抜け毛を誘発するストレス|体温を上げたりすることもあるとは意外でした

140206-MO038-medium_4360292263
photo credit: michaelgoodin via photopin cc

長期間のストレスを受けると体温の高い状態が続く

まだまだ解明されていないことがたくさんあるのですね♪

本日の朝刊に、下記のような記事が紙面を飾っていました。

【ストレス発熱の仕組み解明 京大グループ】
京都新聞 6月27日(金)11時29分配信

 ヒトなどの哺乳類がストレスを受けると一時的に体温が1~2度ほど上がるが、長期間にわたるストレスは疲労感を伴う心因性発熱を引き起こすことがある。解熱剤が効かず治療が難しく、発症に関わる仕組みはよく分かっていなかった。
 グループは、ストレスで心因性発熱になったラットで実験した。脳内にある延髄と視床下部のそれぞれの特定の部分にある神経細胞の働きを抑えると、熱を生み出す「褐色脂肪組織」の温度が上がらず、体温上昇も起こらなかった。
 これらの結果から、ストレスの信号は視床下部から延髄へと神経伝達され、交感神経を経て褐色脂肪細胞で熱の生産を促し、体温を上昇させていることが分かった。

「ストレス」というと1番最初に脳裏に浮かぶのは、抜け毛や円形脱毛症といった「髪に関する症状」を連想してしまいます。

そして、強いストレスを感じ始めて疲れが取れにくい状態になると、お肌の化粧のりが悪くなったり、胃腸の消化吸収機能が低下して軟便を繰り返しやすく疲れやすい、症状が一般的とされてきました。

今回のこの記事のように、「ストレスを感じると体の体温が1~2度ほど上がり」、長期間にわたるストレスは疲労感を伴う心因性発熱を引き起こすことがある症状は、

解熱剤も効かないとなると、「熱」「湿疹」においては症状が重症化しやすく、相当大変になることが予想できます。

血行不良と肌荒れはストレス性症状の代表格です♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

抜け毛や肌荒れを起こして表面化する「ストレス」は、何処からやってくるのだろう?

そもそも目に見えないストレスは何者(物)?と考えを巡らせてしまいます。

140427-MO051-origin_2078076913
photo credit: MarcelGermain via photopin cc

最近、仕事やプライベートで色々考えさせられることが続いたせいか、胃腸がキリキリ傷んで便秘と下痢を繰り返しています。この胃腸の消化吸収の働きを狂わせてしまっている正体が「ストレス」ではないかと考えるのですが、一体何処から現れるのだろう?と症状が出るたびに不思議に思っています。

 

考えれば考えるほど影響力が大きくなる

まずは「ストレス(stress)goo辞書より」について、言葉の意味を調べてみると下記のように記されていました。

1 《生体にひずみの生じた状態の意》寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応。また、その要因となる刺激や状況。
2 語勢。強さのアクセント。

胃腸がキリキリ傷むからといって、胃腸に掛かる負担(ストレス)を大きくしてしまった直接的な原因があるわけではないのですが、痛みが引かないことにはどんどん体力が奪われてしまうため、まずは痛み止めや整腸剤を飲んで痛みを抑えようと試みます。

他にも、毛根や肌細胞へ毎日送られている指令に不具合を生じさせて、髪の成長サイクルを乱して抜け毛を増加させたり、潤い力を低下させて肌荒れを起こしたりします。

また、身体の至る所に表れては鋭利な刃物でツンツンと刺激を与えるような反応を見せるなど、「何処から表れ何処に消えていくのか?」については、謎に包まれている部分が実に多いといえます。

そして、抜け毛や肌荒れを起こす事で表面化する「ストレス」。私は、身体の神経回路を通って全身を駆け巡ることのできる電気信号みたいなものがストレスの正体ではないかな?と、最近の考えはココに落ち着いています。

ストレスを自分の思うままにコントロール出来れば良いのですが、なかなかそう上手くは行きません♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

