【トクホの必要性】トクホの効果に頼るほど自制心が緩み摂取量が増える

「トクホ飲料」を飲めば脂肪の吸収を抑えてくれるから、肉料理や揚げ物を少しくらい食べ過ぎても良いか!?

140321-NT031-medium_2904512338
photo credit: orangeacid via photopin cc

とかく人間は誘惑に弱い生き物で、「トクホ飲料」を飲めば脂肪の吸収を抑えてくれる!簡単・便利なものにはスグ飛びついてしまい、肉料理や揚げ物を少しくらい食べ過ぎても良いか!?と気が緩み後から後悔してしまう習慣があるようです。

ただ、私はこれまで「トクホ飲料」を飲んだことは1度もありません。その「トクホ飲料」1本を購入するお金ぶん、食事での摂取量を減らしたほうが余程健康のためになるのでは?と考えているからです。

 

トクホへの過信が健康を破綻に追い込む

「脂肪の吸収を抑える、糖の吸収を穏やかにする」確かに、「トクホ飲料」のCMで訴えている効果はとても魅力的ですが、その効果を過信しすぎたゆえに健康を害してしまっては、何のためのトクホなのでしょうか?

トクホの許可品目数は今年2月末時点で1101。11年末と比べ1割以上増加し、中でも血糖値や中性脂肪・体脂肪に関連した許可品目が大きく増えている。

再び盛り上がるトクホだが、問題点もある。国民生活センターに寄せられる消費者からの相談には、「『1年間飲んでいるのに血圧が下がらない』など、トクホの効果に関するものも多い」(相談情報部の伊藤汐里氏)。

「消費者がトクホをまだ正しく摂取できていない」と指摘するのは、国立健康・栄養研究所健康食品情報研究室の千葉剛室長だ。「商品のキャッチコピーに目を奪われ、摂取時に必要な量、摂取の仕方がよく見られていない傾向がある」(千葉氏)。

私たち人間が健康を維持していくためには、「食事」「運動」「睡眠」の3大要素が最も大切なわけで、どんなにトクホの効果が優れていたとしても、過信しすぎると健康破綻に追い込まれる恐れがあることから、サプリメントと同様にあくまで補助的な役割として考えていく必要があるのではないでしょうか。

 

医療費の抑制を目指すなら「病気にならないための予防学」

さらに今現在、国が考えている医療関係の政策は、健康被害の拡大が起こりそうなかなり危険なものといえます。

現在、保健効果をPRできる「機能性表示」が認められているのは、トクホとサプリメントなど栄養機能食品のみ。それを一般食品でも国の審査なしで表示できるようにする方向で、議論が進んでいる。早ければ14年度中にも実施する見通しだ。政府は規制緩和によって、健康食品市場を拡大し、医療費の抑制につなげようとしている。

一般食品でも機能性表示ができるようになれば、食品メーカーにとっては追い風になる。一方で、トクホと同じような効果を宣伝する商品が乱立し、消費者は正確に判断できなくなる可能性がある。

トクホ飲料の政策も含め「病気になってから、さぁどうしましょう?」みたいな対症療法的な考え方ではいつまで経っても医療費の抑制は夢物語になってしまう可能性は大だと、私は思います。

病気にならないためにはどんな食事や生活習慣がベストなのか?といった予防学が大切だと私は考えます!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

本日のエントリーの参照サイト

飲料メーカー続々参戦、過熱トクホに迫る試練 | 週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

健康への過信 – 効果効能に期待する余り、トクホ系飲料水を飲み過ぎていませんか? | おとなキレイ向上委員会

健康食品の「機能性表示」解禁に対する疑問点 | おとなキレイ向上委員会

 

KB010 健康食品の「機能性表示」解禁に対する疑問点

あなたは健康食品やサプリメントに頼り過ぎていませんか?

6月5日に安倍首相が発表した成長戦略の中に、サプリメントなどの健康食品や農産物などで健康への効能・効果を表示することを認める方針が盛り込まれました。

健康食品の「機能性表示」解禁へ――トクホ並みに?
食品は医薬品とは異なることから、これまで効果を示してもいいのは特定保健用食品(通称・トクホ)や栄養機能食品に限られていましたが、来年度中には現行の規制が大きく緩和される見通しです。

この記事を目にして、ナゼ今の時期に規制緩和なのか?、身体の健康を本当に願っているのか?、疑問に感じてしまうのは私だけでしょうか。

130629-KB010-medium_212801685
photo credit: Sarah Korf via photopin cc
 

規制緩和で健康被害が更に拡大する恐れを感じてしまいます

「規制が行われてきたのは、食品の安全性を確保し、医薬品との区別を明確にして、消費者を保護するためです。
規制緩和の主な目的は、企業等の責任で科学的根拠を示し機能性を表示できるようにすることで、個別許可型の手続きにかかる時間やコストを省き、制度の活用を促す」とあります。

確かに、規制が緩和されれば、企業は食品の付加価値を訴求しやすくなり、今後の超高齢社会を背景に市場はさらに拡大するでしょう。

しかし、これでは「食品の安全性を確保し、医薬品との区別を明確にして、消費者を保護する」という本来の目的からは遠のき、大手企業の利便性ばかりが優遇されることに繋がり、私たち消費者の健康や食品の安全性に対する配慮が低下して、消費者の混乱や健康被害が更に拡大する恐れを感じてしまいます。

私たちの身体の健康は、普段の食生活のバランスによって築き上げられている訳ですから、健康食品はあくまで補佐的なものとして位置づけ、効果効能を過信し過ぎないことが未来の健康維持には大切です。

食事の時間・量・栄養のバランスが乱れていませんか?

