で決まってしまっているから、もうどうしようもない!って思っていたんですけど。

毛穴の詰まり具合でクセが強くなってしまいます。なのでそこの所をキチンと広げてあげれば、もっと手入れし易いまとめ易いしなやかな髪になってきますので、頑張って下さい。

はい、よろしくお願いします。

■体験談インタビューの試聴は、下記の三角ボタンを押して下さい。

130711-BR003-NKsama (4:03)

あなたは毎日トリートメントをすれば、クセ毛の広がりが収まると思っていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

QA004 襟足の髪が絡まってしまい、なかなか解けずに広がってしまうのですが?

毎日ノンシリコンタイプのシャンプー剤で髪を洗い、トリートメントで栄養も補給して髪を労っているのに、

朝起きると、毛先が絡まってブラシも通らず手触りもゴワゴワバサバサで、襟足の髪が“モコッ”と広がってしまうのは何故でしょうか?

130702-QA004-medium_523157649
photo credit: árticotropical via photopin cc
 

乾いている時と濡れている時で変わる髪のしくみ

髪が絡まる原因の代表的なものには、「ブラッシングの不足」「シャンプー剤を髪に沢山つける」「髪の毛を擦り合わせる」「乾かし不足」「整髪料などのすすぎ不足」…等が考えられます。

いろいろ相談を受けた中で特に多いのが、「シャンプー後の乾かし不足で、キューティクルがささくれて絡まってしまう」ケース。

 

キューティクルは、濡れると開き乾くと閉じる性質を持っている

人間の毛髪は、水分を含むと膨らんで柔らかくキューティクルも開いた状態となり、引っ張ると約1.5倍(10センチなら15センチ)くらいまで伸びる性質があります。

反対に、毛髪内部の水分が蒸発して乾いてくるに従って段々縮み、キューティクルも閉じてキュッと引き締まった状態へと戻っていく、伸縮性と引締め力が備わっているのです。

私も見習い時代に経験がありますが、前髪をカットした時、濡れている時は丁度良かったのに乾かしたらオンザ眉毛(わかめちゃんみたい)になってしまうケースなどは、元々髪に備わっている伸縮性を物語っています。

 

濡れている毛髪は、ほんのチョットの力で傷ついてしまう

>「ドライヤーを使って髪を乾かすと傷みそうだから、自然乾燥で済ませている」お手入れを実践されている方は、まだまだ多いようです。

確かに「熱の力」は、ドライヤー使用法を誤ると傷みが激しいのは事実ですが、髪が濡れたまま寝ている状態に、無理矢理クシでゴシゴシとかしたり摩擦で擦り合わさる負荷がキューティクルにほんの少し加わるだけで簡単にささくれてしまう程、髪が濡れた状態に受ける摩擦の力というのはドライヤーの熱よりも遥かに傷みが激しいのです!

この、ささくれたキューティクル同士がタックを組んで起こるのが髪の絡まりであり、髪に掛かる摩擦などの負荷が大きいほど絡まりは悪化して解けにくくなってしまいます

あなたは自然乾燥の方が髪が傷まないと思っていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より