髪を痛めて切れ毛を増やす、目に見えない犯人

気が付くと顔周りや頭頂部に、途中で切れてツンツンした毛が増えているんです♪

140417-CO078-medium_4170045356
photo credit: ocean.flynn via photopin cc

これから5月から6月にかけて、抜け毛とともに「切れ毛」も増え始めます。その原因には、■ 髪を固める整髪料類の使い過ぎ、■ 縮毛矯正やパーマに使用した強すぎる薬液、■ 切れ味の悪いハサミを使ったカット、等が考えられておりますが、症状が長引きやすい傾向にあるのが、目に見えないために見つけにくい「ストレスによる切れ毛」です。

 

意識すればするほど心と体を痛めてしまう「ストレス」

なんでこんな事が出来なかったのだろう?、どうしてもっと早く気づいてやれなかったのか?、このまま切れ毛が増え続けてしまうのでは…?など、症状が長引きやすい人ほど自分自身に原因を求めすぎてしまう傾向にあります。すると、どんどん自身の奥深くまで掘り下げて「なんでこんな事が出来ないのか?」と悪い部分を粗探ししながら、自分で自分を傷つけて心と体をボロボロにしてしまうのです。

(私なども、サロンでの修行をスタートした当時、3年間位は嫌なことがあったとき自分をコントロールできずスグに沸点に到達してしまう瞬間湯沸器でしたから、イライラを吐き出すのは決まって「ゴミ箱」。蹴りあげ過ぎてボッコボコでした。σ(^_^;))

さらに、自分の内側に原因を求めてしまう人たちに共通しているのが、昼の神経(交感神経)と夜の神経(副交感神経)の切り替えが上手く出来ずに神経が高ぶった状態が続いてしまう「睡眠の障害」。

睡眠不足とか寝ても途中で目が冷めてしまう状態が続いてしまうことで、その気持をコントロールしている自律神経(司令室)からの命令が狂わされてしまいます。そして、髪の製造工場で生まれてくる髪の赤ちゃん(毛芽)のホルモンバランスが崩れ、ハリ・コシといった弾力の低下した髪が次々に生まれてきますので、成長途中で負荷に耐え切れなくなり「切れ毛」となってしまうのです。

あなたは「何でこんな事が出来ないのだろう?」と自分を責めてばかりいませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

クセ毛の悪化と言葉の暴力

信頼していた美容師から掛けられた信じられないひと言が、心を深く傷つけ髪の生命力が半減

hair-shikumi
photo credit: おとなキレイ向上委員会

同じサロンに約1年間通い続け、やっと信頼関係が築けたかな?と思っていた矢先、美容師さん本人は全く悪気がないと思って発せられたひと言かもしれませんが、それを受け取ったお客様はとてもショックを受けて心に深い傷を負っただけでなく、髪質まで激変してしまいました。

 

髪質(クセ毛)の悪化と言葉の暴力

「クラッシック音楽を聴かせると甘味が増した」「ありがとう!と感謝の言葉を毎日口にしていたら美味しくなった」「バカ!と貶していたら花は1週間もしない内に枯れてしまった」…等、農作物を育てる過程で言葉や音は空気や水を振動させて伝わり、細胞の生命力を良くも悪くも作り変えてしまう程の力を持っている事が実証されています。

人間の毛髪においても、たかが言葉ひとつで髪質を激変させてしまう程の力を持っているのか?と、あなたは疑問に思うかもしれません。しかし、私は実際にこの目で髪質を悪化させた顧客様を何人も拝見していますので、誰にでも起こり得ると確信しています。

 

言葉の暴力によるストレスの増大

長年担当してくださっていた美容師さんから、思いもよらないひと言を掛けられたことがショックで自分の髪質にトラウマを抱いてしまい、深い眠りに入れない睡眠障害を起こすまでに悪化。この髪質へのトラウマがその後、ストレスを増大させて髪質悪化の連鎖を引き起こす引き金になってしまうのです。

 