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

CO002 健康への過信 – 効果効能に期待する余り、トクホ系飲料水を飲み過ぎていませんか?

先日、カロリーゼロで整腸作用も期待できるトクホ系炭酸飲料が発売になってメディアを賑わせていました。

130215-CO002-large_444961996
photo credit: ·júbilo·haku· via photopin cc

こんにちは。
おとなキレイ向上委員会の田中です。

カロリーゼロや整腸作用というメッセージは、確かに太り過ぎを心配される方や便秘気味の方にとっては多少の救いになるかもしれない?とは思いますが、私の正直な意見としては、水分の取り過ぎによって体調を崩す方が多いのでは?という気がしてなりません。

このブログにお越しいただいたあなたはどうですか、このような記事を目にしてしまうと、ついつい試してみたくなるタイプですか?

トクホの炭酸飲料、カロリーゼロで整腸作用も アサヒ飲料「アサヒ ファイバー7500」 :日本経済新聞

 

ひとつの有効成分よりも全体のバランス

昨今のメディア等では、ひとつの有効成分の効果効能について過剰なまでの報道を繰り返すため、その情報を鵜呑みにして直ぐに飛びついてしまいがちで、裏側に潜むデメリット(危険性)や身体のバランスの崩れについて考えを巡らせる方はまだまだ少数派。

人間はついつい楽な方楽な方へと流されやすいですから、今回の記事にあるように「飲むだけで整腸作用を期待できる」報道を目にしてしまうと、これを飲めば便秘や下痢の心配をしなくても大丈夫!との安心感から、飲み過ぎによる体調不良や普段の食事や生活習慣を疎かにしてしまいがちになる事が心配です。

私はコト身体に入れる食べ物や飲み物に関しては、健康(体調不良)に直接影響する故、備長炭で濾過したお水しか料理や飲み水に使用しない等かなり慎重派と言えるほうなので、有効成分の効能よりも裏側に潜むデメリットの方に目が行ってしまいます。

今回発売された炭酸飲料で私が気になったなのは、「食物繊維(ポリデキストロース)」「甘味料(アセスルファムK、スクラロース)」、効能や味を決める上で重要な役割を果たしていると考えられるこの2つ成分です。

 

天然品 VS 化学合成品

天然品は、効果効能に優れていますが品質の賞味期限が短く安定性に欠けるため、大量生産には不向き。
対して化学合成品は、効果効能は天然品よりも劣りますが長期に渡って安定した品質が維持できるため、大量生産に向いている特徴があります。

上記の炭酸飲料に使用されている食物繊維や甘味料を調べてみると以下のような効能がありますが、、、

ポリデキストロース:化学的に合成された人工の水溶性食物繊維。
難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)は、食後の血糖値の急激な上昇や、コレステロールの吸収を抑制する作用があり、野菜や穀類、豆類等に含まれている不溶性食物繊維は、大腸の働きを促す。

アセスルファムK(カリウム):日本では2000年4月に食品添加物に指定。
ショ糖・果糖・糖アルコール等の糖質甘味料との併用でも甘味度が15~30%強化される。チョコ・コーヒー・ココア・紅茶などに微量添加すると風味を引き立てる作用がある。
1日の摂取許容量は0~15mg/kg体重。

スクラロース:1999年7月30日に食品添加物に指定。
スクロース(ショ糖)の約600倍の甘味を持つ人工甘味料の一つである。 砂糖のように体内で炭水化物として消化吸収はされないためカロリーはゼロ。  24時間後にほぼ100%が代謝・分解されることなく排泄される。 清涼飲料水やアイスクリーム等に使用され、微量添加することにより辛み・乳感・ボディ感(コク・深み)の増強効果。

いくら世界有数の公的機関が安全性を保証しているからといっても、あくまで化学合成品。体内や環境の生態系に全く影響がない訳ではなく、100%安全なものはこの世に存在しないと考えた方が良いかと思います。
(私は奥さんの実家から貰う無農薬の野菜や、できるだけ自然な状態に近い全粒穀物から植物繊維等は摂り入れるようにしています。)

 

必要な水分も取り過ぎると毒になる

そして、近年の健康ブームで“水分摂取”が盛んに叫ばれていますが、一方で、水分の過剰摂取で体調を崩される方も多いようです。

下記の著書の中でも、体内の水分が過剰気味になると、身体を冷やして脂肪や糖分尿酸等の老廃物の燃焼・排泄が悪くなり、血液を汚すことに繋がる、と述べられていますが、私も清涼飲料水などは、熱が出た時にスポーツ飲料を口にする位で、普段はほとんど飲むことはありません。

人間の身体は、たったひとつの有効成分を摂ったからといって体調が上向くか?といえばそんなことはなく、過信し過ぎることでかえってバランスを崩し、健康を害してしまうことを、心の片隅に常に意識しておきましょう。

そして、健康な身体があって初めて、キレイや美しさが輝くと私は考えています。
目先の効果効能にばかり目を向けるのではなく、あなたの身体に対してどの様な影響があるのか?というデメリットの部分にも注視しながら、長い視点で物事を捉えるエイジングケアに取り組んでいただきたいと思います。

ひとつの有効成分の効果効能よりも、身体全体のバランスを考える目を養いましょう!

おとなキレイ·サポーター 田中和義 より

 

上記サイトの飲料に配合されている「整腸作用がある難消化性デキストリン」は、下記の大塚製薬のページに詳しい内容がご紹介されていますので、こちらも参考になさってみると良いかと思います。

難消化性デキストリン|食物繊維の分類と特性|そもそも食物繊維って?|食物繊維を摂ろう!|大塚製薬
難消化性