ストレスはホルモンバランスと髪質を悪化を生む

現代社会においては「ストレスは万病の元」と言われており、髪の生育や健康維持においても多大な影響を受けます。なぜなら、体と心の健康があって初めて健康な髪が育つからです。

特に心の健康というメンタルヘルスにおいては、自律神経という司令室が女性ホルモンや男性ホルモンの分泌バランスの伝達を行うだけでなく、交感神経(昼間の神経)と副交感神経(夜の神経)の切り替えも負担しながら、髪の製造工場に指令を送っています。

ほんの少しのストレスが身体や神経に負荷を掛け、ホルモンのバランスを乱してしまうため、髪の製造工場への指令も乱れがちになり、栄養とホルモンバランスの崩れた不健康な髪が生まれてしまうため、ハリ・コシの不十分な髪が育ち、クセ毛のうねりが酷くなるなどの髪質の悪化へと繋がってしまいます。

「以前より毛の量が減ったんじゃない?」「クセ毛のうねりが悪化したから縮毛矯正はかけられない!?」この何気ない言葉の暴力が、髪質を悪化へと追い込むのです!

髪質を悪化させるのは簡単です。しかし、心の傷を癒して良質な髪質を取り戻すには、気の遠くなる歳月が必要なのです!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

【髪ダメージと香り(香料)】シャンプー剤を“香りの良さ”で選んでいるあなたは、永遠に“髪のパサつき”から逃れられない

心はトキメキで一杯ですが、髪はストレスで一杯です!

140227-CO066-medium_4513623160
photo credit: MIAD Communication Design via photopin cc

私が、香りで最も印象に残っている出来事の1つに、青春時代に街で女性とすれ違った時にほのかに漂う「シャンプーの残り香」があります。

1980年代当時は、今ほど多彩な香りがある訳ではなかったのですが、整髪料のTVCMのインパクトがとても強く心に深く刻み込まれた製品も多く、時間が経過しても頭の中でイメージしやすかったのです。

 

髪ダメージと香り(香料)は比例する

あなたは整髪料を購入する時、「好みの香り(香料)」「配合されている美容成分」「パッケージの可愛さ」「TVCM」…等、どんな基準で選びますか?

年代が10代〜20代前半に近くなる程、「良い香り・好みの香り(香料)かどうか?」が整髪料を選ぶ基準の上位に来る傾向があります。

さらに、香り(香料)で整髪料を選んでいる方ほど、髪ダメージの割合は高くなるのです。

 

香料が老廃物化して髪ダメージやストレスを増幅

これは私個人の見解ですが、いい香りが持続する洗剤は香り(香料)の持続時間を少しでも長くしようとして使用量が多くなる傾向にあり、結果的に洗浄成分や香料の化学成分が生地の傷みを早めてしまっている気がします。

これと同じようなことが、「香り(香料)の強い整髪料」を使用している方にも起こっているのです。

天然由来の香料や人工的な香料のどちらを配合しているのかにかかわらず、一旦髪の中に入ってしまった香料は大気中の空気や太陽からの紫外線の影響を受けて酸化して徐々に劣化し、毎日のお手入れごとに老廃物として蓄積されていくのです。

あなたの心に気持ち良さや癒やしをあたえている整髪料の香り(香料)が実は、髪にとっては全くの異質物として扱われてストレスの源となるだけでなく、老廃物化してタンパク質やキューティクルを傷つけて、髪のパサつきを増幅させてしまっているのです。

これが良い香りがするシャンプー剤を選でいる限り、永遠に髪のパサつきから開放されないメカニズムです。

「香りの良さ」を選ぶか「髪の健康」を選ぶかはあなた次第です♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

心のストレスが積み重なると髪や身体に不調が表れる

浅田真央さんのショートプログラムでの演技も、「心の部分が影響」していたのではないでしょうか?

140222-MO040-medium_374268661
photo credit: aussiegall via photopin cc

ショートプログラムが終了した後のインタビューで、次のように振り返っています。

「滑りだしてからちょっと違うなと、自分の思っているような演技が全然できませんでした。転倒したトリプルアクセルは、途中までいつもの練習通りにいきました。ただ、自分の体がうまく動かなかったです。」「自分の気持ちからすべて来るものだと思うので、自分でもっと『いける』と思う気持ちを出さなければいけないと思ったんですけど、それを出そうと思ったのがいつもと違ったんだと思います。」

このインタビューから心の問題が、如何に大きかったかを伺い知ることができます。

心のストレスが積み重なると髪や身体に不調が表れる

浅田真央さんのように、大きな舞台を何度も経験しているアスリートでも、不安や緊張をうまくコントロール出来ないと体が全く思うように動かない事態を招いてしまいます。

私たちも、職場や家庭での人間関係や仕事でのストレスを受けると、「何か気分的にイライラする」「肩や頭がダルくなったり重たくなる」など、心や体から出される微妙なサインを感じ取って身体を動かしたり、うたた寝をしたり、美味しいものを食べに行くなどして、少しでも早くストレスを解消しようと各器官に働きかけます。

身体的なバランスが乱れる

外部からの刺激に対して身体は、一定の状態に保とうとして交感神経を活性化させたり、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の分泌を促したりしています。

もしストレスが慢性化してしまうと、自律神経からの指令が乱れたり、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌が狂ってヘアサイクルが乱れたり、免疫力や抵抗力が下がって病気に掛かり易くなってしまいます。

心の部分のバランスが乱れる

ほぼフラットに近いバランスがとれた状態から、将来への不安や現状への怒りを感じていたり、悲しみや緊張状態が長引いているケースでは、心の部分がバランスを保てずにイライラ・うつうつが積もった状態により上下に大きく振れてしまいます。

日常の生活習慣が乱れる

身体的なバランスの乱れ、精神的なバランスの乱れは、日頃無意識のうちに行っている習慣さえも変えてしまう力を持っています。

ほんの些細なストレスでも蓄積されて大きくなると「食べ放題ランチで、ついつい食べ過ぎてしまう」「体がだるくて運動する気が起こらない」「なかなか寝付けない、途中で目が覚めてしまう」など、食事・運動・睡眠の3大習慣の乱れとなって表面化します。

心身のストレスは、小さいうちに気づいてどの様に対応して芽を摘んでいくかが大切といえます。

身体と心のバランスの乱れは生活習慣の乱れをよび、抜け毛・細毛・脱毛症などの髪の不調にも繋がります!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

ストレスへの対処法が豊富に紹介されている書籍です

ストレスによる不調を解消したいあなたにオススメです。

【育毛と喫煙】吸うのを止めてみてわかる!如何に健康を遠ざけていたのかが…

タバコ断ちをスタートして、本日で3ヶ月が経過しました!

140211-PE007-medium_4331208353
photo credit: Dale M Moore via photopin cc

2013年11月11日より禁煙外来に通い始め、家族にタバコ断ちを宣言して本日で92日目に突入!

 

育毛と喫煙、吸うのを止めてみてわかる健康の心地良さ

お金を払って「紫煙」で身体を痛め続けて今年で30年。年齢も半世紀に相当する50歳を迎え、大病に至っていないだけでも運が良いと感じ、タバコを止める区切りとしては丁度最適かな?と思い、タバコ断ちを決断。

今までにも独自に3回ほど禁煙に挑戦しては跳ね返されて来た故、今回は是が非でも成功させたいと禁煙外来に救いを求めました。

初回に行われる問診の結果如何で保険適用が可能になるケースもあると聞き、すぐにネットで調べて予約を取り付けました。

 

タバコの美味しさを脳に伝達する機能を薬でシャットアウト

予約日当日は2枚に及ぶ問診用紙に解答を記入し、担当の看護師の方より説明を受けて、喫煙により与える影響や今後の治療の流れをビデオにて確認。

その後、医師による診察によって治療方針が提示され、ニコチンパッチではなく、飲み薬の「チャンビック」を選択。

最初の3日間に及ぶ禁断症状は、とにかく口が寂しくなるのを紛らわすため、時間が空くと食べ物を摘んでは口に入れる行為を繰り返し、何とか持ち堪えると比較的危険と言われている一週間・一ヶ月の区切りもスムーズに突破して行きました。

ただ薬の副作用なのか「便秘」には苦しめられました。2回目の診察時より下剤を出していただいたのですが、便の出は最後まであまり変わらなかったです。

しかし、味覚がこれほど劇的に変わるのには正直驚きました。塩味や甘味の感じ方は全然変わりはなかったのですが、酸味・苦味・渋みなどの微妙な味覚が研ぎ澄まされていくのがハッキリと自覚でき、来客の方用にと厳選して仕入れているコーヒーの微妙な味と香りのイメージの膨らみがとにかく違いました。そして、ご飯の美味しいこと。おかげさまで、3ヶ月で6キロほど増えていました。(これから運動して徐々に減らしたいと思います。)

 

タバコ断ちから得られた嬉しい効果

タバコを断ってから、「食べ物が美味しくなった」こと以外にも、様々な嬉しい効果を体や心に感じることが出来ました。

お正月の三が日は混雑を避けるため、近場に歩いて買い物に行くようにした所、今までと同じ距離を歩いても「息切れ」がしなくなりました。

他にも「ストレスが減った」「集中力が持続するようになった」「立ちくらみが減った」「足がツラなくなった」「口臭がマイルドになった」そして一番の変化は、洋服や部屋にこびり付いた「ニコチン臭が無くなった」ことでしょうか!?

そして、タバコ断ちをした今だから自信を持って言えます!

育毛にとって命綱とも言える血流の流れを悪くしてしまう喫煙は、今スグ止めた方がイイ!と

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

【抜け毛の疑問】抜け毛になる本数は毎日同じなのでしょうか?

日によって体調が変わるように、抜け毛になる本数も日によって違います!

140208-QA026-medium_77921647
photo credit: MadPole via photopin cc

ある日突然、シャンプー後にたくさんの髪の毛が排水口に溜まっていたり、寝起きで枕に付いている髪の毛がいつもよりチョットでも多かったりすると、心の中では「このまま抜け毛が増え続けたらハゲてしまうのでは?」と、不安に苛まれてしまうと思います。

 

抜ける量の多い少ないはヘアサイクルや体調によって変わる

私たち人間は、日々の生活をする中で「あそこが痛い、ここが痒い」など体調が全く同じ日というのは殆どありません。髪の毛も同様に、毛穴一つ一つによって人それぞれ違う設定がインプットされており、日によって抜ける本数には差が生じます。

 

毛穴ごとにヘアサイクルの周期が違う設定になっている

人間の毛髪には、「毛芽期」→「成長期」→「退行期」→「休止期」からなるヘアサイクルがあり、毛穴一つ一つ違う周期が設定され周辺の髪がまとめて抜けないような仕様となっているため、日によって抜け毛となる本数も違ってきます。

 

睡眠・ストレス・栄養状態によって抜ける量が変わる

人間の体はとてもデリケートで、睡眠時間が少なかったり、心に感じるストレスが多かったり、食事の量や栄養のバランスが少し悪かったりするだけで、新陳代謝や血の巡りが悪くなるため、髪の製造工場に運搬される髪の栄養分も必然的に少なくなってしまうことから、栄養失調の髪が育って抜け毛が増えてしまうのです。

食事の量を減らす無理なダイエットは、栄養不足を起こして抜け毛の量が増加しますから、今スグ止めましょう!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

デトックスで心のストレス開放と髪の抜け毛対策

本日は太陽が山羊座、月が蟹座の満月です♪

140116-KB040-IMG_2669
【満月と明けの明星】
photo credit: おとなキレイ向上委員会

『月はもともと蟹座の守護惑星なので、より月のパワーが強まっているときといえます。蟹座は、理性よりも感情を優先させやすい星ですが、とくに満月では感情が揺れやすくなるでしょう。

その点を自分で意識して過ごすことが大切になります。』【運活(運を活用する)メルマガ「SEASONS LETTER」より抜粋】

 

デトックスで心のストレス開放と髪の抜け毛対策

2014年が開けてから早いもので2週間あまりが過ぎました。ひと段落した満月の佳き日から1月31日(金)の新月までの間、年末年始のお酒の席等で溜まった心と体の老廃物をデトックスして、春先の抜け毛シーズンに備えましょう。

 

嫌なことは言霊としてゴミに封印しストレス開放

上司の失敗を私の責任にされた、思うように成果が上がらない、嫌いな人から嫌味を言われた…等、嫌なことやストレスは身体の中に溜めておいてはドンドン積もって神経回路がパンクし、体の不調に直結してしまいます。

とにかく心のイライラは言葉にして発し、言霊に込めてゴミ箱へ直行させ、心の中をスッキリさせましょう。

 

年末年始で溜まった老廃物のデトックスで抜け毛対策

忘年会や新年会での飲食では、お酒のお供として食した油タップリの揚げ物や、塩コショウが効いた濃い味の酒の肴など、胃腸に負担のかかるものを多く摂取しませんでしたか?

消化不良を起こしやすく老廃物として蓄積されて体に悪さをする「塩・砂糖・油脂」は、皮脂の分泌を過剰にしてしまうため脂漏性皮膚炎や脱毛症状を引き起こす可能性が大きく、髪の成長にも影響を及ぼします

毛穴や髪内部に蓄積された、これらの老廃物をデトックスして正常な状態に戻してあげることで、春先の抜け毛の悪化も予防できます。

トリートメントや育毛剤の使用料を増やすだけでは抜け毛は予防できません♪

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

月のリズムや動きの意味を知るためのおすすめ書籍

 

「円形脱毛症」ストレス以外に影響が考えられる原因は?

あまり神経質ではない人でも「円形脱毛症」を発症するみたいですが、考えられる要因にはどんなものがありますか?

131120-QA018-medium_2556259291
photo credit: Gustty via photopin cc

ある日突然、毛髪が1度に100本以上円形状に固まって抜けてしまう「円形脱毛症」。小さいもので2〜3センチ位のものから5センチ以上もある大きい物まで、その大きさは人によって様々で、ストレス以外にも影響が考えられる要因があるようです。

 

円形脱毛症への影響が考えられるストレス以外の原因

ほんの些細な出来事でも、クヨクヨ考えこんでストレスを貯めてしまう方が発症しやすいと言われている「円形脱毛症」。症状を引き起こす一番の原因は“精神的ストレス”と言われておりますが、それ以外ではどのようなものが影響を与えているのでしょうか。

 

細胞の活性を弱めてしまう薬物

抗ガン剤、抗生物質、睡眠薬、精神安定剤、等の長期の使用や服用は、人間の体の様々な細胞の活性を弱めて再生能力を低下させてしまい、DNAや毛母細胞の活性も低下するため抜け毛に直結します。

 

ホルモンバランスを乱してしまう薬物

殺菌剤、消炎剤、脱毛剤、ヤセ薬、等の使用が多い場合、自律神経からの指令を狂わせるため、副腎皮質ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌バランスが崩れてしまい、抜け毛につながります。

 

毛母の働きを低下させてしまう化粧品類

シャンプー剤、界面活性剤、アルコール含有製品、等の使用は、毛乳頭や線維芽細胞(髪の卵=毛芽)の働きを低下させてヘアサイクルが狂ってしまうため、細く抜けやすい髪が育ってしまいます。

 

円形脱毛症で抜けた毛髪を早く生やしたいといくら育毛剤を付けても、原因が何処にあるのかをハッキリさせて対処しない限り、いつまで経っても元気な髪は育ちません

これからの時代、身体の各器官の働きが低下して病気になりやすい体質となってしまう安易に薬に頼る既存の手当ではなく、カラダ本来の機能を高めて病気を未然に防ぐ予防法が主流になっていくと、私は考えます。

あなたは抜けた毛髪を早く生やしたいと育毛剤をタップリ使っていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より